Loading...
Portfolio Item
工事課主任/二級建築士
山本 優希
経歴について・入社のきっかけ

2017年入社で、設計課に1年半在籍後、工事課へ異動しました。 役割としては、工事課主任、会社全体の環境整備のリーダー、若手で集まる会議を主催したり、朝礼のリーダーになったり、焼肉会実行委員長や同友会の3年目研修の先輩社員として発表したりと、新しいことにたくさん挑戦する機会をいただいています。 入社のきっかけとしては、経営理念に共感したことが一番大きいです。「道東地域でありがとうが一番飛び交う会社になる」とか、社員もお客様も幸せになるようにとか、いろんなスローガンがある会社だなと言う印象でした。

建築会社の説明会は10社くらい聞きましたが、こんなに理念やビジョンを明確に大切にしている会社は他にないなと思いました。 建築関係の仕事に進んだきっかけは、父が家業として建築の仕事をしていたこと。 物心がついた時から父について現場を回っていて、小さいころから夢は建築家と答えていましたし、気が付いたら建築方面を志していました。

ある日父に仕事のやりがいを聞いたことがあり、「お金もいただけて、ありがとうとこんなに言われる業種はなかなか無い」と言われました。その言葉はすごくよく覚えています。


今まで仕事で頑張った事、頑張りたいこと・今後の展望・野望

現場の担当として初期の頃、S様というお客様の担当になりました。こだわりをたくさんお持ちのお客様で、いつもと違うものを扱ったり複雑な納まりもたくさんありました。 良くも悪くも、自分は何もわからないのだと痛感した思い出です。ミスもたくさんあったと思います。お客様には申し訳ないという気持ちでいっぱいでした。

ただ、最終的にお引渡しの式が終わった後、ご主人様から金色の真鍮のボールペンをプレゼントでいただきました。 お客様から初めてもらったプレゼントで、真鍮の意味は、ライバルに圧倒的な差を付けるという意味と教えてもらいました。 さらには山本さんが現場監督で良かったと言ってもらえて、自分の仕事の仕方・仕事に向き合う姿勢を感じてくれるお客様がいると思い、お引渡で泣いてしまいました。工事課に入って初めてやりがいを感じた瞬間でした。

初心を忘れそうになった時はいつもこの時の出来事を思い出すようにしています。 この頃は何もわからずがむしゃらで何もできなかった自分だけど、この姿勢ややり方が評価されることがあるんだなと感じることが出来た、本当に良い経験でした。


ホーム創建について

ビジョンにもある通り、十勝で圧倒的ナンバーワンになるという事に尽力したいです。 十勝の住宅づくりと言えばホーム創建だよねとだれからも言われるような会社にしたいです。 個人で言うと、若手社員の強化に取り組んでいけたらと思っています。今後を担う世代を強固にして、強くて質の高いチームを作りたいです。

まずは若手が元気にやって行けたら、やがて若手だけでなく会社全体へ広がっていくと信じています。 やっぱり、社内で愚痴や不平不満を言い合うような会社はかっこ悪いと思います。 わかりやすいかどうか微妙ですが、なんというか、週刊少年ジャンプみたいな会社にしていきたいですね。