Loading...
Portfolio Item
総務部
阿部 智子
経歴

夫(阿部会長)から、当初勤めていた会社から独立したい!という話が出て、ホーム創建を創業しました。 創業前は歯科衛生士として帯広で4年間歯医者さんに勤めて、出産を機に退職。

設立当初は3人で、当時は総務の仕事ってどんなことをやるのか、右も左もわかりませんでしたが、お金の管理を中心に現場の清掃や、基礎工事のお手伝いもしていました。 夫は「何もないところゼロから出発だから、失うものは無いし、なるようになるよ」とか言っていました。私もそっかと納得してしまったんです。

私は子供を3人育てながら四苦八苦、先行きも不安、うまくいかないことも沢山あって… それでも、夫の建築が好きな気持ちと「家づくりは器づくりではなく幸せづくり」という言葉で、そんなことを言われたら私も「仕方がないかな」と。やはり前向きに考えないといけませんよね。 社員さんが増えると守るものも増えるし、何よりも私たち家族が幸せでなくて、お客様をどうやって幸せにするのか、という思いがありました。 創業当初を振り返ると、自分自身、精神的にはかなり鍛えられたのかなと思います。


どんな仕事をしていますか?

今は一般職という形で総務のお仕事を行っています。 匠創建の会計や労務関係の管理が中心です。

ホーム創建のほうは、総務の社員の皆さんに労務関係や、創業当初から知っていることの細かい部分も含めた引継ぎ関係だったり、会計の相談に乗ったり、補佐的な役割です。 作業的な部分の引継ぎはほぼ伝えられた実感は有ります。ただ、自分や会長が経験してきた細かな事等は、なかなか伝えきれていない事が沢山あるかなと思っています。少しずつでも、参考になることが有れば、お伝えして行ければと思っています。

創業当初からのお付き合いになっているお客様もたくさんいらっしゃるので、これから出会うお客様はもちろん、親密な関係性を大事にしていくことが重要だと感じています。 ホーム創建の社員の皆さんにとっては、お客様との付き合い方の部分で良い所は参考に、良くない所は改善して頂き、良い社風づくりに貢献できればと思っています。


大切にしていること

やはり、お客様や社員の皆さんとの関係づくりはとても大切にしています。 そして、仰々しくではないですが…夫のことはとても大切にしています。それを見ている子供たちも、お互いのパートナーを大切にするようにという思いもあります。

喧嘩もするし、うまくいかないこともあるけれど、その時はぐっと抑えてあまり自分の我を出さず、関係性がぎくしゃくしないように…と思っています。 元々は自分自身、我が強い方だと思っていますが、今までの人生で長い期間休職する機会があって、それがきっかけで自分ではなく相手を尊重する考え方に変わっていったかなと思います。

休職期間は自分にとって大きな意味を持つものでした。気分が落ち込んで塞ぎがちになっていた私を、色々な勉強会だったり人と話す機会だったり、外に連れ出してくれたのが夫でした。 色々な方とお話しするうちに、支えてもらっているという実感や、安心できたという部分があり、人を大切にするという方向に少しずつ変わっていったかなと思います。


休みの日は何をしていますか?

休みの日はゆっくり起きて、家事を済ませたらあっという間に夕方になっています。 新しい家(令和5年2月完成)も引っ越しが終わって、もう掃除が大変ですね。

それから夕食の支度をして、近くに娘や孫たちも住んでいるので、集まって夕食を取って…という感じです。 娘や孫たちが来て、帰った後は嵐が去ったようですよ(笑) 夜は夫と二人でお酒を飲みながら大河ドラマを見るのが最近の楽しみです。