Loading...
Portfolio Item
営業課
岡崎 星汰
どんな仕事をしていますか?

2018年入社です。ホームページの修正・更新・Web広告の運用などをしています。 あとは社内のネットワークの不調等、何かあった時の「お困り窓口」になることが多いです。 パソコンの能力には個人差があるので、人に聞き辛いという社員も多いと思っています。なのであえて自分から「相談しやすい雰囲気」を意識しています。

入社して一番達成感があったのは、見学会などで「Web広告を見て来ました」「ホームページのお役立ち記事、いつも見ていますよ」というお客様の声が聞けたこと。 ちゃんと見てくれている人がいるということがやりがいに繋がっています。


今後の展望

今後のホーム創建については、「みんなが定時で帰れる環境を作る」という指標を大事にしていきたいです。 どうしても建築業は残業しがちですが、効率を重視して時間を生み出すとなるとITの分野が大事になると思います。テレワークは通勤時間の負担軽減など良いことがたくさんあるので、環境を良くするために積極的に推進していければと思っています。実際、社員の方の自宅用パソコンの購入の相談に乗ることもあります。

個人の仕事としての展望は、「無人の営業を作り上げる」ということ。 決して、営業スタッフがいらなくなるというわけではなくて、もちろん人と人との対話は必要だと思います。 ただ、ある程度機械でも可能な部分はITで行う事で、「ホーム創建といえばITに強い」という部分を確立して、会社として武器にしていければと思っています。


社長について

学ぶことが大好き、という印象です。 「社長ランチ会」というのがあって、昼休みに社長と誰か一人が外にご飯を食べにいくという企画がありました。 僕もその機会があったのですが、堅苦しい感じは全然無かったです。

話していてもちゃんと考えを柔軟に受け止めてくれるというか、前向きに事を考えてくれる社長だなと思っています。 会社の進め方としても、自分ひとりで会社を回していく、というよりは、皆で作り上げていこうという気持ちが伝わってきます。


大事にしていること

「やらない後悔よりやる後悔」という言葉があるけれど、自分が選んだ選択ならどちらにしても後悔しないと思うんです。 困難を「カベ」と表現することがありますが、それって短い期限で捉えた時の言葉だなと思っていて。

自分は常に人生という単位で物事を考えるので、なんというか、何かが立ちはだかってもカベではなくて「坂道」くらいに捉えています。人生という長い期間で捉えると、まあいつかは出来るでしょうと捉えて、これからも仕事していければと思っています。