Loading...
Portfolio Item
設計課主任/二級建築士
片岡 和輝
入社のきっかけ

ずっと建築系の仕事につきたいという思いがあったので、ゼネコン、設計事務所、ハウスメーカーなど色々探していました。 最終的には、音更に住んでいて十勝が地元だというのと、一番お客様と密な関係を築けるということで地域の工務店に絞って就活しました。

住宅会社はノルマ達成とか、いかに数字をあげるかというイメージが強かったのですが、ホーム創建は焼肉会やアフターフォロー、「建ててからが本当のお付き合い」という言葉など、お客様の方に真摯に向き合っている会社という印象が強かったです。あとは自分のやりたいことをやらせてもらえる会社だなと思ったのもあって、入社を決めました。

もともと、小さいころから図工の授業とか「もの」を作るのが好きで、ものづくりの仕事は志していたのですが、図面を書いたり図面に並んでいる数字を見たりする方が自分には向いているのかなと思って、設計の仕事に興味を持ちました。 あとは自分の通っていた校舎の建て替えがあって、授業を聞きながら隣のグラウンドに新しい校舎が立っていく様子がずっと見れたのは大きかったです。古い校舎の最後の卒業生でした。


どんな仕事をしていますか?

プランニング・仕様決め打合せです。 入社は2018年ですが、3年間は作図をメインに、4年目から徐々にプランニングなどをやらせてもらっています。 プラン・仕様決めは、やはりお客様に直接聞けるという部分や、自分の提案がお客様に納得してもらえるという部分にやりがいを感じます。

ずっと自分の中では「図面は言葉のようなもの」と思っていて、いかにお客様の要望を1枚の図面を通して現場に伝えられるかというところが大切だと思っています。構造的な納まりは設計段階でしっかりしていかないと現場で困ってしまうので、着工から完成まで、昼休みに現場に通っていた時期もありました。そうすることで、頭の中で考えていることと実際の現場との違いだったり、大工さんはこういうところで苦労しているんだとわかったり、さらには実体験としてお客様にも話せるので、やはり現場を見ることは設計をする身として重要だと思います。

設計課の主任に就任して、更に工事も営業もできるようになりたい思いが強くなりました。責任の量は大きいですが、やりがいや密な関係を築くという部分では自分の中では最終的な着地点だと思っています。


今まで仕事で頑張った事、頑張りたいこと・今後の展望・野望

初めて担当したお客様から、アンケートに名前を書いてもらえたのはとても嬉しかったです。 あとは、今までも数回ありましたが、作成したプランが一発で決まると気持ちいいです。 また、対お客様の時間にやりがいが大きいのはもちろんですが、例えば賃貸住宅の作図等、新しい経験ができるチャンスがあった時には、積極的に取りに行くように心掛けています。

正直難しいことを始めるとなると一歩引いてしまうのですが、「出来ないです」と言うのは自分の中ではあり得ないと思っていて、周りからの見られ方とかではなく、単に自分自身のプライドが許さないので、そういった心持ちで日々業務にあたっています。


休みの日は何をしていますか?

最近はひげ脱毛に行ってます。(笑) めちゃくちゃ痛いと聞いたので、逆に好奇心でアトラクション感覚で行ってきました。 その他のことも、好奇心で物を決めることが多いかもしれないです。 DIYも好きで、テレビボードを作ったり、友達にダイニングテーブルを作ったりしたこともあります。

旅も好きで、マカオ、オーストラリア、ハワイなど色々行きました。 キャンプも好きです。出掛ける事が好きなのかもしれません。 これからやりたいことは、ソフトクリームラリー86店舗を制覇して敦賀リゾートの旅行を当てたいです。