Loading...
Portfolio Item
営業課
武田 秋音
経歴について

2017年入社で、半年間設計課で図面を書いていました。その後希望していた営業課に異動して、新築営業で今まで33組のお客様をお引き渡しさせていただきました。 2022年1月から生活の変化で埼玉県に暮らしており、完全在宅ワークです。

高校生の時に漠然と図書館司書になりたいなと思って、札幌の大学で日本文学と司書課程を学んでいました。アルバイトで家庭教師をしていた際、ある生徒さんから学習に関係のない私生活の部分で真剣なお悩み相談をされて、生活に寄り添って本音を聞ける仕事ってどれだけあるだろうと考え始めました。

そして自分が本当にやりたいのは人と深く長くお付き合いができる仕事だと思い、一番長くお付き合いできるのは家を創る仕事ではないかと思い至って住宅業界で就職活動をしました。 そんな中で合同企業説明会でホーム創建に出会いました。

理念に共感し、当時は受付けていなかった会社見学にも無理を言って伺いました。 幼稚園から大学まで札幌で育ちましたが、実家にいるとずっと環境に甘えてしまうと思っていた為、帯広という新天地で新生活・新社会人という環境にワクワクしたのを覚えています。


どんな仕事をしていますか?

以前は新築営業として、帯広で朝から晩までお客様とお打合せでした。 2022年1月から生活の変化があり、埼玉県に引っ越すことに。 社長にやむなく退職の相談をしたところ、多様な働き方がある昨今、テレワークで続けてみないかと話をいただきました。

会社としては初めての試みである完全在宅のテレワーカーとして、移住のお客様のお打合せを中心に、資料請求へお礼のお電話をしたり、会社のインスタグラムを管理したりしています。

お客様とは、資金のシミュレーションや住宅ローン書類関係、設計スタッフと一緒にご住宅づくりのご希望をお伺いしながら、時には3Dの図面を操作して色決めなどをお手伝いすることもあります。そして全体のスケジュール管理や、お引き渡し後のアフターフォローなども行っています。

資料請求へのお電話の際も、ご住宅づくりに関してお困りごとが無いか、またホーム創建にできることがないか、住宅営業の視点でお聞きすることを心掛けています。 最近はInstagramをチェックしながら住宅検討を進められるお客様も多いので、見学会の情報はもちろん、住宅づくりにお役立ていただける情報を発信していけたらと思っています。


大切にしていること

自分を常に見つめなおすことを大切にしています。 自分の発言で傷つく人・不利益を被る人がいないかどうかとか、周りの全員が満足に行く状態でなかったとしても、嫌な思いをする人が少しでも少なくなる選択肢は何かとか、自分がその場にいる一瞬だけでもなるべく多くの方が笑顔になるためには自分が何をすべきか等、考えても仕方がないことまで納得するまで考え抜きたい性格です。

帯広で新築営業をしていた時、本当にお客様に救われることが多かったです。 お引渡しの時に「武田さんが担当でよかった」と言われたり、新築で建てたご自宅に御呼ばれしてご飯をごちそうになったり、生まれたばかりのお子さんを抱っこさせていただいて、アフターフォローで伺った際にはもう歩いていて驚いたりなど…この仕事をしていないと経験できなかったことにたくさん出会えました。

お客様やお子さんから頂いたお手紙や絵はもちろん今も大切にしまってあって、辛いことや自分の欠点と向き合わないといけないときがあると、見返して元気をもらっています。 涙もろいので、お引渡しでは泣いてしまうことが多いです。