ホーム創建は、当社で新築、リフォームさせていただいた地元十勝のお客様と、いつまでも末永くお付き合いをしていきたい…そんな願いからOB客の方々を定期的に訪問させていただいております。
新築されたお家の方がその後、その家でどんな暮らし方をしているのでしょうか?住宅づくりによって幸せな家庭を築いていって欲しい…。
そんな願いを込めて、訪問の様子を「幸せ家庭訪問」として紹介していきます。


以前当社で家を建てていただいたお客様を訪ねて、新築当時のお話を伺うこのコーナー。今回ご訪問させて頂いたのは2014年7月に音更町に住宅を建築させて頂いた森様のご住宅。住宅づくりプロジェクトを担当した阿部利典とともに訪ねました。

…そもそも家を建てようと思ったきっかけについて教えて下さい。
賃貸で家賃を払っているなら、その家賃を家の支払いにまわして、自分の持ち物として払っていったほうがいいかなと思ったんです。
いずれは子どもがほしいねって夫婦で話していて、そうなるとアパートで隣の人とかに気を使わないで、自分たちの持ち家で自由に子育てができる環境がほしかったというのもきっかけの一つになりました。

…弊社との最初の出会いについて教えて下さい
当時住んでいたアパートの大家さんが阿部社長とお知り合いで、紹介してもらったことがきっかけでホーム創建を知りました。

…弊社での建築を選んでいただいた決め手は何でしたか?
実は私たち他の建築会社との社比較はしていません。なぜなら「とかちで一番信頼できる建築屋さんを紹介してください!」と言って紹介してもらったのがホーム創建さんだったので、始めからここで建てよう!って思っていました。とは言っても色々な家を見てみたいなとは思ったので、他社の住宅展示場に足を運んだりして「どういう家がいいかな〜」って考えていましたね。

…工事中はどうでしたか?
工事担当者の宮本さんが素晴らしかった!一つ一つの事柄をいつも細かく説明して確認してくれたし、工事の動きについても進捗報告をマメにくれていて、若いのにこんな風に仕事をしてるのすごいなって。本当に感心することが多くって素晴らしかった!これに尽きます( 笑)
「 もし言いづらいことがあれば、僕には何でも気兼ねなく言ってください」って自分たちの意見をいつも尊重してくれましたし、私たちもそのおかげでちょっとしたことでもお願いしやすかったです。
現場の職人さんたちも頼もしくて、実家が近いので親父が見に来たりしてたんですけど、近所での評判もよかったみたいです!すぐ近くでも新築住宅を建ててるところがあったんですけど、そこは工事現場が散らかってたりマナーが悪かったみたいで…
僕たちの家を建ててる会社は挨拶もしっかりしていていつも片付いているし、すごくしっか
りしてて良いと言ってくれてました!

…住宅づくりの中でこだわったところはどこですか?
奥様)キッチンですね!やっぱりずっと使うところなので、自分にとって雰囲気も使い勝手も良い空間にしたかったんです。なので、キッチン前のカウンターをタイル仕様にしたところとか、壁紙の色とか…あと私背が高いので、家事をしていて腰が痛くならないように、キッチン台の高さとかを自分に合わせて丁度よく調整しました^^
旦那様)僕は〜…そうですね、不動産関係の仕事をしているので、間取りにはこだわりましたね。リビングの広さを十分に確保したいってことと、小上がりの和室をつくってリビングの横に持ってきたかったってこと。リビングの広さについては、このソファーを置いてもゆとりがあるくらいの広さが欲しかったんです。前の家はこのソファーを置くと歩くところが無いくらいだったので( 笑) 座ると「テレビ近っ!」ってなってました( 笑)
阿部社長)今持っているソファーが大きいから、それを置けるくらいのゆとりの有る間取
りにしたい、というのは当初からの森さんのこだわりでしたね。

はい。あとは小上がりになっている和室の段差部分を引出し収納にしたこととかも、結構
斬新だったかなって。

…家が建ってみて気に入ったところはどんなところですか?
気に入ってるのは、長い時間をかけて色々相談に乗っていただいて建てた家なので全部!実際に住んでみてリビングに階段を設置したのも正解だったと思います。
赤ちゃんを2階に寝かせている時、ぐずった時は声が聞こえて、すぐにリビングから駆けつけられるから便利^^あとは脱衣所のドアを2つ付けたところかな。リビング側と玄関側のどちらからも脱衣に行けるような間取りにしていて、初めにその案が出たときは両方ともドアにしちゃうと片方の壁面を収納にすることもできないし、片方だけにしようかすごく悩んだんですけど‥外から帰ってきたときに脱衣室に直行できるのは楽だし、子育てしながら洗濯とかするのにはキッチンからの導線も役に立ってて、回遊式の間取りしてすごくよかったなって、今住んでみて思います♪全体的に気に入っていますよ!

…「もっとこうしておけばよかった〜!」という事はありましたか?
奥様)私は、和室をもうちょっと広くして押入れの収納幅を増やしたかった!お客さん布団の出し入れをする時、普通の押入れよりも小ぶりな幅の押入れなので、出し入れがしにくくって。リビングの広さを優先したので、仕方ない部分ではあるんですけど、負けないで和室のスペースを押すべきだったなって‥( 笑) それと2 階のウォークインクローゼットの枕棚の下側の部分、市販の引出しを入れてるんですけど、サイズの関係ですき間が出来ちゃうので、備え付けで引出しを作ってもらったら無駄がなかったなぁと。。
旦那様)僕はコンセントの位置をもう少しじっくり考えるべきだったなと思います。家具を配置してみると、意外と「あ、ここにコンセントあれば良かったな〜‥」ってことが。たとえば寝室のベッドの裏につなげるコンセント。これも付けてなくって、家具を置く場所は最初から決めていたので、それを考えて付ければよかったですね。

…ホーム創建への印象、想いはいかがでしょうか
本当に細かいことまで丁寧に対応していただいて、有り難い気持ちでいっぱいです!
自分たちでは無理かな〜と諦めようと思っていたことも、叶えられるように方法を一緒に考えていただいたり…妥協せずに『夢がかなったマイホーム』を建てることができたのはホーム創建の皆さんのおかげだと思っています♪

…それでは最後に、これから家を建てる方へアドバイスをお願いします。
周りで家を建てた人や専門科から話を聞いて『よく考えて建てる!』これが大事だと思います。

…小上がりの和室、タイル貼りのキッチン、家事導線を考えた間取りなど細部までこだわりの詰まった森様のご住宅。 ご住宅の完成より少し前の今年5月に誕生した朝一( あさひ) くんの元気な姿から、賑やかになった森家の日々の様子が目に浮かぶようでした。また朝一くんとの対面に、終始ニコニコ顔の阿部社長の姿も印象的なインタビューとなりました( 笑) 今後も私どもの手掛けたご住宅で、森様ご家族が末永く幸せに暮らせますよう、社員一同願っております。

        
取材・神谷小百合