ホーム創建は、当社で新築、リフォームさせていただいた地元十勝のお客様と、いつまでも末永くお付き合いをしていきたい…そんな願いからOB客の方々を定期的に訪問させていただいております。
新築されたお家の方がその後、その家でどんな暮らし方をしているのでしょうか?住宅づくりによって幸せな家庭を築いていって欲しい…。
そんな願いを込めて、訪問の様子を「幸せ家庭訪問」として紹介していきます。


以前当社で家を建てていただいたお客様を訪ねて、新築当時のお話を伺うこのコーナー。今回ご訪問させて頂いたのは、2011年に芽室町に住宅を建てさせていただいた齋藤様のご住宅。家づくりのプロジェクトを担当した本間と一緒に訪ねました。

…そもそも家を建てようとしたきっかけについて教えて下さい。
二人目の子供ができて、元々住んでいた賃貸住宅が手狭になったこともあって、家賃をこのまま払っていく事と住宅ローンの事をそれぞれ考えたときに「やっぱり建てた方が良いよな」と思って。それから家づくりをスタートさせました。

…弊社との最初の出会いについて教えて下さい。
たまたま本屋さんで住宅系の雑誌コーナーをチラッと見たときに「 全国優良工務店100 選」という本を見つけて、その本にホーム創建さんの事が載っていたんですよ。それで気になって調べてみたら、ちょうど市内で見学会をやっているって分かって。その見学会に参加したのが初めてですね。
他の会社の見学会にも何度が行きましたけど、ホーム創建の営業さんの‥なんというかグイグイ来ない感じには驚きました(笑)
他の見学会では結構“ 営業!” な感じが強かったので‥。あとは新築特有のニオイが全然無かったことと、家の中がすごく暖かかったな〜って、印象的でした。

…数ある建築会社の中から、弊社を選んで頂いた決め手はどのようなことでしたか?
やっぱりまずは担当の人柄!ホーム創建ともう一社迷っていた会社があったんですけれど、何社か見た中でまず2社に絞った基準が、営業の方の人柄だったんです。
そこから色々具体的な話をして、「家の中でそれぞれが違う事をして過ごしていても、一つの空間で生活していると感じられる様なオープンな家」っていうのが僕達の希望だったんですけれど。本間さんが最初に作ってくれたプランが、まさにその要望通りのもので!そのプランをとても気に入ったって事が大きかったです。
あとは当時のホーム創建の事務所の雰囲気が、なんていうかこじんまりとしてていかにも「地域の工務店!」っていう感じが良いな、と思いました(笑)
もちろん、床下の空間がある事や、価格面も色々と考慮して決めました。

…ありがとうございます。では担当の本間はいかがでしたか?

それはもう良かったです!本間さんが担当だったからこそ、こんなに満足いく住宅が建てられたと思っています。最初のプランが気に入ったって話しましたけれど、本間さんが最初に作ってくれた間取りが、本当に楽しそうな家になるだろうなって思えて。あとうちの娘がすごく本間さんの事を気に入っちゃって。「将来は本間さんと結婚する!」って言ってた位でしたから(笑)

…工事中はどうでしたか?
日中は仕事でなかなか現場の様子を見に行けなかったんですけれど、現場から仕事場が近かった事もあって、仕事帰りによく見に行ってました。「いつでも来てもらって大丈夫ですよ!」って言われてて、その言葉通りいつ見に行っても現場はキレイだし、しっかり片づけもしてあって感心しました。工事担当の宮本さんからの現場進捗のメールも、毎日 確認していましたね^^

…建築中からお引渡しまでで、特に印象に残っていることはありますか?
引き渡し式はすごく沢山の人が来てくれて、何だか大会議みたいだなって( 笑) 嬉しかったです! その反面、家が建っちゃったらホーム創建の方との関わりが少なくなってしまうので、なんだか寂しいなって気持ちもありました。
あと、見学会も本当はやってほしかったですね!本当に自分たちの想いの叶った家ができたので沢山の人に見てほしかったんですよ。 (※当社都合で日程が合わず未開催でした)

…住宅でこだわったところを教えて下さい
奥様)洗面所にSK シンクを設置したことと、キッチンの食器棚はガラス戸で仕切ってスッキリ見えるようにしました。SK シンクは小さい子供が居るので、汚した洗濯物やなんかを手洗いするのにすごく重宝してますよ!食器棚の引き戸( 右写真参照) も、食器以外にもゴミ箱も収納したりしてます。 人が来た時に生活感の有る部分が出来るだけ見えないようにしたいなって思っていたので、そこはこだわって決めましたね!

旦那様)なるべくオープンな感じにしたいっていう事があって回遊式の間取りにした事。それから脱衣所のすぐ隣にファミリークローゼットを作りました。洗濯をして取り込んで収納する、っていう作業が一つの場所で行えるのですごく便利になったと思います!家事の動線も考えた間取りは正解ですね。 間取り自体は本間さんが最初に作ってくれたものがほぼそのままカタチになりました!

…家が建ってみて気に入ったところはどんなところですか?
色々と気に入ってますよ!(笑)
そうですねぇ、まずはやっぱりファミリークローゼットを脱衣と併設して作ったので洗濯をしてクローゼットに収納する、この一連の流れがすごく楽にできるところ。
食器棚の引き戸も人目を気にせずにいられるので、やっぱり付けて正解でした♪ あとはスキップフロア横のスペースは子供たちの隠れ家みたいな場所になっていて、そこで遊んでる時間も多いです♪奥行きもあって沢山おもちゃもしまっておけるので、作ってもらって良かったです!我が家では「蔵(くら)」って呼んでます(笑)
それと何といっても地下の空間!布団や解体したベッド、使わなくなったおもちゃ類なんかを入れてあります。かさばる物がまとめて置いておけちゃうのでありがたいですね〜。
あ、食品庫もいっぱいいっぱいになる位物を入れて活用してますよ! ( 笑)

…実際にお住いになって「もっとこうしておけば良かった〜!」という事はありましたか?
玄関のタイルの色を建物の外観に合わせて白にしたんですけど、結構泥汚れとかが目立つので違う色にした方が良かったかなと思ってます。あとは寝室の広さがもう少しあったら良かったですかね。
それから、オープンな感じにしようと扉を結構無くしたんですけど、脱衣室とキッチンの間にもドアがなくて、キッチンから脱衣室が丸見えなので、子供たちが大きくなった時困るかなぁって‥。
今は一応ロールスクリーンを設置してるんですがね。

…家が建った時のお気持ちはいかがでしたか?
なんか、正直最初は全然自分の家だって感じがしなくて…実感が湧かなかったんですよ。けど、単純にやっぱり嬉しかったですし、2階の塗り壁に家族みんなで手形をつけたりして、自分たちで何かしたっていう部分もあったので、その分家に対する思い入れは強くなったような気がします!

…家が建って1 年が経ちますが、ホーム創建の印象はいかがでしょうか?
自分たちが思ってた以上に関わり続けてくれているんだなって。建てたらそれで終わりじゃなくて、建てたあとの付き合いもちゃんと大事にしてくれてるんだな〜って感じます。焼肉のイベントもそうですし、おうちの記念日にサプライズでお祝いしてくれたりとか。お歳暮に牡蠣を頂いたり本当に至れりつくせりで…(笑) そういう関わりがあると、家に関するちょっとした相談事とかもすごくしやすいですしね。本当に助かってます^^

…では次に、ここがホーム創建のオススメ!という点があれば教えてください。
ホーム創建の抗酸化工法は、アトピー体質の人や肌の弱い人には効果があると思います!…って言うのも、うちの家族は元々みんな肌が弱くて。ホーム創建の家に引っ越してきてからは全然アトピーが出なくなったんですよ!まだ家を建てる前に、そういう工法を取り入れてるっていう話は聞いていたんですけど、目に見えるものではないので、正直まぁそこまで‥関心を持ってなくて。でも実際に暮らしてみると本当に調子が良いので「あれ、もしかしてこれが抗酸化の効果なのかな??」って。
住んでみて初めて実感しましたけど、そういう部分で悩んでる方にはスゴクおすすめ出来ます!あとはそうだなぁ‥社員の人柄!担当の本間さんをはじめ社員の皆さんがすごく良い方なので安心してお任せする事ができました。ホーム創建の住まい館に行ったときに、淹れてもらったコーヒーの絵?ラテアートっていうんですかね?それがすごく上手で、その部分にも感心! ( 笑) いつでも気軽に迎えてくれるところが嬉しいです♪低予算、高断熱で暖かい!ここもポイントですね!

…ありがとうございます。それでは最後になりますが、これから家を建てる方にアドバイスをお願いします。
色々な会社の話を聞いてみて、自分自身が信頼できる人・会社を見つける!これに尽きます! やっぱり「この人に最後まで任せたい」って思える担当に巡り合えるかどうかで家づくりって全然違ってくると思うので、自分が信じて任せられる人を見つけることが一番大事かなと思います。

…スキップフロアのある明るくオープンな雰囲気の齋藤様のご住宅。洗練されたデザインの家具や照明器具など、こだわりの感じられるインテリア。家の中にはお子様が遊べるスペースがリビングやスキップフロア、2 階‥至るところにあり、なんと手作りのおもちゃまで!インタビュー中にも元気に遊んでいる2 人のお子様の様子がとてもほほえましく、愛情いっぱいに楽しく暮らされている様子が伝わってきました。
奥様お手製のパンやコーヒーでおもてなしして頂き、取材陣も幸せのおすそわけをして頂いたような気持ちに…(^−^)
この先も齋藤様ご家族が私たちの手がけたご住宅で幸せに暮らせますよう、社員一同願っております。 齋藤様、お忙しい中本当にありがとうございました!そしてこれからも、ホーム創建をよろしくお願いいたします。                                                       
取材・神谷小百合