ホーム創建は、当社で新築、リフォームさせていただいた地元十勝のお客様と、いつまでも末永くお付き合いをしていきたい…そんな願いからOB客の方々を定期的に訪問させていただいております。
新築されたお家の方がその後、その家でどんな暮らし方をしているのでしょうか?住宅づくりによって幸せな家庭を築いていって欲しい…。
そんな願いを込めて、訪問の様子を「幸せ家庭訪問」として紹介していきます。


今回ご訪問させていただいたのは、2年前にご新築させて頂いた富原様のご住宅です。当時担当した阿部貴吉とお伺いすると、家の前では元気いっぱいの2人のお子様が笑顔でお出迎えしてくれました^^

…そもそも家を建てようとしたきっかけについて教えて下さい。
2人目の子供が生まれて、アパートじゃ手狭になったことが一番のきっかけですね。
子供が男の子と女の子になったので、部屋も分けないといけなかったし、ローンの返済や年齢も考えて、建てるなら今だ!と思いました。

…ホーム創建との最初の出会いについて教えて下さい。
いつかは建てたいなぁと思って、家を建てる5年くらい前からよく見学会などに見に行っていたんです。もう趣味の勢いになっていました!その時にホーム創建の見学会にも行ったと思うんですけど、もう前すぎて記憶が…。(笑)
でも、押し付けがましくなく、自由に見させてもらえた事は覚えていますね。

…建築会社を決めるまでかなりの件数を回られたんでしょうか?
もう数えきれないくらい!(笑)ホーム創建で建てると決まってからも、何件か見に行って間取りの参考にさせてもらったりもしました。数えたらたぶん100じゃきかないですね。(笑)

…その中でホーム創建に決めて頂いた決め手はありますか?
他社でも見積もりをしてもらったのですが、見た瞬間金額にビックリ!!
「こ、これは…!!本体だけで予算を超えている…!」という感じだったんです。笑
その後ホーム創建の「三蔵奉仕」の見学会を見に行き「ホーム創建ってこういうのもできるんだ!」と思って、ホーム創建に興味が湧いてきたんです。スキップフロアや地下なども良かったし、メンテナンスが楽な樹脂サイディングも気に入って。
その時は他にももう1社見積もりを取ってもらっていて、金額はほぼ一緒位だったんですが、ホーム創建の方が外壁や地下なども良かったし、私(奥様)がホーム創建を気に入っていたので、主人にホーム創建を押しました。(笑)
旦那様「洗脳されました(笑)」 高価な家も良いけれど、やっぱり最後には現実ですよね。

…では、担当者はいかがでしたか?
阿部さんいる前で言いづらいなぁ〜!(笑)
あのね、阿部さんに大きい窓をオススメされて、リビングや洗面所の窓を大きめにしたんです。
初め見た時は、「窓でっかいなぁ〜!(汗)」と思ったんですけど、実際に住んでみたら全然大きくて良かった!!
そういう感じで他にも細かいところを1つひとつ「これはいいと思う」とか「ダメだと思う」とかハッキリ言ってくれたので、すごく助かったし頼りになりました。安心でしたしね。

…ありがとうございます!では、工事中の対応はどうでしたか?
建て始めてからは、実家が近いこともあって会社帰りなんかにチラチラ見ていた感じだったんですけど、うちは工事期間を無理言って2ヶ月くらいでやってもらったので、大工さんはそうとう遅くまで一生懸命やってくれたと思います。
そんな切羽詰まった状況でも、見に行ったときは棟梁の成田さんがちゃんと手を止めて色々説明してくました。

…建築中から引渡しまでで、特に印象に残ったできごとは何かありますか?
そうそう、工事が始まってからもオプションオプションと色々追加してもらっていたら、ある時阿部さんに「大丈夫?!金銭感覚マヒしてるんじゃない?!」と言われたことがありましたね。(爆笑)
あとはお引き渡しの時!テープカットをしたり、金色のでっかい鍵とか(笑)、「赤じゅうたんまでひいちゃうんだ!?」と、かなり衝撃でした。(笑)

私の会社の人も写真を見て「そんな事するんだぁ〜!」とびっくりしてました。

…では住宅でこだわったところはどこですか?
まずは部屋に収納家具をあまり置きたくなかったので、造り付けの家具を作ってスッキリさせたこと。収納家具があるのは脱衣室のタンスくらいですね。
あと、リビング階段にしなかったこともこだわり。音が2階に筒抜けになるのも嫌だったし、下の子は女の子なので、ある程度大きくなってきた時に、来客があった時など、ちょっとお風呂に行くのにでも一回一回リビングを通らないといけないと気を遣うかなと思って。子供たちにもプライバシーがあるし…。あとは、掘りごたつ付きの和室もこだわり。
リビング続きの和室も良いけれど、個室として使いたかったのでリビングと離したんです。
子供たちが小さいうちは1階に寝る方が楽なので、今は1階の和室を家族の寝室として使っています。

…家が建った時のお気持ちはいかがでしたか?
男としては、「よし。とりあえず、これでだいたい…」という感じですよね。(笑)それと、やっぱり子供たちが1番嬉しいんじゃないかなって。広い家をのびのびかけ回っているのを見ると、「建てて良かったなぁ」と実感します。

…家が実際に建って、気に入ったところはどんなところですか?
夏の34℃とかある日でも、日中仕事で出かける時はカーテンを閉めきって出かければ、帰ってきた時に室内がそんなに暑くなってないんです!
だから太陽さえ遮れれば、エアコンがなくても全然大丈夫で。窓の外にすだれとかを付ければもっと涼しいんだろうなと思います。
旦那様:僕はやっぱり掘りごたつの和室。子供たちが大きくなって2階で寝るようになったら、もうあそこは僕の部屋です!(笑)
奥様:キッチンの大きい収納と、掃除のしやすさ!掃除が得意じゃないからこそ、しやすいように収納を大きくしたり、キッチンの性能だったりを良くしたんです。
掃除といえば床下収納も良いです!キャンプ用品とかしまったり。2年建ちますが、まだまだ膨大な収納できるスペースがあります。
あと、壁のコルクボードも良かったです。子供たちが幼稚園で作ってきたものなんかを1箇所に飾っておけるし、壁に穴を開けなくてすむし。

…では逆に、ここがダメ…失敗した…というところがあれば教えてください。
土地ですかね。今東隣に大きいマンションができてしまったので…。
まぁ、うちは常に家に居る訳ではないし、実家も近いから良いっかぁと思うことにしました。
近所の人とかも含めて、なかなか住んでみないと分からないんですよね。
あとは、玄関アプローチのところの雨だれがあって、それが落ちて冬に玄関先が凍っちゃったことがあったけど、それもすぐに来て対応してくれたし…。そういうのは住んでみないとわからないけど、わかったらすぐに対応してくれるから安心ですよね。あとはSKシンク(洗濯流し)をつけても良かったかな。ちょっとした洗濯ができそうなやつ。
子供が大きくなったら脱衣室のタンスをよけて付けようかなと。

…家が建って2年建ちますが、ホーム創建への印象はどうでしょうか?
良い!オススメできる!(笑)
建てる前の契約するかしないかの時にホーム創建の焼肉会に参加させてもらったのですが、その時に一緒の席になったOBさん達に話を聞いたら「ホーム創建良いよ!」「ホント良いよ!」とみんな言っていて安心したんですよね。夏涼しくて冬暖かいとか、樹脂サイディングのこととか。
もう実際に建てて住んでる人の“生”の情報なので間違いないと思いました。
そういえば、焼肉会もはじめは何人かでやるのかと思って行ったら、駐車場もいっぱいで「何この規模!こんなに盛大にやるのかい!?」とビックリしたのを覚えています。(笑)その時の写真もいっぱいもらったし、子供たちの写真もすごくきれいに撮れていて嬉しかったです!
という訳で、印象はとても良いです!(笑)


…ありがとうございます!では、特にホーム創建のここがオススメという点はありますか?
床下の造りとか、ハード面もそうだけど、やっぱり“人”の対応! 営業も押し付けがましくなく、疑問なことにはちゃんと答えてくれる。
当たり前といえば当たり前のことかもしれないけれど、信頼につながっているし安心です。

あとはメンテナンスというか、アフターにもすぐに対応してくれました。やっぱり住んでみてからじゃないと気付けない、人それぞれのことってあって、例えば玄関の手すりも、実際に靴の脱ぎ履きをしてみて初めて壁に手をついている自分に気がつき、後から付けてもらったんですが、それもすぐに対応してくれました。壁が汚れなくて済むし、たまに子供の傘掛けにも使ってます。(笑)

…では、最後にこれから家を建てる方にアドバイスをお願いします!
土地と、そして妥協しないこと!!後から「キッチンをあっちのタイプにしておけば良かった〜!」とか思うくらいなら、お金のこともあるけれど、思い切ってやってしまったほうが絶対良いです!あとはトイレも2つあったら絶対便利!

貴:僕もそれは身をもって実感しています!自宅にトイレが1つしかなくて、夜中にトイレにいく時なんかは半分寝ぼけてるのに暗い中階段を降りるのが危なくて危なくて…。
そうそう!朝もトイレが混むので、2つあって良かったと思いますね。
だから、家づくりは時間もかけれるならじっくりかけて、あとは楽しくやることが大切かなって。私たちも楽しかったし、一生に1度しかないことなので、これから建てる方もぜひ楽しんでほしいなって思います!^^

…住宅が完成した当時まだ0歳だった下のお子様が、今では「アベしゃん!」と呼んでくれるようになり、担当 の阿部は とっても嬉しそうでした!

また、冨原様のご住宅の大黒柱にはご家族全員の身長が成長と共に刻まれており、家 族が仲良 く幸せに暮らされている姿が目に浮かぶようで、とても嬉しくなりました。

富原様、お忙しい中本当にありがとうございました!そしてこれからもホーム創建をよろしくお願いいたします。

取材 ・阿部琴美