ホーム創建は、当社で新築、リフォームさせていただいた地元十勝のお客様と、いつまでも末永くお付き合いをしていきたい…そんな願いからOB客の方々を定期的に訪問させていただいております。
新築されたお家の方がその後、その家でどんな暮らし方をしているのでしょうか?住宅づくりによって幸せな家庭を築いていって欲しい…。
そんな願いを込めて、訪問の様子を「幸せ家庭訪問」として紹介していきます。


今回ご訪問させていただいたのは、1年半前に中札内村にご新築させて頂いた竹内様のご住宅です。
雨降るある日、プロジェクトマネージャーを担当した高山と一緒にお話をお伺いしました。

…そもそも家を建てようとしたきっかけについて教えて下さい。
直接のきっかけは結婚です。
いきなりぶっちゃけた話をしてしまうと、デートするのもお金がかかるし、そうだ各社の見学会でもまわってみたら面白いんじゃないかと思いまして(笑)
「ゆくゆくは家を建てたいよね」とは言っていましたが、見学会を回る内にすっかりその気になってしまいました。

…ということはかなりの件数を回られたんですね?
そうですね。完成見学会を回っているうちにだんだん楽しくなってきてしまって。
住宅展示場はもちろん、新聞に掲載されている見学会を片っ端から周った時期もありました。
件数にすれば、やっぱり20件から30件くらいはまわった気がします。

…そしてその中に当社も入っていて、決めていただいたんですね。
ホーム創建さんとの出会いは、たまたま実家の近くで見学会をやっていたこと。
おだんごをごちそうになりました。そしてたくさんの中からホーム創建さんが決め手になったことは3つありました。そのひとつは高山さんです。
資金計画をはじめ、本当に親身になって説得力のある話をしてくれて。うまく言えませんが、「ここで建てたら困ったことには絶対ならない」という確信が持てました。
続いては提案していただいた間取りの良さ。
限られた予算のなか、私たちがこだわりたい部分がきっちり反映されていて、それで必要十分で。なんというか「キレイにぴたっとはまっている」という感じでした。
プランがでてきたとき、あぁ自分たちにとってこれ以上のものはきっとないな…そんなふうに思いました。
そして最後は樹脂サイディング、シングル屋根、床下空間の3点セットです。
他社さんが10年ごとのメンテナンスが必要…というなか、基本的にメンテナンスフリーの仕様が気に入りました。

…ありがとうございます!では、工事中の対応はどうでしたか?
工事担当の磯部さんは本当に気持よく対応してくれました。
毎週のように注文を出しましたが、すぐに「わかりました」「大丈夫ですよ」とメールをくれるんです。

…では、建築中から引渡しで特に印象に残った出来事はありますか?
なんといっても引渡しの際の大雪ですね。4月末だというのに季節外れの大雪に見舞われて、向かっている道中に車が半回転しました!(笑)
あとは建築中、毎週工事現場を見に行っていたのですが、だんだんと建っていく様子がとても楽しかったです。磯部さんから送られてくる写真も楽しみでしたよ。
ひとりで納得してパソコンを閉じたあと、「なんで私には見せてくれないの?」と妻に怒られた!なんてこともありましたが(笑)

…では住宅でこだわったところはどこですか?
まずはリビングまわりの視線の抜け方ですね。
高山さんと一緒に狙った通り、広々とした印象を出すことに成功しました。
また妻の好みのピンク色を差し色として一部の壁やカーテンなどに使いましたが、これも夫婦ともども気に入っています。
床下に関しては、床下からリビングに風が抜けるようにサーキュレーター(扇風機)を買ってきて設置しました。夏場の暑い日にスイッチをつけると、これがまた涼しい!
ホーム創建の家にお住まいのみなさんにはおすすめです!もちろん棚を置いて収納としても大活躍しています。

…家が建って、気に入ったところを教えてください。
私たちはダイニングテーブルもソファも置かず、床で暮らすイメージで生活をデザインしたのですが、これはとても気に入っています。
また2階ホール、これは汎用スペースのような感じで用意していたのですが、家事をやったりアイロンをかけたりと「なんでもできる」感じがしていいですね。
そしてこの家が建っている中札内という場所についても、帯広まで毎日通勤するのは大変か
と思ったのですが、これが案外気に入っていて。
往復の車内では語学のCDを聞いたり、ちょっと貴重な時間だったりします。
あとは雪が落ちない屋根も気に入っています。
中札内はやっぱり雪が多いので、他の家がどっさり雪が落ちて、窓をふさぐようになっているのを見ると、「雪の落ちない仕様」で良かったなぁと思ってしまいます。

…逆にここがダメ、失敗した…というところがあれば教えてください。
うーん。強いて言えばリビングのガラスの色の選択ですかね。
考えていたより南側に人が歩いていることがあり、想定したよりも「外から見える」感じがします。北道路だから大丈夫だと思ったのですが。
でも太陽の光がとても温かいのは確かで、反射率の高い別の色にすると今度は陽が入らい…
なんてことになるかもしれないし難しいところです。

……家が建って1年経ちますが、ホーム創建への印象はどうでしょうか?
なんといっても困ったときに連絡するとすぐに駆けつけてくれるのは助かります。
急いで来て欲しいときなどは、その日のうちに来てくれたのも印象に残っています。

…ありがとうございます。では最後にこれから家を建てる方へのアドバイスをお願いします!
やはり担当者と、とことん話し合うことでしょうか。この人なら信頼してすべて任せられる、という気持ちになれる方にお願いすることが大切だと思います。
私たち自身もそうでしたし、いま振り返ってみても安心できる会社・安心できる担当者に建ててもらった…という満足感があります。

ふたりともとっても気に入っている家なんです…そんなふうに話を締めくくってくれた竹内様ご夫婦。新築のときと全然変わらないですね、、と指摘すると、妻が几帳面でいつも家の中をキレイにしてくれているんです…そんなふうに笑うご主人の言葉には奥様へのやさしさがあふれていました。私たちの手がけた家で、家族と家を大切にして暮らしていただけている風景を目の当たりにして、なんだか心の中があたたかくなった、そんなインタビューになりました。
竹内様、お忙しいところ本当にありがとうございました。 
                                   取材・五十嵐豊