ホーム創建は、当社で新築、リフォームさせていただいた地元十勝のお客様と、いつまでも末永くお付き合いをしていきたい…そんな願いからOB客の方々を定期的に訪問させていただいております。
新築されたお家の方がその後、その家でどんな暮らし方をしているのでしょうか?住宅づくりによって幸せな家庭を築いていって欲しい…。
訪問の様子を「幸せ家庭訪問」として紹介していきます。


今回訪問させていただいたのは、帯広に住む島勝様。 島勝様の御住宅は、モダンな外構と縦のラインを強調したシャープなイメージの外観デザイン、室内は白とグレーを基調とした落ち着いた大人の雰囲気が魅力の空間になっています。 そして室内にさりげなく飾られたインテリアの数々がご夫婦のセンスの良さを感じさせる、そんなリビングで、3年前にプロジェクトマネージャーを担当した高山と一緒にお話をお伺いしました。

そもそも家を建てようとしたきっかけについて教えて下さい。
「子どもも産まれて、そろそろ建てどきかなぁなんて思って新築計画がスタートしました。」

弊社との最初の出会いについて教えて下さい。
「 最初に見たのは三蔵奉仕というモデルハウスでした。ちょうど稲田のところに建っていて、それを見たときにコレだ!と思いました。当時接客してくれたのは高山さんでしたね。」

島勝さんの家づくりはどう進めていったのでしょうか。建築会社はたくさん見られましたか?
「住宅公開やモデルハウスはたくさんまわり、建築会社ともたくさん話はしましたねー(笑)
建物については自分の中で「こんなイメージ」というものがしっかりあって、でも具体的な間取りまでは決めず、各社にイメージと希望、全体的なポリシーを伝え、そこから上がってきたプランや見積もりで比較検討する…という形で進めました。なので見積もりやプランは相当数出してもらいました。」

その中で弊社に決めて頂いた、、というわけですね。
「まず、単純に1階2階というふうになっていないスキップフロアの三蔵奉仕のつくりが気に入りました。
価格についても金額だけ見るともっとも安いというわけではないのですが、内容や仕様を考えると明らかにリーズナブル。この内容で!という印象でした。デザインやプランの提案内容も良かったし、高山さんの人柄も決め手のひとつになりました。
やっぱりどんなに建物が良くても担当がダメ、あるいは会社の姿勢が悪いのはダメだと思うんですよね。親身になってくれる態度が印象に残りました。 実際は会社を決める際にはかなり迷いましたが、まあ迷うのはみんな一緒でしょうか。」

ありがとうございます。それでは工事中はいかがでしたか?
「邪魔かなと思いつつも常に工事現場は見に来ていたのですが、大工さんの対応も良かったです。いつ来ても快く迎えてくれて、いつも手を止めてきちんと説明してくれて。現場にはとても行きやすかった、というのが印象に残っています。 」

家が建ったときの気持ちを教えて下さい。
「期待がふくらんで、それが形になり、やっと建ったなぁという感じでした。 」

住宅でこだわったところはどこですか?
「なんといってもリビングの天井を高くした事は良かったです。それと基礎を深くしたことですね。中で動きやすいです。収納が多いのも住みやすいし、屋根裏部屋も楽しい空間です。」

住んでみて、よかったところと悪いところがあればお願いします。
「やっぱり家のつくりはいいですね。半地下空間も気に入っています。
逆にダメなところは特にありませんが、しいて言えば棚の色かな?あとは子どもがものを投げると床がキズになりますね。」

特にホーム創建のここがオススメ!というところがあれば。
「スタッフの方がみんな親身になってくれるのが良かったです。 それとよく話になりますが建った後のアフターケアが素晴らしいですね。うまく表現できないのですが「いい気持ち」になれる感じがします。
焼肉会もとても楽しいですね。 」

ありがとうございます。焼肉会は今年も日程が決まりましたのでぜひお越し下さい。最後にこれから家を建てる方にアドバイスがあれば。
「担当者や経営者の人柄をよく見る事です。じっくり選ぶことも大切。
それと「なにしろ契約ありき」という会社はちょっと注意かもしれません。ずっと住む家ですから会社の対応をよく見てくださいね。」

2歳と4歳になる子ども達、それに可愛らしいワンちゃんが楽しそうに過ごしている島勝家。温かい春の日、笑顔がいっぱいのリビングで、子どもたちとワンコちゃんに囲まれて、とても楽しいインタビューの時間となりました。
今回はお忙しいところありがとうございました。 どうぞこれからもよろしくお願いいたします。

取材担当  五十嵐豊