ホーム創建は、当社で新築、リフォームさせていただいた地元十勝のお客様と、いつまでも末永くお付き合いをしていきたい…そんな願いからOB客の方々を定期的に訪問させていただいております。
新築されたお家の方がその後、その家でどんな暮らし方をしているのでしょうか?住宅づくりによって幸せな家庭を築いていって欲しい…。
訪問の様子を「幸せ家庭訪問」として紹介していきます。


今回ご訪問させていただいたのは3年前に新築させていただいた櫻井様です。
外観は黄色のかわいらしい雰囲気、中は白を基調とした落ち着いた雰囲気の平屋のお宅で、広々としたリビングや「温泉マーク」ののれんなど、遊び心のあるインテリアが楽しい空間でした。 3年前にプロジェクトマネージャーを担当した高山と共に笑顔が素敵な櫻井様ご夫婦にお話しをお伺いしました。

そもそも家を建てようとしたきっかけについて教えて下さい。
「私達はキャンプが好きで、キャンピングカーを買おうと思ったんです。ですが、当時住んでいたマンションではキャンピングカーが置けない。じゃあキャンピングカーが置ける一戸建ての借家を探そう…と思って見ていたところ、新築もいいんじゃない?という話になったんです。そこからはとんとん拍子で。
ちなみに家を建てたので結局キャンピングカーは買えませんでした(笑) 」

弊社との最初の出会いについて教えて下さい。
「 最初はホームページですね。土地を探したりしつつホームページを見ていました。
メールを出したら感じの良い返信が来たので、じゃあ事務所にでも寄ってみるか…と気楽に行ってみたのが始まりで、話をして印象的だったのは高山さんでした。当時、私達には家なんか建てられないと思っていたんですよね。それを覆してくれたのが心に残りました。」

弊社に決めて頂いたきっかけはどんなことだったんですか?
「やっぱり高山さんの熱意が一番ですね。
 それと、会社の雰囲気が良かった事でしょうか。他にも一社話を聞いていたところもあったんですが、どうもピンとこなくて結局はホーム創建さんに決めました。 」

打ち合わせ中はいかがでしたか?
「高山さんは神様みたいでしたねー。それなのにフィーリングが合って。
すべて信頼できたのも良かったです。間取りは間取りソフトのようなものを作って自分たちでも作ってみたのですが、これが全然ダメで、結局は高山さんが作ってくれたもののほうがずっと良く、それで建てる事になりました。 」

ありがとうございます。
住宅でこだわったところはどこですか?

「使いやすい平屋にしたところ、それにリビングの吹き上げ天井でしょうか。 回遊できる間取りも良かったです。 それと私は設備の仕事をしているので、ボイラーなどの設備や配管などは自分で工事しました。」

では、家が建って良かった事はどんなことでしょうか。
「なんといっても人が集まれる事ですね。
カラオケで大きな音を出してもとなり近所に迷惑にならないし。うちはお客様が多くて、30人集まって大騒ぎしたこともありますよ(笑)」

30人ですか!それは楽しそうです!
「ご覧のようにビールサーバーもありますし、カラオケもあるし…。意外と30人入っても大丈夫なんですよね。人が集まれるというのはとても楽しいことですよ。」

逆にここがダメ、失敗した…というところがあれば
「この土地なんですが、どういうわけかゴミがたまりやすいみたいなんですよね。風に乗ってくるのですが、山が近いという地形的なところかもしれません。もうちょっとよく調べたらわかったかもしれませんね…。 建物自体はなーんもないですよ。」

ゴミですか。それは当社としても調査不足で申し訳ありませんでした。 ホーム創建のここがオススメ、という点があれば教えて下さい。
「建築中もいろいろなところな気を回していただいて良かったし、建て主の意見を取り入れる柔軟性も良かったです。ホームページで経過が見られるのも楽しいし、なによりも焼肉会が楽しくて。」

ありがとうございます。焼肉会は今年も来年もやりますのでぜひまたお越し下さい。
最後にこれから家を立てる方にアドバイスをお願いします!

「やっぱり思っていることはなんでも相談することでしょうか。一度しかない家づくりですからね。 」

居間の梁には「居酒屋」という赤ちょうちんがぶら下がり、部屋の片隅には大きなビールサーバーが構えている櫻井様宅。
笑顔が素敵なご夫婦の魅力がたくさんの方を引きつけて、みんなで料理やお酒を囲んで、楽しそうにしている様子が目に浮かぶようです。
私達の手がけた家で楽しそうに暮らしていただき、笑顔がいっぱいの居間を想像して、住宅を提供する側の一員としても嬉しい気持ちでいっぱいです。
今回のインタビューはそんな日々の様子を聞かせていただき、とても楽しいひとときでした。
お忙しいところありがとうございました。 どうぞこれからもよろしくお願いいたします。

取材担当  五十嵐豊