ホーム創建は、当社で新築、リフォームさせていただいた地元十勝のお客様と、いつまでも末永くお付き合いをしていきたい…そんな願いからOB客の方々を定期的に訪問させていただいております。
新築されたお家の方がその後、その家でどんな暮らし方をしているのでしょうか?住宅づくりによって幸せな家庭を築いていって欲しい…。
訪問の様子を「幸せ家庭訪問」として紹介していきます。


今回は帯広市稲田に建つ、山口様のご住宅を本間とともに訪問させていただきました。
山口様はホーム創建で住宅の新築を手がけた第1号のお客様。
社長阿部がひとり創業後、はじめて当社に新築を依頼していただいた、当社にとってはひときわ特別で大切なお客様です。

帯広市内なのに窓の外に広がる絵画のような風景、大切に住まわれている室内空間、そしてなによりもご主人の暖かい人柄で、いつまでもそこに居続けたくなるような、そんな居心地のよい空間でした。
それでは山口様のインタビューをご覧下さい。

ホーム創建との出会いはどこでしたか?
「それまでは同じ土地に建っていた古い一戸建てに住んでいたのですが、となりに息子夫婦が新築し、我が家も妻が身体が不自由だったこともあり、家を建てようと決めました。

でも大工さんも設計士さんも誰も知らず、ちょうど息子の友人であった阿部さんがホクセイハウスさんで働いていたのを思い出し、阿部さんに建ててもらおうとホクセイハウスさんを訪ねました。
そうしたら阿部さんが「もうすぐ独立するから!」と言うではありませんか。それでは私が第一号のお客さんに…と思い、依頼することに決めました。」

家を建てようと思ったのは奥さまのためだったのですね
「妻は身体が不自由で足腰が弱く、そのために暖かく、そして段差のないバリアフリーの家を建てようとしたのです。
以前建っていた家は築30年くらいだったでしょうか…とても寒くて快適とはとても言えない家だったのですが、
無事にいい家を造っていただきました。他社との比較などはしていませんが、結果的にとてもよかったです。


…実はこの住宅の基礎工事を手がけたと聞きました。


「そうなんです。ちょうどホーム創建さんは創業期で人がおらず、私も
退職してなにもしていなかったものですから、阿部社長の奥さんと一緒に基礎工事をやったのも思い出に残っています。
この家のあとも本間さんらと一緒にずいぶんホーム創建の住宅の基礎工事を担当しましたよ。

家を建てて良かった点と良くなかった点を教えて下さい。
「良くなかった点は特にないですね。
屋根の形についてですが、当時私は真っ平らな陸屋根を希望して、阿部社長にはやめたほうがいいと反対されたのも思い出します。

結局は私の意見を通して陸屋根にしたのですが、その後阿部社長の言ったとおりにスガモリしてしまい、結局また社長に相談して普通の屋根にリフォームしました。
良かったのはなんといっても暖かいこと。
当時は先駆的なオール電化住宅だったのですが、家中ぽかぽかでとても過ごしやすいです。
天気予報を見て、あっ一桁だからこう設定しておこう…なんてこともずいぶん研究しました。」


オール電化の情報は当時まだほとんどなく、山口さんが集めて教えていただいたデータでずいぶん当社も助けていた だきました。その他なにかあれば。
「今はひとり暮らしになりましたが、老人仲間と旅行に行ったり、テレビで世界の紀行ものを見て昔行った思い出に浸ったりしていますが、とても快適に暮らしていますよ。

以前「ホーム創建さんで一番目の建築主になれた事を誇りに思います」という推薦状を書いていただいた山口様。
第1号のお客様としていつも当社のことを暖かく見守ってくれて、いつも当社や社員のことを心配して声をかけてくれる、そんな心やさしい山口様ですが、この日も一緒に行った本間のことをとても気にかけてくれて、家族の話などに花が咲き、山口様のやさしさが心にしみる時間でした。山口様の言葉は、いつも今は亡き奥さんへの愛情にあふれていて、それが空気になって流れているのかもしれません。

ホーム創建も創業時に比べるとすっかり大きくなりましたが、それも山口様のようなお客様のおかげなんだな、と今回はしみじみ感じました。いつも本当にありがとうござ います。

今回はインタビューにお時間をいただき、ありがとうございました。
会社の年齢と同じ年齢のご住宅とともに、これからもどうぞよろしくお願いいたします
取材担当  五十嵐豊