このページでは、メルマガ「知らないと損をする?家づくりのポイント」のバックナンバーを公開しています。
最新のコラムが読みたい!という場合はメルマガの読者登録をこちらからどうぞ。



■ホーム創建メルマガニュースレター http://www.homesouken.co.jp/ ■□■
□■ 知らないと損をする!?家づくりのポイント ■


●阿部社長のメルマガ 「知らないと損をする!?家づくりのポイント」●

メルマガ10月号


十勝は、日本最大の食糧基地と言われるように、一年で一番忙しい季節となりました。

八月から長雨や豪雨などがあり、新聞報道では作物により成長具合が大きく違っているようです。

はたして今年の出来高はどうなのでしょうか。

十勝経済を左右する農業ですからとても気になります。

豊作であることを心よりお祈りします。





さて、今月のメルマガですが、間取りについて考えるシリーズで前月までの玄関、ホール、リビングに続いてダイニングを取り上げてまいります。


そのダイニングですが、最初に考えておきたいのが奥様の動線です。


例えば、家族が食事の支度や配膳などを手伝ってくれるかどうかなども大事な要素です。

例えば対面キッチンの間取りで、食卓テーブルの配置がキッチン前面の場合、
配膳のためにぐるりと回ってテーブルまで行く必要がありますので、誰も配膳を手伝ってくれない時には何度も行き来が必要になります。


ご飯のお変わりの時も、キッチンの後ろに炊飯器があると、お変わりのつどキッチンまで行かなければならず、結構面倒ですよね。


家族のお手伝いが少ない家庭は、対面キッチンで家中を見まわしたり、テレビを見ながら食事の支度をするなどの利点を生かし、キッチンと並列に食卓テーブルを配置できるような間取りのほうが、動線が短くて済みます。



しかし、この場合は床面積が増えてしまいますので、前面に食卓テーブルを配置する時の対面キッチンは、キッチン前のカウンターを幅広にして配膳台として活用できるようにすると便利です。





また、キッチン周りの収納ですが、食卓テーブルで常時使うものは、
食卓テーブルから手が届くぐらいの距離にあるととても便利です。


配膳台兼用のカウンターとキッチンの天板までの間を活用して、ガラス引き戸を入れ、キッチン側からも食卓テーブル側からも取り出しできるような収納を造作する等はいかがでしょうか。



又、食卓テーブルの近くに、カウンターなどを設けると、調味料入れや炊飯器、ポットなどが置けますし、下は分別のごみ箱入れとしても使え、時には食卓テーブルの椅子を反対に向けてパソコンデスクなどにもなるのでとても便利です。


又、コンセントも二口用で二個位はほしいですね。
最近は、ノートパソコンが多くなっていますし、携帯電話の充電などもまとめてできます。





暮らし方にもよりますが、勉強や家族の会話、お茶タイムなどを、食卓テーブルを利用した暮らしに慣れている人は、照明器具や位置も含めて食卓テーブル周りを上手に間取りに組み込みたいですね。



子供が勉強好きになる家づくり、というような本も書店に並んでいますが、決まって書いてあるのが食卓テーブルを勉強机に兼用した方法です。



お母さんが一緒に座って、広いテーブルに本やノートを広げお子様と一緒になって読書したり、手紙を書いたりして、お子様の勉強を見てあげると良いようです。




私事ですが、三人の娘のうち末娘だけが高校生になっても食卓テーブルで勉強していました。
そのせいか、三人の中では一番学校の成績は良かったです。
これも食卓テーブル効果でしょうか?




又、食事をしながらテレビを見るご家庭も多いと思いますが、テレビを居間とダイニングに置くのは不経済ですね。


そういうご家庭では、食卓テーブルに座っても、全員がテレビを見ることが出来るような間取りも考えたいです。




さらに、もうひとつ付け加えると、屋外でガーデンパーティー等をする場合に、キッチンで下ごしらえをしてからダイニングを経て庭に出る場合が間取りによってはあると思います。


その時に気をつけたいのが、窓の大きさと種類です。

開き窓で高さが180センチあると外への出入りは問題ありませんが、ドアタイプにしておかないと外から窓を閉めることが出来ず、虫やバーベキューの匂いが室内へ侵入してしまいます。



外にもハンドルがついているのは窓ではなくてドア(パティオドア)になりますので、そのへんも注意しておきたいところです。




それでは今月はこの辺で。




追伸

10月1日に安倍総理大臣が来年4月からの消費税8%を決定しました。

9月末までに請負契約を結んでおくと、引渡が4月以降になっても消費税は5%で済むと言うことで、駆け込みで家づくりをする人が増えたのは事実だと思います。


間に合わなかった人は、これから着工して来年3月末までに完成し、お引き渡しを受けると5%の消費税で済みますから、まだ施工に余裕のある工務店さんに依頼すると間に合うかもしれません。


でも、駆け込みで施工が追いつかない業者さんが多い中で、余裕のある業者さんに依頼してどうなのかな?
ということも熟慮する必要はありますね。


一生で一番高額なお買い物です。

それも、出来たものを買うのではなく、何もない状態で買う契約をするわけですから、慎重に判断して下さいね。








□■ おわりに

今回も最後までお付き合いくださいまして、有難うございました。
メルマガに関するご意見ご要望、感想、ホームページに関するご意見などございましたら下記のアドレスまでどしどしお寄せ下さい!

阿部琴美 kotomi@homesouken.co.jp までどうぞ。
ありがとうございました。

---------------------------
四葉のハートは幸せ家庭を創ります。
株式会社 ホーム創建
帯広市西5条南31丁目1番地50
TEL 0155-26-1007 FAX:0155-26-1008
http://www.homesouken.co.jp

●購読解除は以下のページでお願いします。
http://www.homesouken.co.jp/melmaga.html

 


   
Vol.01 間取りの話 2004年4月29日発行  Vol.02 家のデザイン 2004年5月25日発行 
Vol.03 高断熱高気密の家は夏も暑い!?
2004年6月18日発行 
Vol.04 住宅金融公庫の金利が大幅に上がりそう!
2004年6月25日発行
 
Vol.05 高断熱高気密の家は夏も暑い!?その2
2004年7月2日発行 
Vol.06 外装材と維持管理
2004年7月29日発行 
Vol.07 住宅の依頼先
2004年8月27日発行 
Vol.08 マイホームとその費用
2004年9月22日発行 
Vol.09 抗酸化工法と住宅新築
2004年10月28日発行 
Vol.10 低価格と高価格の錯覚
2004年11月25日発行 
Vol.11 値引きの罠
2004年12月24日発行 
Vol.12 値引きの罠その2
2005年1月31日発行 
Vol.13 大工さんの雇用形態
2005年2月28日発行 
Vol.14 良い大工さんに建ててもらうためには
2005年3月31日発行 
Vol.15 建築工事と家の位置
2005年5月12日発行 
Vol.16 十勝の基礎と地盤調査
2005年6月13日発行 
Vol.17 基礎工事のチェックポイント
2005年7月11日発行 
Vol.18 木工事のチェックポイント土台編
2005年8月21日発行 
Vol.19 木工事のチェックポイント床作り編
2005年9月5日発行 
Vol20 木工事のチェックポイント小屋組編
2005年9月27日発行 
Vol.21 私が住宅建築業界へ入るきっかけ
2005年10月6日発行 
Vol.22 断熱材とその施工
2005年11月22日発行 
Vol.23 断熱材とその施工2
2005年12月15日発行 
Vol.24 気密測定
2005年12月31日発行 
Vol.25 電気配線
2006年2月7日発行 
Vol.26 造作工事
2006年4月11日発行 
Vol.27 屋根の勾配を考える
2006年6月12日発行 
Vol.28 屋根材の種類と耐久性
2006年6月23日発行 
Vol.29 契約
2006年7月28日発行 
Vol.30 モルタル外壁と通気層
2006年9月8日発行 
Vol.31 造作工事と大工の仕事
2006年10月13日発行 
Vol.32 家具と造作
2006年11月17日発行 
Vol.33 住宅の仕上げ
2006年12月8日発行 
Vol.34 耐震と抑震
2007年3月9日発行 

Vol.35 建築業者の選び方1
2007年7月6日発行 

Vol.36 建築業者の選び方2
2007年9月13日発行 

Vol.1 シックハウス対策
2008年4月1日発行(2008年4月から新形態になりました)

Vol.2 エコ製品と灯油消費量
2008年5月1日発行

Vol.3 エコキュート
2008年6月1日発行

Vol.4 2008年北海道エコ動向
2008年7月1日発行

Vol.5 断熱仕様と暖房、給湯設備
2008年8月1日発行

Vol.6 太陽光発電
2008年9月1日発行

Vol.7 高気密住宅での火災
2008年10月1日発行

Vol.8 家づくりの資金計画
2008年11月1日発行

Vol.9 2009年の住宅動向
2008年12月1日発行

Vol.10 防火性能偽装問題
2009年2月1日発行

Vol.11 創業12年を振り返って
2009年3月1日発行

Vol.12 抗酸化工法
2009年4月1日発行

Vol.13 長期優良住宅
2009年5月1日発行

Vol.14長期優良住宅2
2009年6月1日発行

Vol.15 失敗しない家づくりのためのスケジュール
2009年7月1日発行

Vol.16 住宅業者の選び方
2009年8月1日発行

Vol.17 十勝の冬の工事
2009年9月1日発行

Vol.18 十勝の冬の基礎工事
2009年10月1日発行

Vol.19 住宅建築計画の思わぬ障害
2009年11月1日発行

Vol.20 お引き渡しのあとで..
2009年12月1日発行

Vol.21 明けましておめでとうございます
2010年1月1日発行

Vol.22 住宅版エコポイント
2010年2月1日発行

Vol.23 賢いリフォーム業者選択術1
2010年3月2日発行

Vol.24 賢いリフォーム業者選択術2
2010年4月1日発行

Vol.25 賢いリフォーム業者選択術3
2010年5月6日発行

Vol.26 リフォームと確認申請
2010年6月2日発行

Vol.27 リフォーム補助金
2010年7月1日発行

Vol.28 リフォームと現場での注意事項
2010年8月2日発行

Vol.29 リフォームおとく情報
2010年9月1日発行

Vol.30 太陽光発電とエコ
2010年10月1日発行

Vol.31 リフォームとエコポイント
2010年11月1日発行

Vol.32 家づくりのスタート
2010年12月1日発行

Vol.33 マイホーム資金計画
2011年1月6日発行

Vol.34 マイホーム資金計画2
2011年2月2日発行

Vol.35 2011年お得情報
2011年3月2日発行

Vol.36 東日本大震災
2011年4月2日発行

Vol.37 新築と土地
2011年5月6日発行

Vol.38 諸手続きと書類について
2011年6月2日発行

Vol.39省エネの工夫
2011年7月1日発行

Vol.40アパート家賃と住宅ローン
2011年8月1日発行

Vol.41 Q1.0住宅からQ1.0X住宅へ〜第1話〜
2011年9月1日発行

Vol.42 Q1.0住宅からQ1.0X住宅へ〜第2話〜
2011年10月1日発行

Vol.43 Q1.0住宅からQ1.0X住宅へ〜第3話〜
2011年11月1日発行

Vol.44 Q1.0X住宅の設備機器について
2011年12月1日発行

Vol.45 実際に弊社で建築した「Q1.0X」住宅の仕様
2012年1月10日発行

Vol.46 今年度の国からの補助金事業
2012年2月1日発行

Vol.47 寒冷地の断熱基準について
2012年3月1日発行

Vol.48 スマートハウスについて
2012年4月1日発行

Vol.49 住宅性能とランニングコスト
2012年6月1日発行

Vol.50 実際の光熱費支出を調査
2012年7月1日発行

Vol.51 消費税アップとマイホーム
2012年8月1日発行

Vol.52 今後の省エネ政策と予想
2012年9月1日発行

Vol.53 中古住宅とリフォーム
2012年10月1日発行

Vol.54 シックハウスとその対策
2012年11月1日発行

Vol.55 エコハウス宣言
2012年12月1日発行

Vol.56 住宅新聞の紙面から、お役立ち情報
2013年1月1日発行

Vol.57 太陽光発電に関する最近の状況
2013年2月1日発行

Vol.58 難しい住宅ローン金利の特徴
2013年3月1日発行

Vol.59 増税に向けたお金の話
2013年4月1日発行

Vol.60 国、帯広市の補助金について
2013年5月1日発行

Vol.61 エアコンの効率的な活用法と工夫
2013年6月1日発行

Vol.62 住宅の配置と外構計画
2013年7月1日発行

Vol.63 玄関まわりの間取り計画
2013年8月1日発行

Vol.64 リビングの間取り計画
2013年9月1日発行

Vol.65 ダイニングの間取り計画
2013年10月1日発行

Vol.66 キッチンまわりの間取り計画
2013年11月1日発行

Vol.67 2014年の税制について
2013年12月1日発行

Vol.68 洗面・脱衣・浴室の計画
2014年1月1日発行

Vol.69 トイレの寸法と計画
2014年2月1日発行

Vol.70 和室について
2014年3月1日発行

Vol.71 寝室について
2014年4月1日発行

Vol.72 平成26年度 建築関連の補助金制度 その1
2014年5月1日発行

Vol.73 平成26年度 建築関連の補助金制度 その2
2014年6月1日発行

Vol.74 平成26年度 建築関連の補助金制度 その3
2014年7月1日発行

Vol.75 子供部屋について
2014年8月1日発行

Vol.76 失敗しない家づくりの流れ その1
2014年9月1日発行

このページでは、最新号の1つ前の号までバックナンバーを公開しています。
最新号が読める無料読者登録はこちらからどうぞ。