このページでは、メルマガ「知らないと損をする?家づくりのポイント」のバックナンバーを公開しています。
最新のコラムが読みたい!という場合はメルマガの読者登録をこちらからどうぞ。



■ホーム創建メルマガニュースレター http://www.homesouken.co.jp/■□■
□■ はっぴーとーく 2011年3月号 & ■□
■□■ 知らないと損をする!?家づくりのポイント ■
みなさんこんにちは、ホーム創建の五十嵐です。

3月になり、日差しもだんだんと強くなり、なんとなく春の気配です。
みなさんいかがお過ごしでしょうか。

三寒四温とはよく言ったもので、十勝は暖かい日があったり寒い日になったり
…と周期的に気温が変わっています。
とはいえ雪の解けるスピードや、ビシャビシャの道路に春の気配を感じる日々
でもありますよね。

●阿部社長のメルマガ「知らないと損をする!?家づくりのポイント」第35号

国会が開催されておりますが、平成23年度の予算案が衆議院を通過しました。

関連法案はどうなるのかわからないようですが、4月以降の補助金や減税など
は、とりあえず確定したと言ってもいいと思います。

そこで、今回のメルマガは緊急にお得情報をお知らせします。
1)住宅エコポイント延長、今年中に着工が必要。

昨年より住宅でもエコポイント制度が行われ、当社においても沢山のお客様が
ご利用されました。

この制度が一年延長で、一部変更点もあります。
対象は、新築の場合、次世代省エネ基準等を満たした住宅で30万ポイント。
太陽熱利用システムをつけた場合はプラス2万ポイント。

リフォームの場合は、外壁、屋根などの断熱改修・窓の断熱改修・バリアフリ
ー改修・太陽熱利用システム(新設)・節水型トイレ(新設)・高断熱浴槽(
新設)などの工事が対象です。

こちらは、上限がすべての工事の合計で30万ポイントとなります。

着工期限は、新築、リフォームとも、平成23年12月31日まで。

ポイント申請は、新築で平成24年6月30日まで、リフォームは3カ月早く
3月31日までに申請する必要があります。

新築の場合は、次世代省エネ基準並みの家にして、太陽熱利用システムを装備
すると、本体の30万ポイントに新たに2万ポイントが加わり、合計で32万
ポイントがもらえます。

尚、太陽熱利用とは、太陽光発電とは別物で、太陽熱でお湯を沸かして貯めた
り、暖房に利用したりするシステムのことです。

私個人的には、太陽熱利用システムに大変興味を持っていて、いつかチャレン
ジしたいと考えていましたので、今年はチャンスかな?とも考えております。

リフォームの場合は、従来の断熱工事やバリアフリー工事、窓の断熱改修に太
陽熱利用システム、節水型トイレ、高断熱浴槽の三つが加えられました。

ポイントは、それぞれが2万ポイントです。

2)お勧め工事
さて、新築は十勝の場合はどこの業者さんでも次世代省エネ基準は工事加算金
なしで出来ると思います。

太陽熱利用は、日射条件を考えるととても魅力がありますが、夜間の配管内の
凍結や不凍液利用による熱交換効率の悪さがネックになりますね。

一方リフォームのほうですが、節水型トイレはいかがでしょうか?
水は下水道料金とダブルで料金を払わなければなりませんので、節水というエ
コは家計の上でもエコですね。

最近では、10年前のトイレに比べて半分の水量ですみ、1年間で9000リ
ットルの節約ができそうです。

又、便器の形も掃除のしやすい形になり、さっと拭くだけできれいになります
し、自動洗浄型のトイレも出ておりますから、トイレにブラシを置く必要もな
くなりました。

又、高断熱浴槽も、ユニットバスに交換する場合はほとんどが対象になります 。

以上のことから限られた予算でのリフォームは、窓とトイレとお風呂を先行し
て交換されるといいと思います。

3)注意点
国の予算年度は3月末ですが、住宅エコポイントは、平成23年の12月31
日までに着工しなければなりません。

ということは、新築の場合は10月末までには契約しておかなければ間に合わ
なくなる可能性がありますので、余裕を持って進めていく必要があります。

4)帯広市のお得情報
帯広市は、子育て世代の定住誘導と省エネ住宅の建設促進を目的にして、今年
度予算総額4千万円を組み、帯広市内で住宅を新築した場合に一戸当たり40
万円を補助する制度をスタートさせます。

補助金は、地域振興券ですが、家具や家電の購入に充てると助かりますね。

ただし、建築主の夫婦いずれかが39歳以下までの世帯で、ローンの借入金が
1200万円以上あること。

そして、北方型住宅の基準に沿った住宅でなければなりません。
以上が今回のメルマガの情報でしたがご理解いただけたでしょうか。
もしご質問などがありましたら遠慮しないでメールをください。
shiawaseni@homesouken.co.jpまでどうぞ。


□■ おわりに

今回も最後までお付き合いくださいまして、有難うございました。

はっぴーとーく&メルマガに関するご意見ご要望、感想、ホームページに関す
るご意見などございましたら下記のアドレスまでどしどしお寄せ下さい!

五十嵐豊 igarashi@homesouken.co.jp までどうぞ。
次回のメルマガは4月1日に送信予定です。

ありがとうございました。

---------------------------
四葉のハートは幸せ家庭を創ります。
株式会社 ホーム創建
帯広市西5条南31丁目1番地50
TEL 0155-26-1007 FAX:0155-26-1008
http://www.homesouken.co.jp

●購読解除は以下のページでお願いします。
http://www.homesouken.co.jp/melmaga.html

 


   
Vol.01 間取りの話 2004年4月29日発行  Vol.02 家のデザイン 2004年5月25日発行 
Vol.03 高断熱高気密の家は夏も暑い!?
2004年6月18日発行 
Vol.04 住宅金融公庫の金利が大幅に上がりそう!
2004年6月25日発行
 
Vol.05 高断熱高気密の家は夏も暑い!?その2
2004年7月2日発行 
Vol.06 外装材と維持管理
2004年7月29日発行 
Vol.07 住宅の依頼先
2004年8月27日発行 
Vol.08 マイホームとその費用
2004年9月22日発行 
Vol.09 抗酸化工法と住宅新築
2004年10月28日発行 
Vol.10 低価格と高価格の錯覚
2004年11月25日発行 
Vol.11 値引きの罠
2004年12月24日発行 
Vol.12 値引きの罠その2
2005年1月31日発行 
Vol.13 大工さんの雇用形態
2005年2月28日発行 
Vol.14 良い大工さんに建ててもらうためには
2005年3月31日発行 
Vol.15 建築工事と家の位置
2005年5月12日発行 
Vol.16 十勝の基礎と地盤調査
2005年6月13日発行 
Vol.17 基礎工事のチェックポイント
2005年7月11日発行 
Vol.18 木工事のチェックポイント土台編
2005年8月21日発行 
Vol.19 木工事のチェックポイント床作り編
2005年9月5日発行 
Vol20 木工事のチェックポイント小屋組編
2005年9月27日発行 
Vol.21 私が住宅建築業界へ入るきっかけ
2005年10月6日発行 
Vol.22 断熱材とその施工
2005年11月22日発行 
Vol.23 断熱材とその施工2
2005年12月15日発行 
Vol.24 気密測定
2005年12月31日発行 
Vol.25 電気配線
2006年2月7日発行 
Vol.26 造作工事
2006年4月11日発行 
Vol.27 屋根の勾配を考える
2006年6月12日発行 
Vol.28 屋根材の種類と耐久性
2006年6月23日発行 
Vol.29 契約
2006年7月28日発行 
Vol.30 モルタル外壁と通気層
2006年9月8日発行 
Vol.31 造作工事と大工の仕事
2006年10月13日発行 
Vol.32 家具と造作
2006年11月17日発行 
Vol.33 住宅の仕上げ
2006年12月8日発行 
Vol.34 耐震と抑震
2007年3月9日発行 

Vol.35 建築業者の選び方1
2007年7月6日発行 

Vol.36 建築業者の選び方2
2007年9月13日発行 

Vol.1 シックハウス対策
2008年4月1日発行(2008年4月から新形態になりました)

Vol.2 エコ製品と灯油消費量
2008年5月1日発行

Vol.3 エコキュート
2008年6月1日発行

Vol.4 2008年北海道エコ動向
2008年7月1日発行

Vol.5 断熱仕様と暖房、給湯設備
2008年8月1日発行

Vol.6 太陽光発電
2008年9月1日発行

Vol.7 高気密住宅での火災
2008年10月1日発行

Vol.8 家づくりの資金計画
2008年11月1日発行

Vol.9 2009年の住宅動向
2008年12月1日発行

Vol.10 防火性能偽装問題
2009年2月1日発行

Vol.11 創業12年を振り返って
2009年3月1日発行

Vol.12 抗酸化工法
2009年4月1日発行

Vol.13 長期優良住宅
2009年5月1日発行

Vol.14長期優良住宅2
2009年6月1日発行

Vol.15 失敗しない家づくりのためのスケジュール
2009年7月1日発行

Vol.16 住宅業者の選び方
2009年8月1日発行

Vol.17 十勝の冬の工事
2009年9月1日発行

Vol.18 十勝の冬の基礎工事
2009年10月1日発行

Vol.19 住宅建築計画の思わぬ障害
2009年11月1日発行

Vol.20 お引き渡しのあとで..
2009年12月1日発行

Vol.21 明けましておめでとうございます
2010年1月1日発行

Vol.22 住宅版エコポイント
2010年2月1日発行

Vol.23 賢いリフォーム業者選択術1
2010年3月2日発行

Vol.24 賢いリフォーム業者選択術2
2010年4月1日発行

Vol.25 賢いリフォーム業者選択術3
2010年5月6日発行

Vol.26 リフォームと確認申請
2010年6月2日発行

Vol.27 リフォーム補助金
2010年7月1日発行

Vol.28 リフォームと現場での注意事項
2010年8月2日発行

Vol.29 リフォームおとく情報
2010年9月1日発行

Vol.30 太陽光発電とエコ
2010年10月1日発行

Vol.31 リフォームとエコポイント
2010年11月1日発行

Vol.32 家づくりのスタート
2010年12月1日発行

Vol.33 マイホーム資金計画
2011年1月6日発行

Vol.34 マイホーム資金計画2
2011年2月2日発行

Vol.35 2011年お得情報
2011年3月2日発行

Vol.36 東日本大震災
2011年4月2日発行

Vol.37 新築と土地
2011年5月6日発行

Vol.38 諸手続きと書類について
2011年6月2日発行

Vol.39省エネの工夫
2011年7月1日発行

Vol.40アパート家賃と住宅ローン
2011年8月1日発行

Vol.41 Q1.0住宅からQ1.0X住宅へ〜第1話〜
2011年9月1日発行

Vol.42 Q1.0住宅からQ1.0X住宅へ〜第2話〜
2011年10月1日発行

Vol.43 Q1.0住宅からQ1.0X住宅へ〜第3話〜
2011年11月1日発行

Vol.44 Q1.0X住宅の設備機器について
2011年12月1日発行

Vol.45 実際に弊社で建築した「Q1.0X」住宅の仕様
2012年1月10日発行

Vol.46 今年度の国からの補助金事業
2012年2月1日発行

Vol.47 寒冷地の断熱基準について
2012年3月1日発行

Vol.48 スマートハウスについて
2012年4月1日発行

Vol.49 住宅性能とランニングコスト
2012年6月1日発行

Vol.50 実際の光熱費支出を調査
2012年7月1日発行

Vol.51 消費税アップとマイホーム
2012年8月1日発行

Vol.52 今後の省エネ政策と予想
2012年9月1日発行

Vol.53 中古住宅とリフォーム
2012年10月1日発行

Vol.54 シックハウスとその対策
2012年11月1日発行

Vol.55 エコハウス宣言
2012年12月1日発行

Vol.56 住宅新聞の紙面から、お役立ち情報
2013年1月1日発行

Vol.57 太陽光発電に関する最近の状況
2013年2月1日発行

Vol.58 難しい住宅ローン金利の特徴
2013年3月1日発行

Vol.59 増税に向けたお金の話
2013年4月1日発行

Vol.60 国、帯広市の補助金について
2013年5月1日発行

Vol.61 エアコンの効率的な活用法と工夫
2013年6月1日発行

Vol.62 住宅の配置と外構計画
2013年7月1日発行

Vol.63 玄関まわりの間取り計画
2013年8月1日発行

Vol.64 リビングの間取り計画
2013年9月1日発行

Vol.65 ダイニングの間取り計画
2013年10月1日発行

Vol.66 キッチンまわりの間取り計画
2013年11月1日発行

Vol.67 2014年の税制について
2013年12月1日発行

Vol.68 洗面・脱衣・浴室の計画
2014年1月1日発行

Vol.69 トイレの寸法と計画
2014年2月1日発行

Vol.70 和室について
2014年3月1日発行

Vol.71 寝室について
2014年4月1日発行

Vol.72 平成26年度 建築関連の補助金制度 その1
2014年5月1日発行

Vol.73 平成26年度 建築関連の補助金制度 その2
2014年6月1日発行

Vol.74 平成26年度 建築関連の補助金制度 その3
2014年7月1日発行

Vol.75 子供部屋について
2014年8月1日発行

Vol.76 失敗しない家づくりの流れ その1
2014年9月1日発行

このページでは、最新号の1つ前の号までバックナンバーを公開しています。
最新号が読める無料読者登録はこちらからどうぞ。