このページでは、メルマガ「知らないと損をする?家づくりのポイント」のバックナンバーを公開しています。
最新のコラムが読みたい!という場合はメルマガの読者登録をこちらからどうぞ。



■ホーム創建メルマガニュースレター http://www.homesouken.co.jp/■□■
□■ はっぴーとーく 2010年12月号 & ■□
■□■ 知らないと損をする!?家づくりのポイント ■

みなさんこんにちは、ホーム創建の五十嵐です。

11月の十勝は特に後半寒い日が続きましたね。
今年の根雪はいつになるのか・・日もあっという間に暮れてしまうこの季節、
体調には十分注意したいものです。

●阿部社長のメルマガ「知らないと損をする!?家づくりのポイント」第32号

家づくりやリフォームについて考え始めるきっかけは、意外とお正月の家族と
の会話からという方が多いようです。

年越しにごちそうを食べ、酔った勢いで
「来年は家を建てるぞ〜」「来年こそリフォームして、ゆっくりとお風呂に入
るぞ〜」
なんて、勢いで口に出したら家族みんなで「ヤッタ〜!」なんてことになるの
が意外と真実かもしれませんね。

そして、元旦の神社へ行き、
「今年こそはマイホームが手に入りますように」
「今年こそきれいな台所にリフォームできますように」
「今年こそ、大きなお風呂にリフォームできますように」
などと神様にお願いする方も多いかもしれませんね。

家づくりにおいても、リフォームにおいても、最も大切なことはなにか?
それは実は家族全員の同意ではないでしょうか。

したがって、お正月こそ家族会話、家族会議にもってこいの時期はありません 。
この期間に家族みんなの要望を聴いて、まとめておく必要があります。

実際モデルハウスを見たり、住宅雑誌をみると、家づくりやリフォームに関す
る情報が盛りだくさんにありますから、うまくまとめないと優先順位を見失っ
てしまい予算オーバーどころか、途中で挫折なんてことにもなりかねません。

そこで皆様にご提案したいのは「家づくりノート」の作成です。

まずは、文房具店へ行き、クリアファイルを閉じることができるバインダーと
専用ノート、そしてクリアファイルを購入してきます。

表紙には、『○○家 夢のマイホーム取得ノート』、『○○家夢実現プロジェ
クト』等と大きくきれいな文字で記入します。

トップページには、ゴールとしての「目標」を具体的に記入しましょう。
目標は、引っ越しの年月日と家族の笑顔写真です。

そして、そのノートに家族全員の要望を記入してきます。
できる、できないは別として、皆さんの夢とその部屋や設備で何をしたいのか
を記入していきます。

実は、家づくりやリフォームにおいて「その部屋で、その設備で何をしたいの
か?」がとても重要になってきます。

多分この家族会議に費やす時間はとても楽しくて、家族の間でも「えー、そん
なこと考えてたの」なんてことになり、意外な一面が見えるかもしれませんね 。

そして、家族会議が終わったら、具体的な行動に入ります。
まずは、モデルハウス見学や現場見学会、ホームページなどで自分たちに相性
がよさそうな会社を探して行きましょう。

そして何よりも家づくりで失敗の無い行動は、友人や知人で最近家を建てた人
の家に遊びに行き、まずはその家を褒めること。
その後いろいろ会話して
「ところで、この建築会社のどこが良かったの?何件の会社と比較したの?比
較検討して、一番ダメだと思った会社とその理由、一番良かった会社は?結局
この家を建てた業者さんで悔いはないの?」なんていろいろと質問していきま
す。

特に、失敗したところを聴きだすと、それが後ほど大変良い情報として参考に
なります。

もし、この時点で「とにかくこの会社はいいよ」と建てた会社を褒めてくれた
なら、ぜひとも担当者を紹介してもらってください。

紹介があると、それだけで最初からざっくばらんに良い情報を手に入れること
ができます。

ただし、友人には「自分たちとしては初めての家づくりだから紹介してもらっ
ても、他社とも比較検討はするよ」と言っておけばいいでしょう。

紹介していただいた担当者にも「紹介していただきましたが、ほかにも数社検
討をさせていただきます」と伝えておけば他の会社の見学会にも堂々と足を運
べます。

デパートの地下で、試食をするのと同じように、気に入るかどうかは食べてい
なければわからない。

でも、住宅は出来てからキャンセルができない。
そうであれば、最初は数社に声をかけていくことは何ら問題ないのですから。

とういうわけで、家づくりのスタートが始まります。

次回はまた、この続きを。

□■ おわりに

今回も最後までお付き合いくださいまして、有難うございました。
今号をもちまして2010年のメルマガは最後となります。

今年も1年間、ホーム創建とリフォーム倶楽部をご愛顧いただきありがとうご
ざいました。
来年もまたどうぞよろしくお願いいたします。

なお誠に勝手ながら12月30日から1月5日は年末年始休業とさせていただ
き、新年の営業は1月6日午後からとなります。
はっぴーとーく&メルマガに関するご意見ご要望、感想、ホームページに関す
るご意見などございましたら下記のアドレスまでどしどしお寄せ下さい!

それでは師走、クリスマスや年末年始、お正月を楽しくお過ごしください。
ありがとうございました。

---------------------------
四葉のハートは幸せ家庭を創ります。
株式会社 ホーム創建
帯広市西5条南31丁目1番地50
TEL 0155-26-1007 FAX:0155-26-1008
http://www.homesouken.co.jp

●購読解除は以下のページでお願いします。
http://www.homesouken.co.jp/melmaga.html

 


   
Vol.01 間取りの話 2004年4月29日発行  Vol.02 家のデザイン 2004年5月25日発行 
Vol.03 高断熱高気密の家は夏も暑い!?
2004年6月18日発行 
Vol.04 住宅金融公庫の金利が大幅に上がりそう!
2004年6月25日発行
 
Vol.05 高断熱高気密の家は夏も暑い!?その2
2004年7月2日発行 
Vol.06 外装材と維持管理
2004年7月29日発行 
Vol.07 住宅の依頼先
2004年8月27日発行 
Vol.08 マイホームとその費用
2004年9月22日発行 
Vol.09 抗酸化工法と住宅新築
2004年10月28日発行 
Vol.10 低価格と高価格の錯覚
2004年11月25日発行 
Vol.11 値引きの罠
2004年12月24日発行 
Vol.12 値引きの罠その2
2005年1月31日発行 
Vol.13 大工さんの雇用形態
2005年2月28日発行 
Vol.14 良い大工さんに建ててもらうためには
2005年3月31日発行 
Vol.15 建築工事と家の位置
2005年5月12日発行 
Vol.16 十勝の基礎と地盤調査
2005年6月13日発行 
Vol.17 基礎工事のチェックポイント
2005年7月11日発行 
Vol.18 木工事のチェックポイント土台編
2005年8月21日発行 
Vol.19 木工事のチェックポイント床作り編
2005年9月5日発行 
Vol20 木工事のチェックポイント小屋組編
2005年9月27日発行 
Vol.21 私が住宅建築業界へ入るきっかけ
2005年10月6日発行 
Vol.22 断熱材とその施工
2005年11月22日発行 
Vol.23 断熱材とその施工2
2005年12月15日発行 
Vol.24 気密測定
2005年12月31日発行 
Vol.25 電気配線
2006年2月7日発行 
Vol.26 造作工事
2006年4月11日発行 
Vol.27 屋根の勾配を考える
2006年6月12日発行 
Vol.28 屋根材の種類と耐久性
2006年6月23日発行 
Vol.29 契約
2006年7月28日発行 
Vol.30 モルタル外壁と通気層
2006年9月8日発行 
Vol.31 造作工事と大工の仕事
2006年10月13日発行 
Vol.32 家具と造作
2006年11月17日発行 
Vol.33 住宅の仕上げ
2006年12月8日発行 
Vol.34 耐震と抑震
2007年3月9日発行 

Vol.35 建築業者の選び方1
2007年7月6日発行 

Vol.36 建築業者の選び方2
2007年9月13日発行 

Vol.1 シックハウス対策
2008年4月1日発行(2008年4月から新形態になりました)

Vol.2 エコ製品と灯油消費量
2008年5月1日発行

Vol.3 エコキュート
2008年6月1日発行

Vol.4 2008年北海道エコ動向
2008年7月1日発行

Vol.5 断熱仕様と暖房、給湯設備
2008年8月1日発行

Vol.6 太陽光発電
2008年9月1日発行

Vol.7 高気密住宅での火災
2008年10月1日発行

Vol.8 家づくりの資金計画
2008年11月1日発行

Vol.9 2009年の住宅動向
2008年12月1日発行

Vol.10 防火性能偽装問題
2009年2月1日発行

Vol.11 創業12年を振り返って
2009年3月1日発行

Vol.12 抗酸化工法
2009年4月1日発行

Vol.13 長期優良住宅
2009年5月1日発行

Vol.14長期優良住宅2
2009年6月1日発行

Vol.15 失敗しない家づくりのためのスケジュール
2009年7月1日発行

Vol.16 住宅業者の選び方
2009年8月1日発行

Vol.17 十勝の冬の工事
2009年9月1日発行

Vol.18 十勝の冬の基礎工事
2009年10月1日発行

Vol.19 住宅建築計画の思わぬ障害
2009年11月1日発行

Vol.20 お引き渡しのあとで..
2009年12月1日発行

Vol.21 明けましておめでとうございます
2010年1月1日発行

Vol.22 住宅版エコポイント
2010年2月1日発行

Vol.23 賢いリフォーム業者選択術1
2010年3月2日発行

Vol.24 賢いリフォーム業者選択術2
2010年4月1日発行

Vol.25 賢いリフォーム業者選択術3
2010年5月6日発行

Vol.26 リフォームと確認申請
2010年6月2日発行

Vol.27 リフォーム補助金
2010年7月1日発行

Vol.28 リフォームと現場での注意事項
2010年8月2日発行

Vol.29 リフォームおとく情報
2010年9月1日発行

Vol.30 太陽光発電とエコ
2010年10月1日発行

Vol.31 リフォームとエコポイント
2010年11月1日発行

Vol.32 家づくりのスタート
2010年12月1日発行

Vol.33 マイホーム資金計画
2011年1月6日発行

Vol.34 マイホーム資金計画2
2011年2月2日発行

Vol.35 2011年お得情報
2011年3月2日発行

Vol.36 東日本大震災
2011年4月2日発行

Vol.37 新築と土地
2011年5月6日発行

Vol.38 諸手続きと書類について
2011年6月2日発行

Vol.39省エネの工夫
2011年7月1日発行

Vol.40アパート家賃と住宅ローン
2011年8月1日発行

Vol.41 Q1.0住宅からQ1.0X住宅へ〜第1話〜
2011年9月1日発行

Vol.42 Q1.0住宅からQ1.0X住宅へ〜第2話〜
2011年10月1日発行

Vol.43 Q1.0住宅からQ1.0X住宅へ〜第3話〜
2011年11月1日発行

Vol.44 Q1.0X住宅の設備機器について
2011年12月1日発行

Vol.45 実際に弊社で建築した「Q1.0X」住宅の仕様
2012年1月10日発行

Vol.46 今年度の国からの補助金事業
2012年2月1日発行

Vol.47 寒冷地の断熱基準について
2012年3月1日発行

Vol.48 スマートハウスについて
2012年4月1日発行

Vol.49 住宅性能とランニングコスト
2012年6月1日発行

Vol.50 実際の光熱費支出を調査
2012年7月1日発行

Vol.51 消費税アップとマイホーム
2012年8月1日発行

Vol.52 今後の省エネ政策と予想
2012年9月1日発行

Vol.53 中古住宅とリフォーム
2012年10月1日発行

Vol.54 シックハウスとその対策
2012年11月1日発行

Vol.55 エコハウス宣言
2012年12月1日発行

Vol.56 住宅新聞の紙面から、お役立ち情報
2013年1月1日発行

Vol.57 太陽光発電に関する最近の状況
2013年2月1日発行

Vol.58 難しい住宅ローン金利の特徴
2013年3月1日発行

Vol.59 増税に向けたお金の話
2013年4月1日発行

Vol.60 国、帯広市の補助金について
2013年5月1日発行

Vol.61 エアコンの効率的な活用法と工夫
2013年6月1日発行

Vol.62 住宅の配置と外構計画
2013年7月1日発行

Vol.63 玄関まわりの間取り計画
2013年8月1日発行

Vol.64 リビングの間取り計画
2013年9月1日発行

Vol.65 ダイニングの間取り計画
2013年10月1日発行

Vol.66 キッチンまわりの間取り計画
2013年11月1日発行

Vol.67 2014年の税制について
2013年12月1日発行

Vol.68 洗面・脱衣・浴室の計画
2014年1月1日発行

Vol.69 トイレの寸法と計画
2014年2月1日発行

Vol.70 和室について
2014年3月1日発行

Vol.71 寝室について
2014年4月1日発行

Vol.72 平成26年度 建築関連の補助金制度 その1
2014年5月1日発行

Vol.73 平成26年度 建築関連の補助金制度 その2
2014年6月1日発行

Vol.74 平成26年度 建築関連の補助金制度 その3
2014年7月1日発行

Vol.75 子供部屋について
2014年8月1日発行

Vol.76 失敗しない家づくりの流れ その1
2014年9月1日発行

このページでは、最新号の1つ前の号までバックナンバーを公開しています。
最新号が読める無料読者登録はこちらからどうぞ。