このページでは、メルマガ「知らないと損をする?家づくりのポイント」のバックナンバーを公開しています。
最新のコラムが読みたい!という場合はメルマガの読者登録をこちらからどうぞ。



■ホーム創建メルマガニュースレター http://www.homesouken.co.jp/
□■ はっぴーとーく 2010年4月号 & ■□
■□■ 知らないと損をする!?家づくりのポイント ■

みなさんこんにちは、ホーム創建の五十嵐です。
長かったゴールデンウィークも終わり、いよいよ春本番の十勝。

道ばたのたんぽぽが咲き始め、なんだかわくわくする季節です。
みなさんいかがお過ごしでしょうか。
ホーム創建は4月末が決算のため、5月はなんとなく新年度…社内もなんとな
くフレッシュな気分です。

そんなホーム創建から今月のはっぴーとーくをお届けします。


●阿部社長のメルマガ「知らないと損をする!?家づくりのポイント」第25号

メルマガ読者の皆様お元気ですか。

今年の冬から春にかけては、暖かくなったり寒くなったりと不自然な天気が続
きましたね。

そういう天気の中5月4日の勝毎新聞に、桜の花が開花して記事が出ていまし
た。
すでに咲いたのは、森下医院さんの庭だそうです 。

良かったら見に行ってください。
ちなみに帯広の開花予想は11日で、平年より4日遅れだそうです。

さて、今月のメルマガですが、3月号4月号に続いてリフォームの業者選びを
お伝えしていきます。
先月号で、家電量販店やホームセンターでのリフォームはダメと言う理由を書
きました。

明確にそんなことを書くと訴えられそうですが、それにはしっかりとした理由
も書いたつもりです。

このメルマガをお読みの皆さんはその辺をお分かりいただけると信じています。

ところで、3月号にもうひとつ気になることが書いてありましたが覚えておい
ででしょうか。

それは、専門業者もダメという文章のことです。

専門業者とは、塗装会社、左官業者、電気工事業者、大工さんなどなど建築工
事の下請けをされている専門工事業者さんのことです。

「なぜダメなの。ホーム創建だって専門業者を使っているじゃない。」と言う
声が聞こえてきそうですが、その辺は業界の裏話をさせていただくので内緒の
話と思ってください。

実は、専門業者は安い。
そのとおりなんです。

私たちに依頼すると、工事管理費をいただかなくてはなりません。
それは、監督さんや営業マンの給料が必要だからであるし、工事完了後のアフ
ターメンテナンスにも費用が発生するため利益をしっかりと確保しておく必要
があるからです。

専門業者が当社に1万円の見積を提出したら、当社はそれに利益を加え、お客
様に1万2千円で見積を出します。

お客様が専門業者に直接見積を出すように依頼します。
すると専門業者さんは1万1千円で見積もりだすでしょう。
当社よりは高いけれど、建築業者よりは安い金額です。
そして、お客様は10%も安いからと言って工事を注文します。
そこまではOKです。

しかし、専門業者さんとお客様の付き合いは一度きりなんです。
私たちは専門業者とは継続して取引しております。
つまり、利幅は薄いけれど、彼らの売上を継続して面倒診ているわけです。こ
こに力関係が発生します。

工事終了後にクレームが発生しても、一回こっきりの取引だと「ハイ、それま
〜でよ。♪」となるわけです。

全ての業者さんがそうだとは言いませんが、いつも仕事をくれる元請さんと一
回こっきりのお客様ではどちらを大事にしてくれるでしょうか?言うまでもあ
りませんね。

又、お客様は素人ですから、総合的な判断はできません。
例えばスガ漏りなんかは典型で、屋根の板金のせいだと思い、屋根板金業者さ
んに工事を依頼します。

二三年は大丈夫かもしれませんが、一定期間を過ぎると必ず同じように発生し
ます。

それは、スガ洩れの原因は板金のせいではないからです。
ところが、それを知らない屋根板金業者さんがまだ多いのも事実です。

断熱や気密、小屋裏換気の問題だと最初に理解していると、工事そのものが違
ってきます。


そして、リフォームの場合は、工事中に「これもお願い、あれもお願い」と必
ずといってよいほど違う部分が気になり、工事をしたくなります。

その時に専門業者さんは私たちとおなじように、他の下請け専門業者を使うこ
とになります。

結局そこでも利益を取りますから、最後には同じような価格になってしますの
です。


いかがでしょうか。
リフォーム業者の選び方、地域に根ざした工務店が一番良いと言うことが理解
できましたでしょうか。
それでは今月はこの辺でお仕舞いです。
ありがとうございました。



□■ おわりに
今回も最後までお付き合いくださいまして、有難うございました。
次回メルマガは6月1日送信予定となりますので、どうぞよろしくお願いいた
します。

はっぴーとーく&メルマガに関するご意見ご要望、感想、ホームページに関す
るご意見などございましたら下記のアドレスまでどしどしお寄せ下さい!

五十嵐豊 igarashi@homesouken.co.jp までどうぞ。
春とはいえ寒い日も続きます。
どうぞ体調管理に気をつけて楽しい日々をお過ごし下さい。

---------------------------
四葉のハートは幸せ家庭を創ります。
株式会社 ホーム創建
帯広市西5条南31丁目1番地50
TEL 0155-26-1007 FAX:0155-26-1008
http://www.homesouken.co.jp

●購読解除は以下のページでお願いします。
http://www.homesouken.co.jp/melmaga.html

 


   
Vol.01 間取りの話 2004年4月29日発行  Vol.02 家のデザイン 2004年5月25日発行 
Vol.03 高断熱高気密の家は夏も暑い!?
2004年6月18日発行 
Vol.04 住宅金融公庫の金利が大幅に上がりそう!
2004年6月25日発行
 
Vol.05 高断熱高気密の家は夏も暑い!?その2
2004年7月2日発行 
Vol.06 外装材と維持管理
2004年7月29日発行 
Vol.07 住宅の依頼先
2004年8月27日発行 
Vol.08 マイホームとその費用
2004年9月22日発行 
Vol.09 抗酸化工法と住宅新築
2004年10月28日発行 
Vol.10 低価格と高価格の錯覚
2004年11月25日発行 
Vol.11 値引きの罠
2004年12月24日発行 
Vol.12 値引きの罠その2
2005年1月31日発行 
Vol.13 大工さんの雇用形態
2005年2月28日発行 
Vol.14 良い大工さんに建ててもらうためには
2005年3月31日発行 
Vol.15 建築工事と家の位置
2005年5月12日発行 
Vol.16 十勝の基礎と地盤調査
2005年6月13日発行 
Vol.17 基礎工事のチェックポイント
2005年7月11日発行 
Vol.18 木工事のチェックポイント土台編
2005年8月21日発行 
Vol.19 木工事のチェックポイント床作り編
2005年9月5日発行 
Vol20 木工事のチェックポイント小屋組編
2005年9月27日発行 
Vol.21 私が住宅建築業界へ入るきっかけ
2005年10月6日発行 
Vol.22 断熱材とその施工
2005年11月22日発行 
Vol.23 断熱材とその施工2
2005年12月15日発行 
Vol.24 気密測定
2005年12月31日発行 
Vol.25 電気配線
2006年2月7日発行 
Vol.26 造作工事
2006年4月11日発行 
Vol.27 屋根の勾配を考える
2006年6月12日発行 
Vol.28 屋根材の種類と耐久性
2006年6月23日発行 
Vol.29 契約
2006年7月28日発行 
Vol.30 モルタル外壁と通気層
2006年9月8日発行 
Vol.31 造作工事と大工の仕事
2006年10月13日発行 
Vol.32 家具と造作
2006年11月17日発行 
Vol.33 住宅の仕上げ
2006年12月8日発行 
Vol.34 耐震と抑震
2007年3月9日発行 

Vol.35 建築業者の選び方1
2007年7月6日発行 

Vol.36 建築業者の選び方2
2007年9月13日発行 

Vol.1 シックハウス対策
2008年4月1日発行(2008年4月から新形態になりました)

Vol.2 エコ製品と灯油消費量
2008年5月1日発行

Vol.3 エコキュート
2008年6月1日発行

Vol.4 2008年北海道エコ動向
2008年7月1日発行

Vol.5 断熱仕様と暖房、給湯設備
2008年8月1日発行

Vol.6 太陽光発電
2008年9月1日発行

Vol.7 高気密住宅での火災
2008年10月1日発行

Vol.8 家づくりの資金計画
2008年11月1日発行

Vol.9 2009年の住宅動向
2008年12月1日発行

Vol.10 防火性能偽装問題
2009年2月1日発行

Vol.11 創業12年を振り返って
2009年3月1日発行

Vol.12 抗酸化工法
2009年4月1日発行

Vol.13 長期優良住宅
2009年5月1日発行

Vol.14長期優良住宅2
2009年6月1日発行

Vol.15 失敗しない家づくりのためのスケジュール
2009年7月1日発行

Vol.16 住宅業者の選び方
2009年8月1日発行

Vol.17 十勝の冬の工事
2009年9月1日発行

Vol.18 十勝の冬の基礎工事
2009年10月1日発行

Vol.19 住宅建築計画の思わぬ障害
2009年11月1日発行

Vol.20 お引き渡しのあとで..
2009年12月1日発行

Vol.21 明けましておめでとうございます
2010年1月1日発行

Vol.22 住宅版エコポイント
2010年2月1日発行

Vol.23 賢いリフォーム業者選択術1
2010年3月2日発行

Vol.24 賢いリフォーム業者選択術2
2010年4月1日発行

Vol.25 賢いリフォーム業者選択術3
2010年5月6日発行

Vol.26 リフォームと確認申請
2010年6月2日発行

Vol.27 リフォーム補助金
2010年7月1日発行

Vol.28 リフォームと現場での注意事項
2010年8月2日発行

Vol.29 リフォームおとく情報
2010年9月1日発行

Vol.30 太陽光発電とエコ
2010年10月1日発行

Vol.31 リフォームとエコポイント
2010年11月1日発行

Vol.32 家づくりのスタート
2010年12月1日発行

Vol.33 マイホーム資金計画
2011年1月6日発行

Vol.34 マイホーム資金計画2
2011年2月2日発行

Vol.35 2011年お得情報
2011年3月2日発行

Vol.36 東日本大震災
2011年4月2日発行

Vol.37 新築と土地
2011年5月6日発行

Vol.38 諸手続きと書類について
2011年6月2日発行

Vol.39省エネの工夫
2011年7月1日発行

Vol.40アパート家賃と住宅ローン
2011年8月1日発行

Vol.41 Q1.0住宅からQ1.0X住宅へ〜第1話〜
2011年9月1日発行

Vol.42 Q1.0住宅からQ1.0X住宅へ〜第2話〜
2011年10月1日発行

Vol.43 Q1.0住宅からQ1.0X住宅へ〜第3話〜
2011年11月1日発行

Vol.44 Q1.0X住宅の設備機器について
2011年12月1日発行

Vol.45 実際に弊社で建築した「Q1.0X」住宅の仕様
2012年1月10日発行

Vol.46 今年度の国からの補助金事業
2012年2月1日発行

Vol.47 寒冷地の断熱基準について
2012年3月1日発行

Vol.48 スマートハウスについて
2012年4月1日発行

Vol.49 住宅性能とランニングコスト
2012年6月1日発行

Vol.50 実際の光熱費支出を調査
2012年7月1日発行

Vol.51 消費税アップとマイホーム
2012年8月1日発行

Vol.52 今後の省エネ政策と予想
2012年9月1日発行

Vol.53 中古住宅とリフォーム
2012年10月1日発行

Vol.54 シックハウスとその対策
2012年11月1日発行

Vol.55 エコハウス宣言
2012年12月1日発行

Vol.56 住宅新聞の紙面から、お役立ち情報
2013年1月1日発行

Vol.57 太陽光発電に関する最近の状況
2013年2月1日発行

Vol.58 難しい住宅ローン金利の特徴
2013年3月1日発行

Vol.59 増税に向けたお金の話
2013年4月1日発行

Vol.60 国、帯広市の補助金について
2013年5月1日発行

Vol.61 エアコンの効率的な活用法と工夫
2013年6月1日発行

Vol.62 住宅の配置と外構計画
2013年7月1日発行

Vol.63 玄関まわりの間取り計画
2013年8月1日発行

Vol.64 リビングの間取り計画
2013年9月1日発行

Vol.65 ダイニングの間取り計画
2013年10月1日発行

Vol.66 キッチンまわりの間取り計画
2013年11月1日発行

Vol.67 2014年の税制について
2013年12月1日発行

Vol.68 洗面・脱衣・浴室の計画
2014年1月1日発行

Vol.69 トイレの寸法と計画
2014年2月1日発行

Vol.70 和室について
2014年3月1日発行

Vol.71 寝室について
2014年4月1日発行

Vol.72 平成26年度 建築関連の補助金制度 その1
2014年5月1日発行

Vol.73 平成26年度 建築関連の補助金制度 その2
2014年6月1日発行

Vol.74 平成26年度 建築関連の補助金制度 その3
2014年7月1日発行

Vol.75 子供部屋について
2014年8月1日発行

Vol.76 失敗しない家づくりの流れ その1
2014年9月1日発行

このページでは、最新号の1つ前の号までバックナンバーを公開しています。
最新号が読める無料読者登録はこちらからどうぞ。