このページでは、メルマガ「知らないと損をする?家づくりのポイント」のバックナンバーを公開しています。
最新のコラムが読みたい!という場合はメルマガの読者登録をこちらからどうぞ。



■ホーム創建メルマガニュースレター http://www.homesouken.co.jp/■□■
□■ はっぴーとーく 2009年8月号 & ■□
■□■ 知らないと損をする!?家づくりのポイント ■

皆様こんにちは!ホーム創建の本間でございます。

夏真っ盛り!と言いたいところですが、今年はあまりお日様が顔を出してくれませんね。

農家さんも天気の良い日を心待ちにしていると思いますが、
私もじりじりと焼けるような日差しが待ち遠しいです!

暑いのはきつい!と思うこともありますが、北海道の短い夏を満喫するためにも、暑さを思う存分楽しみたいと思います!! 

●阿部社長のメルマガ「知らないと損をする!?家づくりのポイント」第16号

今年の夏は、長雨と日々の気温差に悩まされますね。

それでも一生に一度の最大のお買い物、マイホーム取得計画をお持ちの皆さんは元気にワクワクしながら現場見学会へ出かけていることと思います。

前号では、自分でチェックした会社へいきなり訪問し、会社の雰囲気や担当者以外の方の接客などをチェックしましょう。

そして、しっかりと安心安全な資金計画をしましょうというお話でした。

今月は、さらに「良い業者」の絞込み方法をお伝えします。

1.現場見学会に行く。
2.担当者を決める。
3.商談開始の会社の第一次絞込み。
4.会社へ訪問し第二次絞込みを行う。
5.資金計画とその対応から第三次絞込みを行う。

こういうような流れでした。

そして、ここまで来たら多分三社ぐらいしか残っていないと思います。

しかし、ここからが難しいですね。どの会社もいいと思うので候補として残っているのですからね。

とりあえず、この段階まで来たら自分たちの要望を伝えて建築プラン図と見積もりを提出してもらいます。

仕様もしっかりと確認します。

見積もりは、建物や外構工事がすべて出来上がり、引越ししてすぐに生活が出来るような状態での見積もりをしてもらいます。

暖房はもちろんのこと、カーテンや照明器具、上下水道・電気・ガスなどの屋外から建物内部への引き込や、諸官庁へ支払う諸々の経費まですべて含んだ見積書です。

よく、同じ図面で数社から見積もりを取ると安く出来ると言う人がいますが、見積者の内容や図面をしっかりと読み込むことが出来る人であればリスクは少なくてすむのですが、素人がそれをすると、建ててから大変困ることがあります。

一番の問題は「安値請負」をしていたためにお客様から頭金をいただいたまま倒産してしまうこと。

完成してからでも自分の家を建ててくれた建築業者が倒産するとメンテナンス費用はすべて自分もちになりますので、結局高い出費となってしまいます。

二番目の問題は、「手抜き工事」です。

安く請け負う→下請けをいじめて安く工事をさせる→手抜きをする場合もありえる。

元請の建築会社が手抜きを指示することはありえないと私は思っていますが、現場監督の工事チェックでも見逃されるようなことはありえるのです。

現に、姉歯事件(耐震偽装事件)のきっかけは、建築会社の安値請負でしたからね。

そして、現実的に多いのが三番目。

工事中の応対が今までとガラッと変わるということです。

今までは、お客様は神様ですというように大切にしてくれていたのが、工事監督に引き継いで工事が始まったとたん工事監督の胸のうちは「利益の出ない工事は監督のオレに責任が負わされる。」「サービス工事なんてとんでもない」「儲からない現場より儲かる現場を優先して監督しよう」と思われてしまうわけです。

脅かすわけではありませんが、人間の心理としてそうなっても仕方がないのです。

ですから、簡単に金額だけで決めるようなまねだけは絶対にしてはいけません。

もう一度言いますが金額で結論を出すことが出来るのは、建築知識が現場監督と同じぐらいにある人だけです。

話を元に戻して、プランと見積書の提示を受けたらどのプランがよいかを優先して検討しましょう。

そして、金額は自分の資金計画と比較して下さい。他社との比較ではありません。仕様も間取りも違うのですから金額が違っていて当たり前なのです。

もちろんどんなに素晴らしいプランでも、自分たちの資金計画でたてた予算を大幅に超えたプランは論外ですが。

次に、迷った時には最後の決め手。
建築会社に言います。

お客様「今、工事中の現場は何件で、何処にありますか?」

営業マン「○○○と×××と△△△です」

お客様「他にはありませんか?」

営業マン「エーと、そうですね。少し遠いですが□□□にもあります。」

お客様「それでは工事中の現場の地図をコピーして下さいませんか?近くを通った時でも覗いてみます。」

営業マン「どうぞ。はい、これが現場地図のコピーです」

という感じですべての現場の地図を頂き、実際の現場を確認に出かけます。
自分の目で見るわけです。

そして現場に行ったら次のチェックをして下さい。

1.車を降りて近くへ行き外から工事現場を観察する。
全体の雰囲気を感じ取る。汚れ、足場の具合。資材の整理整頓状況。

2.現場内の職人さんに声をかける。マナーのチェック。

3.現場内を窓からでいいので見せていただく。
見せてくれるかどうかと現場内の清掃状況の確認

4.仮設トイレを借りる。汚れ具合、大切にトイレを使用しているかどうかのチェックと清掃しているかどうか。

実は、建築会社の考え方のすべてが現場に出てきます。
現場はお客様の家です。

心が入っているかどうかは現場を見ると一目瞭然です。

そして、そこまでチェックして何処の会社にするかを決めましょう。

何度も書きますが、家は失敗したら毎日失敗を悔やんで暮らさなければならない重大なお買い物です。

二千万のお金で悔やむ生活を買うのか幸せな生活を買うのかは、皆様の勇気ある行動次第です。

家族の笑顔が絶えない、いいマイホームづくりをされることをお祈りします。


□■ おわりに

最後までお付き合いくださいまして、有難うございました。
はっぴーとーく&メルマガに関するご意見ご要望、感想などなど

何でも結構です!下記のアドレスまでどしどしお寄せ下さい!

又、こんな情報ほしいな〜、こんなこと調べてみて!などの
ご要望もどんどんお寄せ下さい!

本間智代里 chiyori@homesouken.co.jp までどうぞ。
お待ちしております^^



---------------------------
四葉のハートは幸せ家庭を創ります。
株式会社 ホーム創建
帯広市西5条南31丁目1番地50
TEL 0155-26-1007 FAX:0155-26-1008
http://www.homesouken.co.jp

●購読解除は以下のページでお願いします。
http://www.homesouken.co.jp/melmaga.html

 


   
Vol.01 間取りの話 2004年4月29日発行  Vol.02 家のデザイン 2004年5月25日発行 
Vol.03 高断熱高気密の家は夏も暑い!?
2004年6月18日発行 
Vol.04 住宅金融公庫の金利が大幅に上がりそう!
2004年6月25日発行
 
Vol.05 高断熱高気密の家は夏も暑い!?その2
2004年7月2日発行 
Vol.06 外装材と維持管理
2004年7月29日発行 
Vol.07 住宅の依頼先
2004年8月27日発行 
Vol.08 マイホームとその費用
2004年9月22日発行 
Vol.09 抗酸化工法と住宅新築
2004年10月28日発行 
Vol.10 低価格と高価格の錯覚
2004年11月25日発行 
Vol.11 値引きの罠
2004年12月24日発行 
Vol.12 値引きの罠その2
2005年1月31日発行 
Vol.13 大工さんの雇用形態
2005年2月28日発行 
Vol.14 良い大工さんに建ててもらうためには
2005年3月31日発行 
Vol.15 建築工事と家の位置
2005年5月12日発行 
Vol.16 十勝の基礎と地盤調査
2005年6月13日発行 
Vol.17 基礎工事のチェックポイント
2005年7月11日発行 
Vol.18 木工事のチェックポイント土台編
2005年8月21日発行 
Vol.19 木工事のチェックポイント床作り編
2005年9月5日発行 
Vol20 木工事のチェックポイント小屋組編
2005年9月27日発行 
Vol.21 私が住宅建築業界へ入るきっかけ
2005年10月6日発行 
Vol.22 断熱材とその施工
2005年11月22日発行 
Vol.23 断熱材とその施工2
2005年12月15日発行 
Vol.24 気密測定
2005年12月31日発行 
Vol.25 電気配線
2006年2月7日発行 
Vol.26 造作工事
2006年4月11日発行 
Vol.27 屋根の勾配を考える
2006年6月12日発行 
Vol.28 屋根材の種類と耐久性
2006年6月23日発行 
Vol.29 契約
2006年7月28日発行 
Vol.30 モルタル外壁と通気層
2006年9月8日発行 
Vol.31 造作工事と大工の仕事
2006年10月13日発行 
Vol.32 家具と造作
2006年11月17日発行 
Vol.33 住宅の仕上げ
2006年12月8日発行 
Vol.34 耐震と抑震
2007年3月9日発行 

Vol.35 建築業者の選び方1
2007年7月6日発行 

Vol.36 建築業者の選び方2
2007年9月13日発行 

Vol.1 シックハウス対策
2008年4月1日発行(2008年4月から新形態になりました)

Vol.2 エコ製品と灯油消費量
2008年5月1日発行

Vol.3 エコキュート
2008年6月1日発行

Vol.4 2008年北海道エコ動向
2008年7月1日発行

Vol.5 断熱仕様と暖房、給湯設備
2008年8月1日発行

Vol.6 太陽光発電
2008年9月1日発行

Vol.7 高気密住宅での火災
2008年10月1日発行

Vol.8 家づくりの資金計画
2008年11月1日発行

Vol.9 2009年の住宅動向
2008年12月1日発行

Vol.10 防火性能偽装問題
2009年2月1日発行

Vol.11 創業12年を振り返って
2009年3月1日発行

Vol.12 抗酸化工法
2009年4月1日発行

Vol.13 長期優良住宅
2009年5月1日発行

Vol.14長期優良住宅2
2009年6月1日発行

Vol.15 失敗しない家づくりのためのスケジュール
2009年7月1日発行

Vol.16 住宅業者の選び方
2009年8月1日発行

Vol.17 十勝の冬の工事
2009年9月1日発行

Vol.18 十勝の冬の基礎工事
2009年10月1日発行

Vol.19 住宅建築計画の思わぬ障害
2009年11月1日発行

Vol.20 お引き渡しのあとで..
2009年12月1日発行

Vol.21 明けましておめでとうございます
2010年1月1日発行

Vol.22 住宅版エコポイント
2010年2月1日発行

Vol.23 賢いリフォーム業者選択術1
2010年3月2日発行

Vol.24 賢いリフォーム業者選択術2
2010年4月1日発行

Vol.25 賢いリフォーム業者選択術3
2010年5月6日発行

Vol.26 リフォームと確認申請
2010年6月2日発行

Vol.27 リフォーム補助金
2010年7月1日発行

Vol.28 リフォームと現場での注意事項
2010年8月2日発行

Vol.29 リフォームおとく情報
2010年9月1日発行

Vol.30 太陽光発電とエコ
2010年10月1日発行

Vol.31 リフォームとエコポイント
2010年11月1日発行

Vol.32 家づくりのスタート
2010年12月1日発行

Vol.33 マイホーム資金計画
2011年1月6日発行

Vol.34 マイホーム資金計画2
2011年2月2日発行

Vol.35 2011年お得情報
2011年3月2日発行

Vol.36 東日本大震災
2011年4月2日発行

Vol.37 新築と土地
2011年5月6日発行

Vol.38 諸手続きと書類について
2011年6月2日発行

Vol.39省エネの工夫
2011年7月1日発行

Vol.40アパート家賃と住宅ローン
2011年8月1日発行

Vol.41 Q1.0住宅からQ1.0X住宅へ〜第1話〜
2011年9月1日発行

Vol.42 Q1.0住宅からQ1.0X住宅へ〜第2話〜
2011年10月1日発行

Vol.43 Q1.0住宅からQ1.0X住宅へ〜第3話〜
2011年11月1日発行

Vol.44 Q1.0X住宅の設備機器について
2011年12月1日発行

Vol.45 実際に弊社で建築した「Q1.0X」住宅の仕様
2012年1月10日発行

Vol.46 今年度の国からの補助金事業
2012年2月1日発行

Vol.47 寒冷地の断熱基準について
2012年3月1日発行

Vol.48 スマートハウスについて
2012年4月1日発行

Vol.49 住宅性能とランニングコスト
2012年6月1日発行

Vol.50 実際の光熱費支出を調査
2012年7月1日発行

Vol.51 消費税アップとマイホーム
2012年8月1日発行

Vol.52 今後の省エネ政策と予想
2012年9月1日発行

Vol.53 中古住宅とリフォーム
2012年10月1日発行

Vol.54 シックハウスとその対策
2012年11月1日発行

Vol.55 エコハウス宣言
2012年12月1日発行

Vol.56 住宅新聞の紙面から、お役立ち情報
2013年1月1日発行

Vol.57 太陽光発電に関する最近の状況
2013年2月1日発行

Vol.58 難しい住宅ローン金利の特徴
2013年3月1日発行

Vol.59 増税に向けたお金の話
2013年4月1日発行

Vol.60 国、帯広市の補助金について
2013年5月1日発行

Vol.61 エアコンの効率的な活用法と工夫
2013年6月1日発行

Vol.62 住宅の配置と外構計画
2013年7月1日発行

Vol.63 玄関まわりの間取り計画
2013年8月1日発行

Vol.64 リビングの間取り計画
2013年9月1日発行

Vol.65 ダイニングの間取り計画
2013年10月1日発行

Vol.66 キッチンまわりの間取り計画
2013年11月1日発行

Vol.67 2014年の税制について
2013年12月1日発行

Vol.68 洗面・脱衣・浴室の計画
2014年1月1日発行

Vol.69 トイレの寸法と計画
2014年2月1日発行

Vol.70 和室について
2014年3月1日発行

Vol.71 寝室について
2014年4月1日発行

Vol.72 平成26年度 建築関連の補助金制度 その1
2014年5月1日発行

Vol.73 平成26年度 建築関連の補助金制度 その2
2014年6月1日発行

Vol.74 平成26年度 建築関連の補助金制度 その3
2014年7月1日発行

Vol.75 子供部屋について
2014年8月1日発行

Vol.76 失敗しない家づくりの流れ その1
2014年9月1日発行

このページでは、最新号の1つ前の号までバックナンバーを公開しています。
最新号が読める無料読者登録はこちらからどうぞ。