このページでは、メルマガ「知らないと損をする?家づくりのポイント」のバックナンバーを公開しています。
最新のコラムが読みたい!という場合はメルマガの読者登録をこちらからどうぞ。




■ホーム創建メルマガニュースレター http://www.homesouken.co.jp/■□■
□■ はっぴーとーく 2009年2月号 & ■□
■□■ 知らないと損をする!?家づくりのポイント ■

例年になく気温が高い日が多い今年の冬ですが、
皆様いかがお過ごしですか?

はじめまして、こんにちは!今月号からはっぴーとーくの編集を
担当する事になりました本間智代里と申します!

皆様に楽しくて役に立つ情報をどんどん提供できるように
頑張ってまいりますので、これからどうぞ宜しくお願い致します。

2月は節分にバレンタイン。楽しい事が多いですね!
特にバレンタインは今からドキドキ、ワクワクしている方もいらっしゃるのでは?

 

●阿部社長のメルマガ「知らないと損をする!?家づくりのポイント」第10号

今月の最初の内容は、大手窓メーカーの樹脂サッシによる防火性能偽装問題を考えてみます。

平成21年1月8日国土交通省は、樹脂サッシメーカーのエクセルシャノン、三協立山アルミ、新日軽など国内メーカー四社とH・R・Dシンガポールのメーカー1社が防火性能試験で不正に認定を受けたと発表し、建築業界は大騒ぎになりました。

内容は、防火設備の性能試験(20分加熱)に際して、試験体を燃えにくくなるように加工して試験を受け合格、防火窓として認定番号を取得していたものです。

つまり、実際に販売されていたこれらのメーカーの製品は、防火窓の認定を受けたものとは違う防火性能の低い製品を販売していたというきわめて悪質な偽装問題でした。

当社においても、昨年夏にお引渡しをした準防火地区という地域に建築したお客様の住宅で、法律に従ってこの窓を使用していたことが判明し、すぐに担当者がお詫びに伺うとともにエクセルシャノンの北海道支店に対して今後の対応策などの文章を出していただきました。

又、他社では、現在建築中でお引渡し寸前の住宅にこの窓の使用が確認され、帯広市役所の竣工検査を受けることが出来ず、引渡しが出来ないでいるという問題が起きています。

メーカー側は、メーカー負担で取替え補修工事を行うと言っておりますが、まだ防火性能が認定を受けたものと同じものの量産が出来ないでいるようで、修理を待っているお客様は大変腹立たしい思いでいることと思われます。

又、実際に改修工事が始まったとしても、外壁の補修や内壁の補修、窓枠の取替えや足場の確保、防水や気密性能の確保などそれなりの難しい工事が発生してきます。

工務店側も当然のことながら、メーカーの派遣した職人だけでは工事を任せることが出来ないので、その建物を建てた職人が工事を行わなければなりません。

それにしても、一昨年に建材メーカーが壁材の防火性能試験で偽装して大問題になったことがあるにもかかわらず、同じ過ちを繰り返す企業側のモラルは厳しく非難されなければなりません。

さて、窓の話で始まりましたので、今度は寒冷地における住宅の窓性能と窓ガラスについて書いていきます。

十勝のような寒冷地においては、窓の果たす断熱性の役割はとても重要です。現在主流の窓ガラスの枠材は、アルミ製と樹脂製、木製の三種類です。

アルミ製は、燃えないと言う材質から、防火性能や耐火性脳が要求される地域や建物(ビルや商業施設など)で使われますが、断熱性能で劣るため、木造の住宅では使われておりません。

ガラスを二重や三重にしても、窓枠そのものから熱が大量に逃げてしまうからです。

最も多く使われている窓枠は樹脂製の窓枠ですが、アルミよりは耐久性に劣ると言われております。

断熱性はアルミに比べて格段に良いのですが、木製の窓枠に比較すると性能が劣ります。

戸建住宅の主流になるのは、この樹脂の窓枠にアルゴンガスが封入されたLow−eペアガラスという高断熱のガラスをはめ込みしているもので、三重ガラスに匹敵する断熱性があります。

最近では、この高断熱ガラスをさらに上回る断熱性の高い真空ガラスも登場しぼちぼち使われ始めてきました。

木製窓は、昔からある建具店が制作したガラガラ引き戸の窓ではなく、主に北欧から輸入されている窓のことを言っていて、ガラスはスーパーエナジーガラスといって三重ガラスにアルゴンガスが入っていて、さらにLow−eコーティングをした製品になっています。

一般的にはこの木製窓が一番断熱性能にすぐれていますが、それではこの窓が一番よいかというと防腐塗料を定期的に塗らなければならないという維持メンテナンスなどの問題が発生します。

又、十勝という気候風土を考えた時、一年間を通して日射量が非常に多いため単純に高断熱ガラスや木製窓がいいのかというと一概に言えないこともあります。

それは、高断熱ガラスは熱が逃げにくいガラスですから、太陽熱も入りにくいということです。

しかし、単純に南側の窓だけを普通のペアガラスにして太陽熱の取得を大きくしても、曇りの日や夜間には熱がたくさん逃げてしまい、暖房費の節約にはなりません。

このように、昼と夜、曇りと晴れ、夏と冬という、相反する課題にどのように対応して窓を選定していけばよいのかは、窓だけを考えるのではなく、室内側に断熱カーテンや断熱戸等をセットとして考えていく必要があります。

しかしこれらには予算の問題と、窓ガラス側に熱が行かなくなるために起こるガラスの結露の問題がありますので、設計士や工務店としっかりとした打ち合わせと理解が必要になります。

ちなみに、色のついたガラスを室内が見えないからといって勧めている工務店もあるようですが、色が濃くついている窓は、見えにくくしているのではなくて、本州用に夏場の日射熱を室内に入れないための窓として開発されたものですから、十勝地方の南面の窓では冬の太陽熱取得が大きく減ることもお知らせしておきます。


□■ 現場見学会のお知らせ

ホーム創建ではこんどの週末、現場見学会を開催します。
今回は帯広市西16条南4丁目、第五中学の近くです。
居間を中心にした動線の間取りで、子供の様子を見ながら家事ができる平屋のコンパクトな住宅です。
子供が楽しめる家づくりと、老後でも安心して住めるユニバーサルデザインの家づくりを両立など、見所がいっぱいです。

なお今回は、完成前の見学会につき、無暖房での公開となります。
暖かい服装でお越しいただき、また暖房がない状態での内外温度差を体感してください。

公開日時:2月7日(土)・8日(日) 午前10時〜午後5時まで
公開場所:帯広市西16条南4丁目

外観地図等は以下のページでご覧下さい。
http://www.homesouken.co.jp/kengaku/00070/20090207.html

また、以下のページでこの住宅が建つまでの様子を公開しています。
http://www.homesouken.co.jp/diary/abetoshi/16ms/index.html

みなさまのお越しを心よりお待ちしております。


□■ おわりに

最後までお付き合いくださいまして、有難うございました。

はっぴーとーく&メルマガに関するご意見ご要望、感想などなど
何でも結構です!下記のアドレスまでどしどしお寄せ下さい!

おもしろ情報やお役立ち情報、ちょっとした豆知識などの
投稿もお待ちしております!はっぴーとーくの記事に採用されました
方には、ヒミツのプレゼントを差し上げます。
沢山のご応募お待ちしております♪
本間智代里 chiyori@homesouken.co.jp までどうぞ。

---------------------------
四葉のハートは幸せ家庭を創ります。
株式会社 ホーム創建
帯広市西5条南31丁目1番地50
TEL 0155-26-1007 FAX:0155-26-1008
http://www.homesouken.co.jp

●購読解除は以下のページでお願いします。
http://www.homesouken.co.jp/melmaga.html

 


   
Vol.01 間取りの話 2004年4月29日発行  Vol.02 家のデザイン 2004年5月25日発行 
Vol.03 高断熱高気密の家は夏も暑い!?
2004年6月18日発行 
Vol.04 住宅金融公庫の金利が大幅に上がりそう!
2004年6月25日発行
 
Vol.05 高断熱高気密の家は夏も暑い!?その2
2004年7月2日発行 
Vol.06 外装材と維持管理
2004年7月29日発行 
Vol.07 住宅の依頼先
2004年8月27日発行 
Vol.08 マイホームとその費用
2004年9月22日発行 
Vol.09 抗酸化工法と住宅新築
2004年10月28日発行 
Vol.10 低価格と高価格の錯覚
2004年11月25日発行 
Vol.11 値引きの罠
2004年12月24日発行 
Vol.12 値引きの罠その2
2005年1月31日発行 
Vol.13 大工さんの雇用形態
2005年2月28日発行 
Vol.14 良い大工さんに建ててもらうためには
2005年3月31日発行 
Vol.15 建築工事と家の位置
2005年5月12日発行 
Vol.16 十勝の基礎と地盤調査
2005年6月13日発行 
Vol.17 基礎工事のチェックポイント
2005年7月11日発行 
Vol.18 木工事のチェックポイント土台編
2005年8月21日発行 
Vol.19 木工事のチェックポイント床作り編
2005年9月5日発行 
Vol20 木工事のチェックポイント小屋組編
2005年9月27日発行 
Vol.21 私が住宅建築業界へ入るきっかけ
2005年10月6日発行 
Vol.22 断熱材とその施工
2005年11月22日発行 
Vol.23 断熱材とその施工2
2005年12月15日発行 
Vol.24 気密測定
2005年12月31日発行 
Vol.25 電気配線
2006年2月7日発行 
Vol.26 造作工事
2006年4月11日発行 
Vol.27 屋根の勾配を考える
2006年6月12日発行 
Vol.28 屋根材の種類と耐久性
2006年6月23日発行 
Vol.29 契約
2006年7月28日発行 
Vol.30 モルタル外壁と通気層
2006年9月8日発行 
Vol.31 造作工事と大工の仕事
2006年10月13日発行 
Vol.32 家具と造作
2006年11月17日発行 
Vol.33 住宅の仕上げ
2006年12月8日発行 
Vol.34 耐震と抑震
2007年3月9日発行 

Vol.35 建築業者の選び方1
2007年7月6日発行 

Vol.36 建築業者の選び方2
2007年9月13日発行 

Vol.1 シックハウス対策
2008年4月1日発行(2008年4月から新形態になりました)

Vol.2 エコ製品と灯油消費量
2008年5月1日発行

Vol.3 エコキュート
2008年6月1日発行

Vol.4 2008年北海道エコ動向
2008年7月1日発行

Vol.5 断熱仕様と暖房、給湯設備
2008年8月1日発行

Vol.6 太陽光発電
2008年9月1日発行

Vol.7 高気密住宅での火災
2008年10月1日発行

Vol.8 家づくりの資金計画
2008年11月1日発行

Vol.9 2009年の住宅動向
2008年12月1日発行

Vol.10 防火性能偽装問題
2009年2月1日発行

Vol.11 創業12年を振り返って
2009年3月1日発行

Vol.12 抗酸化工法
2009年4月1日発行

Vol.13 長期優良住宅
2009年5月1日発行

Vol.14長期優良住宅2
2009年6月1日発行

Vol.15 失敗しない家づくりのためのスケジュール
2009年7月1日発行

Vol.16 住宅業者の選び方
2009年8月1日発行

Vol.17 十勝の冬の工事
2009年9月1日発行

Vol.18 十勝の冬の基礎工事
2009年10月1日発行

Vol.19 住宅建築計画の思わぬ障害
2009年11月1日発行

Vol.20 お引き渡しのあとで..
2009年12月1日発行

Vol.21 明けましておめでとうございます
2010年1月1日発行

Vol.22 住宅版エコポイント
2010年2月1日発行

Vol.23 賢いリフォーム業者選択術1
2010年3月2日発行

Vol.24 賢いリフォーム業者選択術2
2010年4月1日発行

Vol.25 賢いリフォーム業者選択術3
2010年5月6日発行

Vol.26 リフォームと確認申請
2010年6月2日発行

Vol.27 リフォーム補助金
2010年7月1日発行

Vol.28 リフォームと現場での注意事項
2010年8月2日発行

Vol.29 リフォームおとく情報
2010年9月1日発行

Vol.30 太陽光発電とエコ
2010年10月1日発行

Vol.31 リフォームとエコポイント
2010年11月1日発行

Vol.32 家づくりのスタート
2010年12月1日発行

Vol.33 マイホーム資金計画
2011年1月6日発行

Vol.34 マイホーム資金計画2
2011年2月2日発行

Vol.35 2011年お得情報
2011年3月2日発行

Vol.36 東日本大震災
2011年4月2日発行

Vol.37 新築と土地
2011年5月6日発行

Vol.38 諸手続きと書類について
2011年6月2日発行

Vol.39省エネの工夫
2011年7月1日発行

Vol.40アパート家賃と住宅ローン
2011年8月1日発行

Vol.41 Q1.0住宅からQ1.0X住宅へ〜第1話〜
2011年9月1日発行

Vol.42 Q1.0住宅からQ1.0X住宅へ〜第2話〜
2011年10月1日発行

Vol.43 Q1.0住宅からQ1.0X住宅へ〜第3話〜
2011年11月1日発行

Vol.44 Q1.0X住宅の設備機器について
2011年12月1日発行

Vol.45 実際に弊社で建築した「Q1.0X」住宅の仕様
2012年1月10日発行

Vol.46 今年度の国からの補助金事業
2012年2月1日発行

Vol.47 寒冷地の断熱基準について
2012年3月1日発行

Vol.48 スマートハウスについて
2012年4月1日発行

Vol.49 住宅性能とランニングコスト
2012年6月1日発行

Vol.50 実際の光熱費支出を調査
2012年7月1日発行

Vol.51 消費税アップとマイホーム
2012年8月1日発行

Vol.52 今後の省エネ政策と予想
2012年9月1日発行

Vol.53 中古住宅とリフォーム
2012年10月1日発行

Vol.54 シックハウスとその対策
2012年11月1日発行

Vol.55 エコハウス宣言
2012年12月1日発行

Vol.56 住宅新聞の紙面から、お役立ち情報
2013年1月1日発行

Vol.57 太陽光発電に関する最近の状況
2013年2月1日発行

Vol.58 難しい住宅ローン金利の特徴
2013年3月1日発行

Vol.59 増税に向けたお金の話
2013年4月1日発行

Vol.60 国、帯広市の補助金について
2013年5月1日発行

Vol.61 エアコンの効率的な活用法と工夫
2013年6月1日発行

Vol.62 住宅の配置と外構計画
2013年7月1日発行

Vol.63 玄関まわりの間取り計画
2013年8月1日発行

Vol.64 リビングの間取り計画
2013年9月1日発行

Vol.65 ダイニングの間取り計画
2013年10月1日発行

Vol.66 キッチンまわりの間取り計画
2013年11月1日発行

Vol.67 2014年の税制について
2013年12月1日発行

Vol.68 洗面・脱衣・浴室の計画
2014年1月1日発行

Vol.69 トイレの寸法と計画
2014年2月1日発行

Vol.70 和室について
2014年3月1日発行

Vol.71 寝室について
2014年4月1日発行

Vol.72 平成26年度 建築関連の補助金制度 その1
2014年5月1日発行

Vol.73 平成26年度 建築関連の補助金制度 その2
2014年6月1日発行

Vol.74 平成26年度 建築関連の補助金制度 その3
2014年7月1日発行

Vol.75 子供部屋について
2014年8月1日発行

Vol.76 失敗しない家づくりの流れ その1
2014年9月1日発行

このページでは、最新号の1つ前の号までバックナンバーを公開しています。
最新号が読める無料読者登録はこちらからどうぞ。