このページでは、メルマガ「知らないと損をする?家づくりのポイント」のバックナンバーを公開しています。
最新のコラムが読みたい!という場合はメルマガの読者登録をこちらからどうぞ。



■ ホーム創建メールマガジン http://www.homesouken.co.jp/ ■□■
□■ 知らないと損をする?家づくりのポイント Vol.08 2004.09.22 ■□

みなさん、こんばんは。
今回初めての配信となるみなさん、初めまして。
ホーム創建、メルマガ担当の本間智代里(ほんまちより)です。

9月も気が付くともう下旬になりました。
先月は涼しい日が…と書いたと思うのですが、もう涼しいどころか寒い日が続
くようになりました。

朝の気温はどんどん下がり、山のほうでは紅葉も始まっているようですが、み
なさんいかがお過ごしでしょうか。

さて今回のコラムは住宅とその費用です。
家を建てるにしろ、賃貸住宅に住むにしろ、住宅にかかるコストは避けては通
れません。
マイホームを建てるか、経済的には安く済みそうな賃貸住宅にするのか、それ
はその人・その家族にあった価値観や選択があります。

今回はそんな話をお送りします。


□■ 阿部社長の住宅コラム Vol.8

みなさん、こんにちは。

7月に新事務所(賃貸ですが)に引っ越しまして、それまで使っていた事務所
は2LDKの住宅に手直ししました。

そして、入居者が決まりその奥様との会話から「家を建てるより、素敵なアパ
ートに住んでいたほうが安く済み(住み?)ますよね!」と聞かれ、「そうか
もしれませんね」と答えてから、本当にそうかなと考えてみました。

アパートの家賃は6万円、年間で72万円。30年間だと2160万円。
もちろんこれは、経済情勢に変化が無くて家賃相場も上がっていかないと仮定
した場合ですが。それに比べて、住宅は土地と建物の同時取得は2500万円
で、ローンの金利を考えると30年間で支払う総額は3500万円を超えてし
まいます。

そのほかに、固定資産税やメンテナンス費用、電気代や水道代などの光熱費関
係もアパートより多くかかります。

したがって経済的メリットだけを考えた場合は、アパート住まいのほうが気に
入った物件があるなら安く済みますね。


□■ マイホームを持つこととは!?

では、なぜ皆さんはマイホームを持つのでしょうか?

一つには精神的なゆとりがあると思います。自分の家に住むということは、音
のこと一つにしても他人を気にしなくてすみますから、子供たちを思いっきり
遊ばせることが出来ます。

又、アパートには庭がありませんが、一戸建てには庭があり、子供たちに土い
じりをさせたり自分たちの好きな花を植えたり出来て、毎日自然に触れること
が出来ます。

家を新築した記念に家族で植樹を行い、その成長を見ていくのもマイホームな
らではの楽しみですね。

又、両親が年老いて一緒に暮らさなければならなくなったとき、アパートでは
改築することも出来ませんがマイホームだと改築や増築することが出来ます。
受験生がいるときはテレビの音を小さくしたりしなければならないこともある
と思います。

ペットと遊ぶことが出来るのも一戸建ての魅力です。特に最近は、子供たちに
生き物を通して生と死について考えさせることは、重要なことかもしれません
ね。

ステレオで思いっきり音楽を楽しみたいとか、盛大にバースディパーティーを
楽しむのも一戸建ての楽しみです。

このように考えてみると、私たちは経済に支配された考え方ではゆとりのある
生活が出来ないように思います。

しかし、そこに落とし穴もあることを忘れないで下さい。
家計が破綻するような住宅ローンを組んで、支払いが多くてゆとりのない生活
になっては最悪です。

そこで住宅建築の際には資金計画をしっかり立てることは大変重要なことにな
りますので、次回のメールでは、どんな資金計画を立てればよいのか「失敗し
ない資金計画」について書いていきますが、自分の人生プランをしっかりと見
つめて、いくらなら毎月の支払いが出来るのかをベースにおいて考えなければ
なりません。

今から15年ほど前に、住宅金融公庫のステップ償還制度という借り入れ方法
がありました。

当時工務店で営業していた私は、銀行の支店長に「この返済制度は必ず後で社
会問題になりますよ」と言ったことを思いだします。

毎年毎年給料が上がり、ボーナスもどんどん増えた時代ですから、今は返済額
を少なくしておいて、十年後に支払いが年間50万円から100万円増えるよ
うなローンの組み方を平気でしていたのですから。

案の定、返済額が上がるころにはバブルが破綻して日本全国不況の真っ只中に
あり、リストラやボーナスカットで住宅ローンの返済が出来なくなる人が続出
しました。

30年間の将来の経済予測はどんな人にも出来ませんからマイホームの取得に
かかるローンには、慎重の上にも慎重にしていかないといけませんね。

そういう風に考えると、やっぱりその時々の経済情勢にあわせた賃貸のアパー
ト暮らしが良いのかな?と考えたりしますが、私が考える一番よい方法は、マ
イホームをゆとりを持った資金計画で取得するのが一番良い方法であり、その
ためには「安くてよい家」を建てる(手に入れる)こと以外にないということ
です。

ちなみに今週末に当社では完成現場見学会を開催します。
そのタイトルは、「安くてよい家見つけ隊。隊員募集中」です。なぜか出来す
ぎの今回のメルマガでした。


□■ 現場見学会のお知らせ

ホーム創建では今度の週末、現場見学会を開催します。
今回はJR札内駅の裏手、広いリビングダイニングとリビング階段のある2階
建ての住宅です。
吹き抜けのある明るいリビングをぜひご覧下さい。

また当日、家造りの疑問質問、上手な資金計画のご相談等も承りますので、ぜ
ひご家族おそろいでお越し下さい。

公開日時:9月25日(土)・26日(日) 午前10時〜午後5時まで
公開場所:幕別町札内若草町538-17

以下のページで外観や間取り、地図を御案内しています。
http://www.homesouken.co.jp/kengaku/00017/20040925.html

みなさまのお越しを心よりお待ちしております。

 


□■ おわりに

ホーム創建のメールマガジン、いかがでしたか?

次回は予定通り10月下旬頃、いまお読みのメールアドレスにお送りします。
みなさんからのご意見・ご感想、どうぞお気軽にお送り下さい。
もちろん住宅に関する一般的な質問なども大歓迎です。「こんな話が読みたい
!」「こんな事を聞いてみたい」などのメールもお待ちしております。

秋も深まり、どんどん気温が下がっています。季節の変わり目で体調を崩しや
すい頃ですが、どうかお体にはご注意ください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

---------------------------
四葉のハートは幸せ家庭を創ります。
株式会社 ホーム創建
帯広市西5条南31丁目1番地50
TEL 0155-26-1007 FAX:0155-26-1008
http://www.homesouken.co.jp

●購読解除は以下のページでお願いします。
http://www.homesouken.co.jp/melmaga.html

 


   
Vol.01 間取りの話 2004年4月29日発行  Vol.02 家のデザイン 2004年5月25日発行 
Vol.03 高断熱高気密の家は夏も暑い!?
2004年6月18日発行 
Vol.04 住宅金融公庫の金利が大幅に上がりそう!
2004年6月25日発行
 
Vol.05 高断熱高気密の家は夏も暑い!?その2
2004年7月2日発行 
Vol.06 外装材と維持管理
2004年7月29日発行 
Vol.07 住宅の依頼先
2004年8月27日発行 
Vol.08 マイホームとその費用
2004年9月22日発行 
Vol.09 抗酸化工法と住宅新築
2004年10月28日発行 
Vol.10 低価格と高価格の錯覚
2004年11月25日発行 
Vol.11 値引きの罠
2004年12月24日発行 
Vol.12 値引きの罠その2
2005年1月31日発行 
Vol.13 大工さんの雇用形態
2005年2月28日発行 
Vol.14 良い大工さんに建ててもらうためには
2005年3月31日発行 
Vol.15 建築工事と家の位置
2005年5月12日発行 
Vol.16 十勝の基礎と地盤調査
2005年6月13日発行 
Vol.17 基礎工事のチェックポイント
2005年7月11日発行 
Vol.18 木工事のチェックポイント土台編
2005年8月21日発行 
Vol.19 木工事のチェックポイント床作り編
2005年9月5日発行 
Vol20 木工事のチェックポイント小屋組編
2005年9月27日発行 
Vol.21 私が住宅建築業界へ入るきっかけ
2005年10月6日発行 
Vol.22 断熱材とその施工
2005年11月22日発行 
Vol.23 断熱材とその施工2
2005年12月15日発行 
Vol.24 気密測定
2005年12月31日発行 
Vol.25 電気配線
2006年2月7日発行 
Vol.26 造作工事
2006年4月11日発行 
Vol.27 屋根の勾配を考える
2006年6月12日発行 
Vol.28 屋根材の種類と耐久性
2006年6月23日発行 
Vol.29 契約
2006年7月28日発行 
Vol.30 モルタル外壁と通気層
2006年9月8日発行 
Vol.31 造作工事と大工の仕事
2006年10月13日発行 
Vol.32 家具と造作
2006年11月17日発行 
Vol.33 住宅の仕上げ
2006年12月8日発行 
Vol.34 耐震と抑震
2007年3月9日発行 

Vol.35 建築業者の選び方1
2007年7月6日発行 

Vol.36 建築業者の選び方2
2007年9月13日発行 

Vol.1 シックハウス対策
2008年4月1日発行(2008年4月から新形態になりました)

Vol.2 エコ製品と灯油消費量
2008年5月1日発行

Vol.3 エコキュート
2008年6月1日発行

Vol.4 2008年北海道エコ動向
2008年7月1日発行

Vol.5 断熱仕様と暖房、給湯設備
2008年8月1日発行

Vol.6 太陽光発電
2008年9月1日発行

Vol.7 高気密住宅での火災
2008年10月1日発行

Vol.8 家づくりの資金計画
2008年11月1日発行

Vol.9 2009年の住宅動向
2008年12月1日発行

Vol.10 防火性能偽装問題
2009年2月1日発行

Vol.11 創業12年を振り返って
2009年3月1日発行

Vol.12 抗酸化工法
2009年4月1日発行

Vol.13 長期優良住宅
2009年5月1日発行

Vol.14長期優良住宅2
2009年6月1日発行

Vol.15 失敗しない家づくりのためのスケジュール
2009年7月1日発行

Vol.16 住宅業者の選び方
2009年8月1日発行

Vol.17 十勝の冬の工事
2009年9月1日発行

Vol.18 十勝の冬の基礎工事
2009年10月1日発行

Vol.19 住宅建築計画の思わぬ障害
2009年11月1日発行

Vol.20 お引き渡しのあとで..
2009年12月1日発行

Vol.21 明けましておめでとうございます
2010年1月1日発行

Vol.22 住宅版エコポイント
2010年2月1日発行

Vol.23 賢いリフォーム業者選択術1
2010年3月2日発行

Vol.24 賢いリフォーム業者選択術2
2010年4月1日発行

Vol.25 賢いリフォーム業者選択術3
2010年5月6日発行

Vol.26 リフォームと確認申請
2010年6月2日発行

Vol.27 リフォーム補助金
2010年7月1日発行

Vol.28 リフォームと現場での注意事項
2010年8月2日発行

Vol.29 リフォームおとく情報
2010年9月1日発行

Vol.30 太陽光発電とエコ
2010年10月1日発行

Vol.31 リフォームとエコポイント
2010年11月1日発行

Vol.32 家づくりのスタート
2010年12月1日発行

Vol.33 マイホーム資金計画
2011年1月6日発行

Vol.34 マイホーム資金計画2
2011年2月2日発行

Vol.35 2011年お得情報
2011年3月2日発行

Vol.36 東日本大震災
2011年4月2日発行

Vol.37 新築と土地
2011年5月6日発行

Vol.38 諸手続きと書類について
2011年6月2日発行

Vol.39省エネの工夫
2011年7月1日発行

Vol.40アパート家賃と住宅ローン
2011年8月1日発行

Vol.41 Q1.0住宅からQ1.0X住宅へ〜第1話〜
2011年9月1日発行

Vol.42 Q1.0住宅からQ1.0X住宅へ〜第2話〜
2011年10月1日発行

Vol.43 Q1.0住宅からQ1.0X住宅へ〜第3話〜
2011年11月1日発行

Vol.44 Q1.0X住宅の設備機器について
2011年12月1日発行

Vol.45 実際に弊社で建築した「Q1.0X」住宅の仕様
2012年1月10日発行

Vol.46 今年度の国からの補助金事業
2012年2月1日発行

Vol.47 寒冷地の断熱基準について
2012年3月1日発行

Vol.48 スマートハウスについて
2012年4月1日発行

Vol.49 住宅性能とランニングコスト
2012年6月1日発行

Vol.50 実際の光熱費支出を調査
2012年7月1日発行

Vol.51 消費税アップとマイホーム
2012年8月1日発行

Vol.52 今後の省エネ政策と予想
2012年9月1日発行

Vol.53 中古住宅とリフォーム
2012年10月1日発行

Vol.54 シックハウスとその対策
2012年11月1日発行

Vol.55 エコハウス宣言
2012年12月1日発行

Vol.56 住宅新聞の紙面から、お役立ち情報
2013年1月1日発行

Vol.57 太陽光発電に関する最近の状況
2013年2月1日発行

Vol.58 難しい住宅ローン金利の特徴
2013年3月1日発行

Vol.59 増税に向けたお金の話
2013年4月1日発行

Vol.60 国、帯広市の補助金について
2013年5月1日発行

Vol.61 エアコンの効率的な活用法と工夫
2013年6月1日発行

Vol.62 住宅の配置と外構計画
2013年7月1日発行

Vol.63 玄関まわりの間取り計画
2013年8月1日発行

Vol.64 リビングの間取り計画
2013年9月1日発行

Vol.65 ダイニングの間取り計画
2013年10月1日発行

Vol.66 キッチンまわりの間取り計画
2013年11月1日発行

Vol.67 2014年の税制について
2013年12月1日発行

Vol.68 洗面・脱衣・浴室の計画
2014年1月1日発行

Vol.69 トイレの寸法と計画
2014年2月1日発行

Vol.70 和室について
2014年3月1日発行

Vol.71 寝室について
2014年4月1日発行

Vol.72 平成26年度 建築関連の補助金制度 その1
2014年5月1日発行

Vol.73 平成26年度 建築関連の補助金制度 その2
2014年6月1日発行

Vol.74 平成26年度 建築関連の補助金制度 その3
2014年7月1日発行

Vol.75 子供部屋について
2014年8月1日発行

Vol.76 失敗しない家づくりの流れ その1
2014年9月1日発行

このページでは、最新号の1つ前の号までバックナンバーを公開しています。
最新号が読める無料読者登録はこちらからどうぞ。