このページでは、メルマガ「知らないと損をする?家づくりのポイント」のバックナンバーを公開しています。
最新のコラムが読みたい!という場合はメルマガの読者登録をこちらからどうぞ。



■ ホーム創建メールマガジン http://www.homesouken.co.jp/ ■□■
□■ 知らないと損をする?家づくりのポイント Vol.06 2004.07.29 ■□
■□■                              ■

みなさん、こんばんは。
今回初めての配信となるみなさん、初めまして。
ホーム創建、メルマガ担当の本間智代里(ほんまちより)です。

ここ十勝は先週から暑い日が続き、今日もとても暑い一日でした。
今年は近年まれに見る暑い夏になったような気がします。

本州では40度などという信じられない気温が報じられたりして驚きました。
暑い夏のほうが夏らしくて良い…という方もいれば、暑い夏は嫌だ…という方
もいますが、みなさんはいかがですか?

さて今回のコラムは住宅の外装材についてです。
当社は樹脂サイディングの外装材を使用していますが、これは日本ではまだま
だ少なく、各方面からいろいろな質問をいただきます。
でも北米などではもうずいぶんと前から一般的。

さて、それはどういうことでしょうか。


□■ 阿部社長の住宅コラム Vol.6

みなさん、こんにちは。

当社の住宅は、外壁に樹脂のサイディングを張る「YASURA‘木」と、レ
ンガをひとつずつ積んで仕上げる「レンガの家」を商品として持っています。

両方の商品に共通しているのは、過去の私自身のクレームに対するいやな経験
から、維持メンテナンスのし易い外壁材を探して私自身の悩みを解決するため
に見つけた外壁材を使用していることです。

そこで今回は、外壁材について書いてみます。


□■ 北海道の外装材の今昔

北海道で過去に使われてきた外壁材を思い出してみると、最初は板張りの住宅
が多くありました。

その次に、火山灰ブロックを積み塗装で仕上げる構造体兼外壁材としてのブロ
ック造住宅、そして木造住宅はモルタル塗りが主流で、この外壁は長く続いた
ように思います。

そのモルタルが昭和五十年代初めに開発された、サイディングに主役の座を奪
われたのは、あっという間の出来事だったのです。

サイディングが最初に販売されたときの謳い文句は、「モルタルより軽くて建
物に負担がかからない。断熱性能があり暖かい。工期が早い」というようなこ
とでした。

私の記憶では、一番最初に帯広で使われたサイディングは昭和電工というメー
カーのものだったと思います。

そして、三井木材のセンチュリーや東レのサイディングがデザインに優れて、
工務店や設計事務所に支持され普及していきました。

昭和60年ごろには、通気層工法と併用して北海道は全国でも最もサイディング
の普及した地域になったのです。

ところが、このサイディングはクレームも多発しました。

初期のころは凍害による外壁材の素材そのものの剥離があり、その後サイディ
ングそのものは改良されよい製品になったのですが、目地材として使われるコ
ーキングが耐用年数5年程度しかなく、「一生のお付き合いをしましょう。」
といっていた工務店にとって、お客様からコーキングのひび割れのクレームを
言われることは頭の痛い問題だったのです。


□■ 樹脂サイディングの誕生

そういう経験から、コーキングを使わないサイディングが早く開発されないか
と待ち望んでおりましたところ、北海道立寒地住宅都市研究所(現在の北方圏
住宅総合研究所)の樹脂サイディング(メーカーはゼオン化成)の耐候性と雨
水の漏水に関するレポートが北海道住宅新聞に掲載されました。

詳しい内容は省略しますが、素晴らしい試験結果だったのです。

サンプルを見ると「こんなちゃちでぺらぺらな外装材は誰も使わない」と建築
関係者は皆そう感じたものですが、なにより一番最初に興味をもたれたのはエ
ンドユーザーでした。

なぜなら、メンテナンス費用を支払うのは建築関係者ではなく、建て主である
エンドユーザーだからです。外壁の維持管理費を当たり前に計算すると、足場
代を含めて10年ごとに100万円以上かかることになります。

これはものすごく大きな負担です。この費用がかからない外壁材なら興味を持
つのは当然といえるでしょう。

さらに、このぺらぺらな薄いサイディングは、ものすごい軽量ですから建物に
負担をかけません。
地震に対してもその軽さは、大きな威力を発揮することになると思われます。

又、柔軟であるために衝撃に対しても力を吸収し復元力に優れているため、金
属サイディングのようにへこんだりすることはありません。

唯一の問題は、火に弱いことです。難燃性のプラスチックでもガスバーナーの
火を当てると、火を離さない限り燃えて溶け出します。
そして、住宅内部に火災を移してしまうことになります。

そこでゼオン化成では、外断熱をヒントに不燃の石綿を板状にしたロックウー
ル圧縮版を樹脂サイディングの下張りとして使うことで、隣家からの火災に対
抗する工法を開発しました。

これで、唯一の弱点を克服し現在では、旭川を筆頭に急速に普及が進んできて
おります。

私は二年前にアメリカの建築資材の展示会を視察しましたが、カナダでは70
%以上が樹脂のサイディングになり、アメリカでもシアトルなどの北に位置す
る西海岸では、50%以上の普及状況にあり、住宅先進国でエンドユーザーに
支持されて30年以上の歴史を持っているこのサイディングを使うことに大きな
確信を得てまいりました。

ゼオンサイディングはカナダで生産されているサイディングですが、ゼオン化
成は、国内のサイディングとしては始めての30年保証をつけております。当社
の事務所の二階にも先日施工しましたので、是非一度見にきて下さい。


□■ ホーム創建ホームページのご紹介

みなさん、もうホーム創建のホームページはご覧いただけたでしょうか?

今回ご紹介するのは
・ホーム創建の家づくり掲示板 です。

この掲示板では、ホームページをご覧いただいた方からの質問疑問などに社長
や社員がお答えするコーナーです。
最新のトピックでは、床下暖房についてのお客様の質問に社長がお答えしてい
ます。

家づくりでわからないこと、聞きたいことなど、専門家の目でお答えしますの
で、メールと併せてどうぞご利用ください。

ホーム創建ホームページ
http://www.homesouken.co.jp/

 


□■ 現場見学会のお知らせ

ホーム創建では今度の週末、現場見学会を開催します。
今回は音更、10m×6mの長方形の家です。
将来2部屋に仕切れる子供部屋や、書斎、ほとんど間仕切りのないオープンな
リビングなど、見どころがいっぱいです。

公開日時:7月31日(土)・8月1日(日) 午前10時〜午後5時まで
公開場所:音更町緑陽台南区21番65

外観や間取り、地図等は以下のページでご覧下さい。
http://www.homesouken.co.jp/kengaku/00016/20040731.html

またホームページの 工事日記−阿部利典編−KY様邸 が今回公開になる家
です。
今回の家が建つまでの様子が見られますので、ぜひ併せてご覧下さい。
http://www.homesouken.co.jp

みなさまのお越しを心よりお待ちしております。


□■ 事務所移転のお知らせ

前の事務所がやや手狭になってきたため、先日引っ越しを行いました。
新しい事務所はホーマック帯広南店様の向かいです。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。

帯広市西5条南31丁目1番地50
電話:0155-26-1007
FAX:0155-26-1008


□■ おわりに

ホーム創建のメールマガジン、いかがでしたか?

次回は8月下旬頃、いまお読みのメールアドレスにお送りします。
みなさんからのご意見・ご感想、どうぞお気軽にお送り下さい。
もちろん住宅に関する一般的な質問なども大歓迎です。「こんな話が読みたい
!」「こんな事を聞いてみたい」などのメールもお待ちしております。

まだまだ暑い日が続きます。夏風邪等ひかないよう、どうかお体にはご注意く
ださい。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

---------------------------
四葉のハートは幸せ家庭を創ります。
株式会社 ホーム創建
帯広市西5条南31丁目1番地50
TEL 0155-26-1007 FAX:0155-26-1008

●購読解除は以下のページでお願いします。
http://www.homesouken.co.jp/melmaga.html 

 


   
Vol.01 間取りの話 2004年4月29日発行  Vol.02 家のデザイン 2004年5月25日発行 
Vol.03 高断熱高気密の家は夏も暑い!?
2004年6月18日発行 
Vol.04 住宅金融公庫の金利が大幅に上がりそう!
2004年6月25日発行
 
Vol.05 高断熱高気密の家は夏も暑い!?その2
2004年7月2日発行 
Vol.06 外装材と維持管理
2004年7月29日発行 
Vol.07 住宅の依頼先
2004年8月27日発行 
Vol.08 マイホームとその費用
2004年9月22日発行 
Vol.09 抗酸化工法と住宅新築
2004年10月28日発行 
Vol.10 低価格と高価格の錯覚
2004年11月25日発行 
Vol.11 値引きの罠
2004年12月24日発行 
Vol.12 値引きの罠その2
2005年1月31日発行 
Vol.13 大工さんの雇用形態
2005年2月28日発行 
Vol.14 良い大工さんに建ててもらうためには
2005年3月31日発行 
Vol.15 建築工事と家の位置
2005年5月12日発行 
Vol.16 十勝の基礎と地盤調査
2005年6月13日発行 
Vol.17 基礎工事のチェックポイント
2005年7月11日発行 
Vol.18 木工事のチェックポイント土台編
2005年8月21日発行 
Vol.19 木工事のチェックポイント床作り編
2005年9月5日発行 
Vol20 木工事のチェックポイント小屋組編
2005年9月27日発行 
Vol.21 私が住宅建築業界へ入るきっかけ
2005年10月6日発行 
Vol.22 断熱材とその施工
2005年11月22日発行 
Vol.23 断熱材とその施工2
2005年12月15日発行 
Vol.24 気密測定
2005年12月31日発行 
Vol.25 電気配線
2006年2月7日発行 
Vol.26 造作工事
2006年4月11日発行 
Vol.27 屋根の勾配を考える
2006年6月12日発行 
Vol.28 屋根材の種類と耐久性
2006年6月23日発行 
Vol.29 契約
2006年7月28日発行 
Vol.30 モルタル外壁と通気層
2006年9月8日発行 
Vol.31 造作工事と大工の仕事
2006年10月13日発行 
Vol.32 家具と造作
2006年11月17日発行 
Vol.33 住宅の仕上げ
2006年12月8日発行 
Vol.34 耐震と抑震
2007年3月9日発行 

Vol.35 建築業者の選び方1
2007年7月6日発行 

Vol.36 建築業者の選び方2
2007年9月13日発行 

Vol.1 シックハウス対策
2008年4月1日発行(2008年4月から新形態になりました)

Vol.2 エコ製品と灯油消費量
2008年5月1日発行

Vol.3 エコキュート
2008年6月1日発行

Vol.4 2008年北海道エコ動向
2008年7月1日発行

Vol.5 断熱仕様と暖房、給湯設備
2008年8月1日発行

Vol.6 太陽光発電
2008年9月1日発行

Vol.7 高気密住宅での火災
2008年10月1日発行

Vol.8 家づくりの資金計画
2008年11月1日発行

Vol.9 2009年の住宅動向
2008年12月1日発行

Vol.10 防火性能偽装問題
2009年2月1日発行

Vol.11 創業12年を振り返って
2009年3月1日発行

Vol.12 抗酸化工法
2009年4月1日発行

Vol.13 長期優良住宅
2009年5月1日発行

Vol.14長期優良住宅2
2009年6月1日発行

Vol.15 失敗しない家づくりのためのスケジュール
2009年7月1日発行

Vol.16 住宅業者の選び方
2009年8月1日発行

Vol.17 十勝の冬の工事
2009年9月1日発行

Vol.18 十勝の冬の基礎工事
2009年10月1日発行

Vol.19 住宅建築計画の思わぬ障害
2009年11月1日発行

Vol.20 お引き渡しのあとで..
2009年12月1日発行

Vol.21 明けましておめでとうございます
2010年1月1日発行

Vol.22 住宅版エコポイント
2010年2月1日発行

Vol.23 賢いリフォーム業者選択術1
2010年3月2日発行

Vol.24 賢いリフォーム業者選択術2
2010年4月1日発行

Vol.25 賢いリフォーム業者選択術3
2010年5月6日発行

Vol.26 リフォームと確認申請
2010年6月2日発行

Vol.27 リフォーム補助金
2010年7月1日発行

Vol.28 リフォームと現場での注意事項
2010年8月2日発行

Vol.29 リフォームおとく情報
2010年9月1日発行

Vol.30 太陽光発電とエコ
2010年10月1日発行

Vol.31 リフォームとエコポイント
2010年11月1日発行

Vol.32 家づくりのスタート
2010年12月1日発行

Vol.33 マイホーム資金計画
2011年1月6日発行

Vol.34 マイホーム資金計画2
2011年2月2日発行

Vol.35 2011年お得情報
2011年3月2日発行

Vol.36 東日本大震災
2011年4月2日発行

Vol.37 新築と土地
2011年5月6日発行

Vol.38 諸手続きと書類について
2011年6月2日発行

Vol.39省エネの工夫
2011年7月1日発行

Vol.40アパート家賃と住宅ローン
2011年8月1日発行

Vol.41 Q1.0住宅からQ1.0X住宅へ〜第1話〜
2011年9月1日発行

Vol.42 Q1.0住宅からQ1.0X住宅へ〜第2話〜
2011年10月1日発行

Vol.43 Q1.0住宅からQ1.0X住宅へ〜第3話〜
2011年11月1日発行

Vol.44 Q1.0X住宅の設備機器について
2011年12月1日発行

Vol.45 実際に弊社で建築した「Q1.0X」住宅の仕様
2012年1月10日発行

Vol.46 今年度の国からの補助金事業
2012年2月1日発行

Vol.47 寒冷地の断熱基準について
2012年3月1日発行

Vol.48 スマートハウスについて
2012年4月1日発行

Vol.49 住宅性能とランニングコスト
2012年6月1日発行

Vol.50 実際の光熱費支出を調査
2012年7月1日発行

Vol.51 消費税アップとマイホーム
2012年8月1日発行

Vol.52 今後の省エネ政策と予想
2012年9月1日発行

Vol.53 中古住宅とリフォーム
2012年10月1日発行

Vol.54 シックハウスとその対策
2012年11月1日発行

Vol.55 エコハウス宣言
2012年12月1日発行

Vol.56 住宅新聞の紙面から、お役立ち情報
2013年1月1日発行

Vol.57 太陽光発電に関する最近の状況
2013年2月1日発行

Vol.58 難しい住宅ローン金利の特徴
2013年3月1日発行

Vol.59 増税に向けたお金の話
2013年4月1日発行

Vol.60 国、帯広市の補助金について
2013年5月1日発行

Vol.61 エアコンの効率的な活用法と工夫
2013年6月1日発行

Vol.62 住宅の配置と外構計画
2013年7月1日発行

Vol.63 玄関まわりの間取り計画
2013年8月1日発行

Vol.64 リビングの間取り計画
2013年9月1日発行

Vol.65 ダイニングの間取り計画
2013年10月1日発行

Vol.66 キッチンまわりの間取り計画
2013年11月1日発行

Vol.67 2014年の税制について
2013年12月1日発行

Vol.68 洗面・脱衣・浴室の計画
2014年1月1日発行

Vol.69 トイレの寸法と計画
2014年2月1日発行

Vol.70 和室について
2014年3月1日発行

Vol.71 寝室について
2014年4月1日発行

Vol.72 平成26年度 建築関連の補助金制度 その1
2014年5月1日発行

Vol.73 平成26年度 建築関連の補助金制度 その2
2014年6月1日発行

Vol.74 平成26年度 建築関連の補助金制度 その3
2014年7月1日発行

Vol.75 子供部屋について
2014年8月1日発行

Vol.76 失敗しない家づくりの流れ その1
2014年9月1日発行

このページでは、最新号の1つ前の号までバックナンバーを公開しています。
最新号が読める無料読者登録はこちらからどうぞ。