このページでは、メルマガ「知らないと損をする?家づくりのポイント」のバックナンバーを公開しています。
最新のコラムが読みたい!という場合はメルマガの読者登録をこちらからどうぞ。



■ ホーム創建メールマガジン http://www.homesouken.co.jp/ ■□■
□■ 知らないと損をする?家づくりのポイント Vol.30 2006.09.08 ■□

みなさん、こんばんは。
今回初めての配信となるみなさん、初めまして。
ホーム創建メルマガ担当の中島博美です。

あれほど暑かった夏はあっという間に終わり、秋らしい気持ちの良い日が続い
ています。
彩りの秋、実りの秋、本当に楽しみな季節です。

ホーム創建のメルマガ、今回は、モルタル外壁と通気層についてのコラムです


□■ 阿部社長の住宅コラム Vol.30 モルタル外壁と通気層

最近、デザインの関係でモルタルを塗る外壁が増えてきています。

モルタル自体は耐久性もあり、歴史もあるすばらしい材料です。

しかしその一方でひび割れしやすい、構造体に雨水が浸入して建物を腐らせて
しまうなどの欠点もあります。

最近ではモルタルのひび割れを少なく出来るような工法も開発され、通気層工
法の普及でひび割れからの雨水の浸入も構造体に影響を与えるようなことは少
なくなりました。

□■ モルタル外壁と通気層

しかし、時々車を止めて工事現場を観察していると、通気層を取らないで施工
している現場を見かけることがあります。

建築費を安くするために通気層を設けないのか、建築会社が知らないのか別で
すが、非常に問題があります。

気密層としてのポリエチレンフィルムを室内側に完全に連続して施工し、釘穴
などが非常に少ない場合は透湿抵抗の組み合わせをうまく利用して、材料構成
を考えることで通気層がなくても大きな問題にならないと言った説もあります
が、下地の防雨層としてタイベックを使った場合は、モルタルを塗るためのラ
スと言われる網を止める釘やステープルで開いた穴から水が入る可能性があり
ます。

又、2×4工法のように室内側の石膏ボードが耐力壁として利用される場合は
釘をたくさん打つために、防湿フィルムにたくさんの穴が開き沢山の水蒸気が
壁の中に入り込んでしまいそれを速やかに外へ出すための通気層が不可欠とな
ります。

モルタル仕上げで外壁をお考えの方は、最低限通気層の施工の確認はしておき
ましょう。

□■ 通気と胴縁

また、サイディングも縦に張ってモルタル風に見せるようなデザインのものが
多くなってきました。

当社で今週末からオープンするモデルハウスでも使っています。

この場合も通気層の施工が気になります。

ほとんどの現場でサイディングを張るための板(胴縁と呼ばれる)を横に張っ
てサイディングを縦に張るように施工しますが、通気層をしっかりと取って施
工していることが少ないようです。

一般的には横胴縁の表面に溝をつけるように切り欠いて空気が下から上に流れ
るようにするのですが、胴縁の切り欠き溝が浅くて(幅30ミリ、深さ12ミ
リ以上必要と言われています)通気がしっかりと取れないでいます。

メルマガの文章だけでの説明ではなかなか意味がよくわからないと思うので、
正しく施工されるかどうかの確認方法は、業者さんに胴縁の寸法を聞くことで
す。

胴縁を切り欠いて空気が通る溝を作るためには、12ミリ以上の欠き込みが必
要になりますから胴縁の厚みは24ミリ以上必要です。

したがって「一般的に使われている胴縁(18ミリ厚み)に溝を作り施工する
から通気層は確保されている」と言う説明ではバツ印です。

そう言う場合のほとんどは溝の深さが6ミリぐらいで通気量は確保されていま
せん。

また、18ミリ厚みの一般的な胴縁を使う場合は、短い胴縁を使います。

40センチぐらい長さの胴縁と胴縁を、横方向に突き付けせず、間を空けて隙
間を設け壁に打ちつけ、空気が下から上に流れていくようにします。

又、窓や換気口のカバー(防雨フードと言う)のところも良く見ると空気が留
まり、逃げ場のないような胴縁の止め方をしている場合がありますので注意が
必要です。

□■ 納得できる説明を

いづれにしても、家を長く持たせるためには、契約前に通気層の施工方法を絵
に書いて説明を受けてください。
そして、自分が納得するまで質問することをお勧めします。

しっかりと納得のいく説明がなければ、業者に知識がないということなので、
その会社で家を建ててもらうのはやめましょう。

少なくとも、住宅ローンを払い終わるまでは家を腐らせることなく長持ちさせ
なければなりませんからね。

 


□■ 「三蔵奉仕」モデルルームオープンのお知らせ

ホーム創建では2階建てなのに5層使える、3つのポケットがある楽しい家「
三蔵奉仕」を北海道で初めて発売します。
そしてこのたび、稲田に建築中だったモデルルームが完成し、今週末から公開
することになりました。

公開日時:9月9日(土)・10日(日) 午前10時〜午後5時まで
公開場所:帯広市稲田町東1線

外観や間取り、地図等は以下のページでご覧下さい。
http://www.homesouken.co.jp/kengaku/3zou/3zou.html

三蔵奉仕は家族みんなが楽しく暮らせる、工夫と幸せがいっぱいの住宅です。

驚きの大容量収納、空を見上げる楽しい天の夢ポケット、120インチのホー
ムシアターなど、見応えたっぷりの住宅。

まるで家族の楽しい笑い声が聞こえてくるような、そんな明るく楽しい住宅に
仕上がりました。

図面を見るよりも、実物を見て触って感じていただければ、その大きな魅力に
必ず気づいていただけるはずです。

この住宅はモデルルームですので、今週末から来年の7月まで毎週末に公開の
予定です。
みなさまのお越しを心よりお待ちしております。


□■ おわりに

ホーム創建のメールマガジン、いかがでしたか?
このメールマガジンは、2004年4月の創刊から始まり、今号で30号とな
りました。
こうして続けてこれたのも、読んでいただける読者のみなさまのおかげです。
本当にありがとうございます。

これからも家造りに役立つ情報を発信していきますので、どうぞよろしくお願
いいたします。

次回もいまお読みのメールアドレスにお送りします。
みなさんからのご意見・ご感想、どうぞお気軽に shiawase@homesouken.co.jp
までお送り下さい。
もちろん住宅に関する一般的な質問なども大歓迎です。

9月に入り、朝晩が急に冷え込むようになりました。
朝晩の温度差で風邪をひかないよう、どうぞ暖かくしてお過ごしください。

 

---------------------------
四葉のハートは幸せ家庭を創ります。
株式会社 ホーム創建
帯広市西5条南31丁目1番地50
TEL 0155-26-1007 FAX:0155-26-1008
http://www.homesouken.co.jp

●購読解除は以下のページでお願いします。
http://www.homesouken.co.jp/melmaga.html

 


   
Vol.01 間取りの話 2004年4月29日発行  Vol.02 家のデザイン 2004年5月25日発行 
Vol.03 高断熱高気密の家は夏も暑い!?
2004年6月18日発行 
Vol.04 住宅金融公庫の金利が大幅に上がりそう!
2004年6月25日発行
 
Vol.05 高断熱高気密の家は夏も暑い!?その2
2004年7月2日発行 
Vol.06 外装材と維持管理
2004年7月29日発行 
Vol.07 住宅の依頼先
2004年8月27日発行 
Vol.08 マイホームとその費用
2004年9月22日発行 
Vol.09 抗酸化工法と住宅新築
2004年10月28日発行 
Vol.10 低価格と高価格の錯覚
2004年11月25日発行 
Vol.11 値引きの罠
2004年12月24日発行 
Vol.12 値引きの罠その2
2005年1月31日発行 
Vol.13 大工さんの雇用形態
2005年2月28日発行 
Vol.14 良い大工さんに建ててもらうためには
2005年3月31日発行 
Vol.15 建築工事と家の位置
2005年5月12日発行 
Vol.16 十勝の基礎と地盤調査
2005年6月13日発行 
Vol.17 基礎工事のチェックポイント
2005年7月11日発行 
Vol.18 木工事のチェックポイント土台編
2005年8月21日発行 
Vol.19 木工事のチェックポイント床作り編
2005年9月5日発行 
Vol20 木工事のチェックポイント小屋組編
2005年9月27日発行 
Vol.21 私が住宅建築業界へ入るきっかけ
2005年10月6日発行 
Vol.22 断熱材とその施工
2005年11月22日発行 
Vol.23 断熱材とその施工2
2005年12月15日発行 
Vol.24 気密測定
2005年12月31日発行 
Vol.25 電気配線
2006年2月7日発行 
Vol.26 造作工事
2006年4月11日発行 
Vol.27 屋根の勾配を考える
2006年6月12日発行 
Vol.28 屋根材の種類と耐久性
2006年6月23日発行 
Vol.29 契約
2006年7月28日発行 
Vol.30 モルタル外壁と通気層
2006年9月8日発行 
Vol.31 造作工事と大工の仕事
2006年10月13日発行 
Vol.32 家具と造作
2006年11月17日発行 
Vol.33 住宅の仕上げ
2006年12月8日発行 
Vol.34 耐震と抑震
2007年3月9日発行 

Vol.35 建築業者の選び方1
2007年7月6日発行 

Vol.36 建築業者の選び方2
2007年9月13日発行 

Vol.1 シックハウス対策
2008年4月1日発行(2008年4月から新形態になりました)

Vol.2 エコ製品と灯油消費量
2008年5月1日発行

Vol.3 エコキュート
2008年6月1日発行

Vol.4 2008年北海道エコ動向
2008年7月1日発行

Vol.5 断熱仕様と暖房、給湯設備
2008年8月1日発行

Vol.6 太陽光発電
2008年9月1日発行

Vol.7 高気密住宅での火災
2008年10月1日発行

Vol.8 家づくりの資金計画
2008年11月1日発行

Vol.9 2009年の住宅動向
2008年12月1日発行

Vol.10 防火性能偽装問題
2009年2月1日発行

Vol.11 創業12年を振り返って
2009年3月1日発行

Vol.12 抗酸化工法
2009年4月1日発行

Vol.13 長期優良住宅
2009年5月1日発行

Vol.14長期優良住宅2
2009年6月1日発行

Vol.15 失敗しない家づくりのためのスケジュール
2009年7月1日発行

Vol.16 住宅業者の選び方
2009年8月1日発行

Vol.17 十勝の冬の工事
2009年9月1日発行

Vol.18 十勝の冬の基礎工事
2009年10月1日発行

Vol.19 住宅建築計画の思わぬ障害
2009年11月1日発行

Vol.20 お引き渡しのあとで..
2009年12月1日発行

Vol.21 明けましておめでとうございます
2010年1月1日発行

Vol.22 住宅版エコポイント
2010年2月1日発行

Vol.23 賢いリフォーム業者選択術1
2010年3月2日発行

Vol.24 賢いリフォーム業者選択術2
2010年4月1日発行

Vol.25 賢いリフォーム業者選択術3
2010年5月6日発行

Vol.26 リフォームと確認申請
2010年6月2日発行

Vol.27 リフォーム補助金
2010年7月1日発行

Vol.28 リフォームと現場での注意事項
2010年8月2日発行

Vol.29 リフォームおとく情報
2010年9月1日発行

Vol.30 太陽光発電とエコ
2010年10月1日発行

Vol.31 リフォームとエコポイント
2010年11月1日発行

Vol.32 家づくりのスタート
2010年12月1日発行

Vol.33 マイホーム資金計画
2011年1月6日発行

Vol.34 マイホーム資金計画2
2011年2月2日発行

Vol.35 2011年お得情報
2011年3月2日発行

Vol.36 東日本大震災
2011年4月2日発行

Vol.37 新築と土地
2011年5月6日発行

Vol.38 諸手続きと書類について
2011年6月2日発行

Vol.39省エネの工夫
2011年7月1日発行

Vol.40アパート家賃と住宅ローン
2011年8月1日発行

Vol.41 Q1.0住宅からQ1.0X住宅へ〜第1話〜
2011年9月1日発行

Vol.42 Q1.0住宅からQ1.0X住宅へ〜第2話〜
2011年10月1日発行

Vol.43 Q1.0住宅からQ1.0X住宅へ〜第3話〜
2011年11月1日発行

Vol.44 Q1.0X住宅の設備機器について
2011年12月1日発行

Vol.45 実際に弊社で建築した「Q1.0X」住宅の仕様
2012年1月10日発行

Vol.46 今年度の国からの補助金事業
2012年2月1日発行

Vol.47 寒冷地の断熱基準について
2012年3月1日発行

Vol.48 スマートハウスについて
2012年4月1日発行

Vol.49 住宅性能とランニングコスト
2012年6月1日発行

Vol.50 実際の光熱費支出を調査
2012年7月1日発行

Vol.51 消費税アップとマイホーム
2012年8月1日発行

Vol.52 今後の省エネ政策と予想
2012年9月1日発行

Vol.53 中古住宅とリフォーム
2012年10月1日発行

Vol.54 シックハウスとその対策
2012年11月1日発行

Vol.55 エコハウス宣言
2012年12月1日発行

Vol.56 住宅新聞の紙面から、お役立ち情報
2013年1月1日発行

Vol.57 太陽光発電に関する最近の状況
2013年2月1日発行

Vol.58 難しい住宅ローン金利の特徴
2013年3月1日発行

Vol.59 増税に向けたお金の話
2013年4月1日発行

Vol.60 国、帯広市の補助金について
2013年5月1日発行

Vol.61 エアコンの効率的な活用法と工夫
2013年6月1日発行

Vol.62 住宅の配置と外構計画
2013年7月1日発行

Vol.63 玄関まわりの間取り計画
2013年8月1日発行

Vol.64 リビングの間取り計画
2013年9月1日発行

Vol.65 ダイニングの間取り計画
2013年10月1日発行

Vol.66 キッチンまわりの間取り計画
2013年11月1日発行

Vol.67 2014年の税制について
2013年12月1日発行

Vol.68 洗面・脱衣・浴室の計画
2014年1月1日発行

Vol.69 トイレの寸法と計画
2014年2月1日発行

Vol.70 和室について
2014年3月1日発行

Vol.71 寝室について
2014年4月1日発行

Vol.72 平成26年度 建築関連の補助金制度 その1
2014年5月1日発行

Vol.73 平成26年度 建築関連の補助金制度 その2
2014年6月1日発行

Vol.74 平成26年度 建築関連の補助金制度 その3
2014年7月1日発行

Vol.75 子供部屋について
2014年8月1日発行

Vol.76 失敗しない家づくりの流れ その1
2014年9月1日発行

このページでは、最新号の1つ前の号までバックナンバーを公開しています。
最新号が読める無料読者登録はこちらからどうぞ。