このページでは、メルマガ「知らないと損をする?家づくりのポイント」のバックナンバーを公開しています。
最新のコラムが読みたい!という場合はメルマガの読者登録をこちらからどうぞ。



■ ホーム創建メールマガジン http://www.homesouken.co.jp/ ■□■
□■ 知らないと損をする?家づくりのポイント Vol.15 2005.05.12 ■□
■□■ ■

みなさん、こんばんは。
今回初めての配信となるみなさん、初めまして。
ホーム創建メルマガ担当の仲屋慶祐です。

春!…と思いきや、寒い日が続きます。
いったい春はどこに行ってしまったのでしょう?
そんな十勝の今日この頃ですが、みなさんいかがお過ごしですか。

さて今回のコラムは、住宅の建築開始にあたり建て主さんが注意すべきチェッ
クポイント…についてです。


□■ 阿部社長の住宅コラム Vol.15

当社の建物は地震に強いです。
当社の建物は健康住宅仕様です。
というように住宅会社の営業マンは言います。

そりゃそうですよ。

私だって「当社の建物は、実は・・・地震が来ると・・・すぐに逃げて下さい
ね」等とは言いません。

ですから、営業マンに聴くのもいいのですが、短所は絶対に言わないというこ
とを覚えていなければなりません。

しかし、「建築に関して私達は素人だし、欠点がどこにあるのかはわからない
よ」という声も聞こえてきそうです。
そこで、今回から住宅建築工事現場の簡単なチェックポイントをお知らせして
いきます。


□■ 家の基準の高さ

建築工事にかかる前に、最初に遣り方といって、家を建てる場所を測量して正
確な建築位置を特定し、建物の基礎の高さを決定していきます。

専門用語ではGL(グランドライン)の設定といい、建築位置の地盤の高さを決
めます。

「地盤の高さは、現状の高さではないの?」という声が聞こえてきそうですね

実は地盤の高さは同じ敷地の中でも傾斜があったり、くぼみがあったりします
し、特にお隣との境目は高さで段違いが出来てもめることがあるので、敷地と
道路の関係、お隣の敷地との高低差、自分の敷地内の高低差を考えて決めます

十勝では一般的に、あまり高低差のない土地の場合、前面歩道の高さに10セ
ンチから20センチ高くして地盤の高さを決めているようです。

この場合お客様が一番注意しなければならないことは、道路(歩道)と玄関ポ
ーチの高さの差です。

実際の地面よりも遣り方で設定した地盤が20センチ高いとした場合、図面上
では40センチの高さの差しかないはずなのに、現場では60センチの差が出
てしまうのです。

ポーチと道路の高さが60センチあると、ポーチの階段が平面図上で1段のと
きは、上がり切り2段になりますから1段の蹴上げ高さは30センチというこ
とになり、上がることが出来ない高い階段になってしまいます。

そこで、階段1段目の地盤の高さを20センチ高く土を盛っておくと、40セ
ンチで2段ですから20センチの蹴上げになり、何とか上がることのできる階
段になります。

本当は屋外ポーチの階段は、15センチ以下にしたいところではありますが。

ところで、この建物が道路からポーチまでの距離が2メートルしかないとした
場合、2メートルで20センチの傾斜が出来ていることになります。

これは10%の勾配の坂ということになり、非常にきつい勾配の坂です。

車椅子を1人で上ることは出来ない坂です。

そこで、遣り方には立会い、高さと位置の確認はしておきましょう。

又、現地で見ただけでは理解できませんから、担当者にわかりやすく図解で説
明をしてもらうといいでしょう。

場合によっては、ポーチの位置と高さを教えてもらい、その位置から道路まで
木の板を斜めに当てて敷地内の勾配を確認すると良くわかります。

地盤の高低差や勾配は、周りに比較するものが何もないと人間の目ではまった
く当てになりませんので要注意です。

□■ 工事とご近所

又、工事着工前には必ず近隣のお宅に工事着工の挨拶が必要になります。

当社で建築されたお客様のところに訪問したとき、たまたま裏で別の業者が建
築工事をしていました。
お客様が言うには、
「裏で建築している業者は、工事の着工挨拶にも来ない。
風で土やノコくずは飛んでくるし、音はうるさいし、迷惑駐車で道路はふさぐ
しとんでもない建築屋だ。
こんな業者に建築を依頼するような人間だからどんな人が引っ越してくるのか
不安だ。」と言われてしまいます。

建築業者は工事着工前に挨拶するのは当たり前だと思わないこと。
建築業者には必ず挨拶回りをするように念を押してお願いしておきましょう。

もちろんお客様自身もご挨拶に回られると尚良いですね。

□■ 今回のポイント

1.建築位置をチェック。
工事着工前は、建築位置の高さと玄関までの地盤の勾配を理解できるまで確認
をする。

又、お隣との地盤の高低差で、のちのち雨水の流れなどによるトラブルが起き
ないように、工事担当者と十分に話し合い慎重にGLを決定する。

2.工事着工前には近隣へご挨拶を必ず行う。

以上の点が今回のポイントでした。


□■ おわりに

ホーム創建のメールマガジン、いかがでしたか?

今回、4月下旬予定だったメールマガジンの発行が遅くなってしまいました。
申し訳ありませんでした。

次回は今月中にもう1回、5月下旬頃、いまお読みのメールアドレスにお送り
します。
みなさんからのご意見・ご感想、どうぞお気軽にお送り下さい。
もちろん住宅に関する一般的な質問なども大歓迎です。

寒いと思ったら急に暖かくなったり、油断して風邪などひかないようにご注意
ください。

---------------------------
四葉のハートは幸せ家庭を創ります。
株式会社 ホーム創建
帯広市西5条南31丁目1番地50
TEL 0155-26-1007 FAX:0155-26-1008
http://www.homesouken.co.jp

●購読解除は以下のページでお願いします。
http://www.homesouken.co.jp/melmaga.htm

 


   
Vol.01 間取りの話 2004年4月29日発行  Vol.02 家のデザイン 2004年5月25日発行 
Vol.03 高断熱高気密の家は夏も暑い!?
2004年6月18日発行 
Vol.04 住宅金融公庫の金利が大幅に上がりそう!
2004年6月25日発行
 
Vol.05 高断熱高気密の家は夏も暑い!?その2
2004年7月2日発行 
Vol.06 外装材と維持管理
2004年7月29日発行 
Vol.07 住宅の依頼先
2004年8月27日発行 
Vol.08 マイホームとその費用
2004年9月22日発行 
Vol.09 抗酸化工法と住宅新築
2004年10月28日発行 
Vol.10 低価格と高価格の錯覚
2004年11月25日発行 
Vol.11 値引きの罠
2004年12月24日発行 
Vol.12 値引きの罠その2
2005年1月31日発行 
Vol.13 大工さんの雇用形態
2005年2月28日発行 
Vol.14 良い大工さんに建ててもらうためには
2005年3月31日発行 
Vol.15 建築工事と家の位置
2005年5月12日発行 
Vol.16 十勝の基礎と地盤調査
2005年6月13日発行 
Vol.17 基礎工事のチェックポイント
2005年7月11日発行 
Vol.18 木工事のチェックポイント土台編
2005年8月21日発行 
Vol.19 木工事のチェックポイント床作り編
2005年9月5日発行 
Vol20 木工事のチェックポイント小屋組編
2005年9月27日発行 
Vol.21 私が住宅建築業界へ入るきっかけ
2005年10月6日発行 
Vol.22 断熱材とその施工
2005年11月22日発行 
Vol.23 断熱材とその施工2
2005年12月15日発行 
Vol.24 気密測定
2005年12月31日発行 
Vol.25 電気配線
2006年2月7日発行 
Vol.26 造作工事
2006年4月11日発行 
Vol.27 屋根の勾配を考える
2006年6月12日発行 
Vol.28 屋根材の種類と耐久性
2006年6月23日発行 
Vol.29 契約
2006年7月28日発行 
Vol.30 モルタル外壁と通気層
2006年9月8日発行 
Vol.31 造作工事と大工の仕事
2006年10月13日発行 
Vol.32 家具と造作
2006年11月17日発行 
Vol.33 住宅の仕上げ
2006年12月8日発行 
Vol.34 耐震と抑震
2007年3月9日発行 

Vol.35 建築業者の選び方1
2007年7月6日発行 

Vol.36 建築業者の選び方2
2007年9月13日発行 

Vol.1 シックハウス対策
2008年4月1日発行(2008年4月から新形態になりました)

Vol.2 エコ製品と灯油消費量
2008年5月1日発行

Vol.3 エコキュート
2008年6月1日発行

Vol.4 2008年北海道エコ動向
2008年7月1日発行

Vol.5 断熱仕様と暖房、給湯設備
2008年8月1日発行

Vol.6 太陽光発電
2008年9月1日発行

Vol.7 高気密住宅での火災
2008年10月1日発行

Vol.8 家づくりの資金計画
2008年11月1日発行

Vol.9 2009年の住宅動向
2008年12月1日発行

Vol.10 防火性能偽装問題
2009年2月1日発行

Vol.11 創業12年を振り返って
2009年3月1日発行

Vol.12 抗酸化工法
2009年4月1日発行

Vol.13 長期優良住宅
2009年5月1日発行

Vol.14長期優良住宅2
2009年6月1日発行

Vol.15 失敗しない家づくりのためのスケジュール
2009年7月1日発行

Vol.16 住宅業者の選び方
2009年8月1日発行

Vol.17 十勝の冬の工事
2009年9月1日発行

Vol.18 十勝の冬の基礎工事
2009年10月1日発行

Vol.19 住宅建築計画の思わぬ障害
2009年11月1日発行

Vol.20 お引き渡しのあとで..
2009年12月1日発行

Vol.21 明けましておめでとうございます
2010年1月1日発行

Vol.22 住宅版エコポイント
2010年2月1日発行

Vol.23 賢いリフォーム業者選択術1
2010年3月2日発行

Vol.24 賢いリフォーム業者選択術2
2010年4月1日発行

Vol.25 賢いリフォーム業者選択術3
2010年5月6日発行

Vol.26 リフォームと確認申請
2010年6月2日発行

Vol.27 リフォーム補助金
2010年7月1日発行

Vol.28 リフォームと現場での注意事項
2010年8月2日発行

Vol.29 リフォームおとく情報
2010年9月1日発行

Vol.30 太陽光発電とエコ
2010年10月1日発行

Vol.31 リフォームとエコポイント
2010年11月1日発行

Vol.32 家づくりのスタート
2010年12月1日発行

Vol.33 マイホーム資金計画
2011年1月6日発行

Vol.34 マイホーム資金計画2
2011年2月2日発行

Vol.35 2011年お得情報
2011年3月2日発行

Vol.36 東日本大震災
2011年4月2日発行

Vol.37 新築と土地
2011年5月6日発行

Vol.38 諸手続きと書類について
2011年6月2日発行

Vol.39省エネの工夫
2011年7月1日発行

Vol.40アパート家賃と住宅ローン
2011年8月1日発行

Vol.41 Q1.0住宅からQ1.0X住宅へ〜第1話〜
2011年9月1日発行

Vol.42 Q1.0住宅からQ1.0X住宅へ〜第2話〜
2011年10月1日発行

Vol.43 Q1.0住宅からQ1.0X住宅へ〜第3話〜
2011年11月1日発行

Vol.44 Q1.0X住宅の設備機器について
2011年12月1日発行

Vol.45 実際に弊社で建築した「Q1.0X」住宅の仕様
2012年1月10日発行

Vol.46 今年度の国からの補助金事業
2012年2月1日発行

Vol.47 寒冷地の断熱基準について
2012年3月1日発行

Vol.48 スマートハウスについて
2012年4月1日発行

Vol.49 住宅性能とランニングコスト
2012年6月1日発行

Vol.50 実際の光熱費支出を調査
2012年7月1日発行

Vol.51 消費税アップとマイホーム
2012年8月1日発行

Vol.52 今後の省エネ政策と予想
2012年9月1日発行

Vol.53 中古住宅とリフォーム
2012年10月1日発行

Vol.54 シックハウスとその対策
2012年11月1日発行

Vol.55 エコハウス宣言
2012年12月1日発行

Vol.56 住宅新聞の紙面から、お役立ち情報
2013年1月1日発行

Vol.57 太陽光発電に関する最近の状況
2013年2月1日発行

Vol.58 難しい住宅ローン金利の特徴
2013年3月1日発行

Vol.59 増税に向けたお金の話
2013年4月1日発行

Vol.60 国、帯広市の補助金について
2013年5月1日発行

Vol.61 エアコンの効率的な活用法と工夫
2013年6月1日発行

Vol.62 住宅の配置と外構計画
2013年7月1日発行

Vol.63 玄関まわりの間取り計画
2013年8月1日発行

Vol.64 リビングの間取り計画
2013年9月1日発行

Vol.65 ダイニングの間取り計画
2013年10月1日発行

Vol.66 キッチンまわりの間取り計画
2013年11月1日発行

Vol.67 2014年の税制について
2013年12月1日発行

Vol.68 洗面・脱衣・浴室の計画
2014年1月1日発行

Vol.69 トイレの寸法と計画
2014年2月1日発行

Vol.70 和室について
2014年3月1日発行

Vol.71 寝室について
2014年4月1日発行

Vol.72 平成26年度 建築関連の補助金制度 その1
2014年5月1日発行

Vol.73 平成26年度 建築関連の補助金制度 その2
2014年6月1日発行

Vol.74 平成26年度 建築関連の補助金制度 その3
2014年7月1日発行

Vol.75 子供部屋について
2014年8月1日発行

Vol.76 失敗しない家づくりの流れ その1
2014年9月1日発行

このページでは、最新号の1つ前の号までバックナンバーを公開しています。
最新号が読める無料読者登録はこちらからどうぞ。