このページでは、メルマガ「知らないと損をする?家づくりのポイント」のバックナンバーを公開しています。
最新のコラムが読みたい!という場合はメルマガの読者登録をこちらからどうぞ。



■ ホーム創建メールマガジン http://www.homesouken.co.jp/ ■□■
□■ 知らないと損をする?家づくりのポイント Vol.01 2004.04.29 ■□
■□■ ■

みなさん、初めまして。
ホーム創建、メルマガ担当の本間智代里(ほんまちより)です。

ホーム創建のメールマガジン「知らないと損をする?家づくりのポイント」に
購読お申し込みをいただき、ありがとうございました。
新聞等でご紹介いただいたこともあり、とても多くの方からお申し込みをいた
だき、社員一同張り切っています。

このメールマガジンでは、十勝で初めての住宅系メルマガとしてみなさんの家
づくりのお役に立つ情報をお送りしていきます。
どうぞ末永くご愛読いただきますよう、よろしくお願い致します。

創刊号のコラムは阿部社長の「間取りの話」です。
なんとなく見てしまう間取りですが、どんなことに気を付ければ使いやすく無
駄のない間取りになるのでしょうか。



□■ 阿部社長の住宅コラム Vol.1

いよいよメールマガジンに挑戦です。
以前から、十勝の地域に適した住宅の話しをホームページで掲載しようと考え
ていましたが、思い切ってメルマガ発行を決意しました。
どうせ書くなら、たくさんの人に読んでもらいたいし、住宅に関することをた
くさん知ってもらいたいので、私も一緒に勉強するつもりでいろんなものを調
べながら書いていきます。

多分、月に二回ぐらいのペースで、最初は一年を目標にがんばっていきます。
テーマが枯れないように、このメルマガをお読みの皆様も、質問やご意見をど
しどし下さい。

ところで住宅に関する話といっても、気候や風土はもちろんのこと、その地域
の歴史や文化、住まい手の家族数や生活スタイルなど、一軒として同じ条件の
住宅はないので、造る住宅も考え方も違ってきます。
そこで、

1) 帯広及び帯広近郊の地域を対象にした話であること
2) 専門用語を出来るだけ使わないで、奥様でもわかるように書いていくこ

したがって、
3) 説明が舌足らずになる可能性があること
4) 地域特有の言葉や建築用語が出ること
となりますのでよろしくお願いします。



□■ 間取りを考える


あるアンケート調査で「家を建てたあとに一番気になることは?」という質問
に対する回答で、「間取りの失敗」ということが上位に上げられておりました。

間取りは、毎日使う部屋の配置ですから、便利で使いやすい、動きやすいとい
ったことが一番気になるところですよね。
特に水周りは奥様にとって毎日使うところですから、それぞれの個性が出てく
る場所でもあります。

お客様とある程度商談が進んでくると、私たちは平面プランを提案していきま
すが、普段建築に携わることのないお客様にとっては、図面を見てもなかなか
広さや高さ、動きやすさや使いやすさはわかりません。


■基準を持つ

そこで、一つの基準を持つことをお勧めします。
それは、いまお住まいの間取りを基準にして考えてみる…ということです。

たとえば、玄関から居間へ入る空間は現在の住宅に比べてどのくらい大きくし
たほうがよいのか、玄関に並べる靴の量は何足ぐらいになるのか、普段の来客
数はどのぐらいあって、スリッパは何足必要になるのかという具合に。

子どもさんが小さいときは、冬の防寒コートは玄関に収納できたら便利だと思
う場合もあるでしょうし、お年寄りが居るときは腰掛をおきたいと感じること
もあるでしょう。
お花を飾ることの好きな方は、飾り棚が欲しいと感じるでしょうし、絵の好き
な方は絵を飾りたいと思うでしょう。

このように、同じ玄関でも人それぞれが違う趣味や家族構成、来客数がぜんぜ
ん違いますから、必要とされる機能や広さは違ってきます。

そのとき基準になるものがないと、漠然と「これぐらいの広さが欲しい」とか
「収納が欲しい」というようになっていきます。それはそれでよいのですが、
広くすると建築費がかさみますし、収納もたくさん取ると建築費が増えます。

将来を見越して何でも大きくしておくことが解決になると感じるかもしれませ
んが、予算に余裕のある場合はともかく、多額の借り入れをして家を建てる場
合は、できる限り無理はしたくないですよね。

また、台所を考えてみても基準があると考えやすくなります。特にキッチンな
どは奥様の個性が出てきますから。

例えば、ガスコンロの位置が右のほうが使いやすいのか左のほうが使いやすい
のか、汚れが気になりいつもきれいにしていないと気がすまない人もいますし
、料理が得意でいろんな調味料を使用される奥様もおりますし、お皿やお茶碗
などの食器を楽しむ奥様やご主人様もおられます。

又、冷蔵庫なども今お使いのものを使う場合には、ドアの開く方向が逆になら
ないように考えなければなりません。

最近ではごみの分別が進み、分別用のダストボックスも場所をとりますから、
どこにおくのが一番よいのか検討しなければなりません。
せっかく素晴らしいキッチンを設置しても、使ってみるとダストボックスを置
く場所がないために、ゴミ袋を何枚もキッチンの周りに置いておくような状況
になりかねませんからね。

このように各部屋には各部屋に必要とされる機能がありますし、求められるこ
とが住まわれるご家族でぜんぜん違ってきます。

そこで、現在の住まいがアパートであっても、借家であっても、そこを基準に
して、箇条書きで使いやすい部分と使いにくい部分に分けてメモに書いておく
ことをおすすめします。

そのメモを見せていただくと、たいていの設計者は、どういう間取りが使いや
すく便利なのかがわかり、より良い提案ができるはずです。


□■ 住宅構造見学会のお知らせ

ホーム創建では今度の週末、住宅構造見学会を開催します。
住宅構造見学会とは、建てる途中の住宅を公開し、家が完成した後では見るこ
との出来ない柱や構造をお見せするものです。他社ではなかなか見られない家
の骨組みの様子をぜひご覧下さい。

公開日時:5月1日・2日・3日 午前10時〜午後4時まで
公開場所:芽室町東芽室南2線31−6(22街区15号)
芽室高校の東側になります。

チェックポイント!
特殊な高強度金物で、構造材としてのホワイトウッドの集成材を接合していま
す。
梁の太さや胴差の太さ、剛床構造と基礎断熱工法など、普段見ることができな
い耐震性能の重要な部分を公開し説明させていただきます。

公開場所の地図は以下のページをご覧下さい。
http://www.homesouken.co.jp/kengaku/00014/20040501.html

みなさまのお越しを心よりお待ちしております。


□■ おわりに

ホーム創建のメールマガジン、いかがでしたか?
次回は5月下旬頃、いまお読みのメールアドレスにお送りします。
みなさんからのご意見・ご感想はどうかお気軽にお送り下さい。
質問なども大歓迎!「こんな話が読みたい!」「こんな事を
聞いてみたい」などのメールもお待ちしております。

それではみなさん、どうか楽しいゴールデンウィークをお過ごし下さい。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

---------------------------
四葉のハートは幸せ家庭を創ります。
株式会社 ホーム創建 TEL 0155-26-1007 FAX:0155-26-1008
http://www.homesouken.co.jp

●購読解除は以下のページでお願いします。
http://www.homesouken.co.jp/melmaga.htm

 


   
Vol.01 間取りの話 2004年4月29日発行  Vol.02 家のデザイン 2004年5月25日発行 
Vol.03 高断熱高気密の家は夏も暑い!?
2004年6月18日発行 
Vol.04 住宅金融公庫の金利が大幅に上がりそう!
2004年6月25日発行
 
Vol.05 高断熱高気密の家は夏も暑い!?その2
2004年7月2日発行 
Vol.06 外装材と維持管理
2004年7月29日発行 
Vol.07 住宅の依頼先
2004年8月27日発行 
Vol.08 マイホームとその費用
2004年9月22日発行 
Vol.09 抗酸化工法と住宅新築
2004年10月28日発行 
Vol.10 低価格と高価格の錯覚
2004年11月25日発行 
Vol.11 値引きの罠
2004年12月24日発行 
Vol.12 値引きの罠その2
2005年1月31日発行 
Vol.13 大工さんの雇用形態
2005年2月28日発行 
Vol.14 良い大工さんに建ててもらうためには
2005年3月31日発行 
Vol.15 建築工事と家の位置
2005年5月12日発行 
Vol.16 十勝の基礎と地盤調査
2005年6月13日発行 
Vol.17 基礎工事のチェックポイント
2005年7月11日発行 
Vol.18 木工事のチェックポイント土台編
2005年8月21日発行 
Vol.19 木工事のチェックポイント床作り編
2005年9月5日発行 
Vol20 木工事のチェックポイント小屋組編
2005年9月27日発行 
Vol.21 私が住宅建築業界へ入るきっかけ
2005年10月6日発行 
Vol.22 断熱材とその施工
2005年11月22日発行 
Vol.23 断熱材とその施工2
2005年12月15日発行 
Vol.24 気密測定
2005年12月31日発行 
Vol.25 電気配線
2006年2月7日発行 
Vol.26 造作工事
2006年4月11日発行 
Vol.27 屋根の勾配を考える
2006年6月12日発行 
Vol.28 屋根材の種類と耐久性
2006年6月23日発行 
Vol.29 契約
2006年7月28日発行 
Vol.30 モルタル外壁と通気層
2006年9月8日発行 
Vol.31 造作工事と大工の仕事
2006年10月13日発行 
Vol.32 家具と造作
2006年11月17日発行 
Vol.33 住宅の仕上げ
2006年12月8日発行 
Vol.34 耐震と抑震
2007年3月9日発行 

Vol.35 建築業者の選び方1
2007年7月6日発行 

Vol.36 建築業者の選び方2
2007年9月13日発行 

Vol.1 シックハウス対策
2008年4月1日発行(2008年4月から新形態になりました)

Vol.2 エコ製品と灯油消費量
2008年5月1日発行

Vol.3 エコキュート
2008年6月1日発行

Vol.4 2008年北海道エコ動向
2008年7月1日発行

Vol.5 断熱仕様と暖房、給湯設備
2008年8月1日発行

Vol.6 太陽光発電
2008年9月1日発行

Vol.7 高気密住宅での火災
2008年10月1日発行

Vol.8 家づくりの資金計画
2008年11月1日発行

Vol.9 2009年の住宅動向
2008年12月1日発行

Vol.10 防火性能偽装問題
2009年2月1日発行

Vol.11 創業12年を振り返って
2009年3月1日発行

Vol.12 抗酸化工法
2009年4月1日発行

Vol.13 長期優良住宅
2009年5月1日発行

Vol.14長期優良住宅2
2009年6月1日発行

Vol.15 失敗しない家づくりのためのスケジュール
2009年7月1日発行

Vol.16 住宅業者の選び方
2009年8月1日発行

Vol.17 十勝の冬の工事
2009年9月1日発行

Vol.18 十勝の冬の基礎工事
2009年10月1日発行

Vol.19 住宅建築計画の思わぬ障害
2009年11月1日発行

Vol.20 お引き渡しのあとで..
2009年12月1日発行

Vol.21 明けましておめでとうございます
2010年1月1日発行

Vol.22 住宅版エコポイント
2010年2月1日発行

Vol.23 賢いリフォーム業者選択術1
2010年3月2日発行

Vol.24 賢いリフォーム業者選択術2
2010年4月1日発行

Vol.25 賢いリフォーム業者選択術3
2010年5月6日発行

Vol.26 リフォームと確認申請
2010年6月2日発行

Vol.27 リフォーム補助金
2010年7月1日発行

Vol.28 リフォームと現場での注意事項
2010年8月2日発行

Vol.29 リフォームおとく情報
2010年9月1日発行

Vol.30 太陽光発電とエコ
2010年10月1日発行

Vol.31 リフォームとエコポイント
2010年11月1日発行

Vol.32 家づくりのスタート
2010年12月1日発行

Vol.33 マイホーム資金計画
2011年1月6日発行

Vol.34 マイホーム資金計画2
2011年2月2日発行

Vol.35 2011年お得情報
2011年3月2日発行

Vol.36 東日本大震災
2011年4月2日発行

Vol.37 新築と土地
2011年5月6日発行

Vol.38 諸手続きと書類について
2011年6月2日発行

Vol.39省エネの工夫
2011年7月1日発行

Vol.40アパート家賃と住宅ローン
2011年8月1日発行

Vol.41 Q1.0住宅からQ1.0X住宅へ〜第1話〜
2011年9月1日発行

Vol.42 Q1.0住宅からQ1.0X住宅へ〜第2話〜
2011年10月1日発行

Vol.43 Q1.0住宅からQ1.0X住宅へ〜第3話〜
2011年11月1日発行

Vol.44 Q1.0X住宅の設備機器について
2011年12月1日発行

Vol.45 実際に弊社で建築した「Q1.0X」住宅の仕様
2012年1月10日発行

Vol.46 今年度の国からの補助金事業
2012年2月1日発行

Vol.47 寒冷地の断熱基準について
2012年3月1日発行

Vol.48 スマートハウスについて
2012年4月1日発行

Vol.49 住宅性能とランニングコスト
2012年6月1日発行

Vol.50 実際の光熱費支出を調査
2012年7月1日発行

Vol.51 消費税アップとマイホーム
2012年8月1日発行

Vol.52 今後の省エネ政策と予想
2012年9月1日発行

Vol.53 中古住宅とリフォーム
2012年10月1日発行

Vol.54 シックハウスとその対策
2012年11月1日発行

Vol.55 エコハウス宣言
2012年12月1日発行

Vol.56 住宅新聞の紙面から、お役立ち情報
2013年1月1日発行

Vol.57 太陽光発電に関する最近の状況
2013年2月1日発行

Vol.58 難しい住宅ローン金利の特徴
2013年3月1日発行

Vol.59 増税に向けたお金の話
2013年4月1日発行

Vol.60 国、帯広市の補助金について
2013年5月1日発行

Vol.61 エアコンの効率的な活用法と工夫
2013年6月1日発行

Vol.62 住宅の配置と外構計画
2013年7月1日発行

Vol.63 玄関まわりの間取り計画
2013年8月1日発行

Vol.64 リビングの間取り計画
2013年9月1日発行

Vol.65 ダイニングの間取り計画
2013年10月1日発行

Vol.66 キッチンまわりの間取り計画
2013年11月1日発行

Vol.67 2014年の税制について
2013年12月1日発行

Vol.68 洗面・脱衣・浴室の計画
2014年1月1日発行

Vol.69 トイレの寸法と計画
2014年2月1日発行

Vol.70 和室について
2014年3月1日発行

Vol.71 寝室について
2014年4月1日発行

Vol.72 平成26年度 建築関連の補助金制度 その1
2014年5月1日発行

Vol.73 平成26年度 建築関連の補助金制度 その2
2014年6月1日発行

Vol.74 平成26年度 建築関連の補助金制度 その3
2014年7月1日発行

Vol.75 子供部屋について
2014年8月1日発行

Vol.76 失敗しない家づくりの流れ その1
2014年9月1日発行

このページでは、最新号の1つ前の号までバックナンバーを公開しています。
最新号が読める無料読者登録はこちらからどうぞ。